メディア
ニュース
» 2020年06月24日 08時00分 公開

動画面接にもAIを活用:エントリシートの評価が大変→AI導入で「作業時間75%削減」 ソフトバンクの攻める採用活動 (4/4)

[吉村哲樹,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

 この点について、杉原氏は「今回のAI導入は、エントリーシートと動画面接という新卒採用プロセスの初期段階だけに絞られており、AIだけでなく必ず人間の判断も行っています。動画面接を合格した学生の方々にはSPIを受けていただき、ここをパスした方には人間の面接官による面接を複数回受けていただきます。このようにAIを導入した後も、人間による評価のプロセスはしっかり担保されています」と説明する。

 社外からは「AIによって評価軸が固定されることで、人材の質が画一化されてしまうのでは?」との懸念もあった。これについても、さまざまな立場の面接官による複数回の面接を行うことによって、採用人材の多様性を担保できるという。

 同社は採用そのもののプロセスだけでなく、面接官のトレーニングにもAIを活用する取り組みを20年2月から始めている。新たに面接官に着任する社員の中から希望者を募り、Web面接ツールを通じて学生と「模擬面接」を行ってもらう。その録画データから学生の表情や声のトーンなどをAIが分析し、「学生が集中しているか」「関心をもって聞いているか」といった指標を時系列のグラフにまとめてレポートする。面接官はこの結果を基に、自身の面接の進め方について新たな気付きを得て改善ポイントを見いだせる。

 今後もソフトバンクでは、AIをはじめとする先進技術を採用活動に積極的に導入することで業務効率化を図り、攻めの採用活動をより強化していくとしている。

 「現時点では、始めたばかりの動画面接の仕組みを新卒採用プロセスにしっかり定着させるとともに、AIのチューニングも必要に応じて適宜行っていく予定です。今後は、内定者フォローの際の学生さんと採用担当者のマッチングにAIを活用するなど、選考プロセスだけに限らず採用業務全体の中でAIなどの先進テクノロジーを積極的に活用していきたいと考えています」(杉原氏)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間