3分Biz.
ニュース
» 2020年07月15日 18時45分 公開

Cygamesが小学生向けプログラミングワークショップをオンライン開催 千葉県松戸市、Tech Kids Schoolと共同で実施

Cygamesは千葉県松戸市、Tech Kids School(東京・渋谷)と共同で、松戸市内に住む小学4年生から6年生を対象に、プログラミングワークショップ「Cygames presents Tech Kids ”ONLINE” CAMP in MATSUDO」をオンラインで開催する。

[ITmedia]

 Cygamesは千葉県松戸市、Tech Kids School(東京・渋谷)と共同で、松戸市内に住む小学4年生から6年生を対象に、プログラミングワークショップ「Cygames presents Tech Kids ”ONLINE” CAMP in MATSUDO」をオンラインで開催する。小学生にプログラミングの楽しさを知ってもらうための取り組みで、期間は7月23日〜26日の4日間。Cygamesの実際のゲームで使われたイラスト素材を使って、簡単なオリジナルゲーム作りを体験できる。

 2020年度からの小学校プログラミング教育必修化に先駆けた取り組みで、各回20人限定(抽選)だ。今回は、新型コロナウイルス感染拡大の防止に配慮し、3つの密を避けるとともに、学びを止めない新しい授業のスタイルとして、初のオンライン形態で実施する。

phot 2019年開催時の様子

 内容は1日目に「プログラミングを学ぼう 基礎編」として「繰り返し」や「条件分岐」などの基礎を学び、2〜3日目は「プログラミングを学ぼう 応用編」として「乱数」や「変数」などを学ぶ。4日目には学んだ知識を生かして自分だけのゲームを開発するという。

phot

プログラミング教室開催の背景

 Cygamesは「最高のコンテンツをつくる会社」をビジョンに掲げていて、プログラミングをコンテンツ開発の根幹をなす重要な技術と位置付けている。20年度から小学校での必修化が示されているように、社会での重要度も増している。

 経済産業省によれば30年にはIT技術者が80万人余り不足するという試算もあり、プログラミングを含めたIT技術人材の育成は急務となっている。そこで同社は18年から小学生を対象としたさまざまな取り組みを実施。子どもだけでなく、親にまで理解を深める活動を実施している。

phot

 同社は同様の取り組みを18年5月から松戸市、CA Tech Kids(東京・渋谷)と協力しながら無償で開催。20人参加の2日間のクラスを年間で6回開催している。参加数は累計で120人に及ぶ。実際のゲームで使われた画像・音声データを素材として提供することで、参加者の満足度も高い人気の教室となっている。19年には、佐賀県伊万里市にて”Cygames presents”Tech Kids CAMP in IMARI も開催した

 Cygamesの担当者である星野健一氏は「大事なのは、プログラミングの方法を学ぶのではなく、プログラミングで何をできるのかを知ること。将来のゲームクリエイターやIT技術者を育てるというよりも、プログラミングがどのように使われて、世の中のコンピュータがどのように動いているかをイメージできる人を増やすことが、小学生へのプログラミング教育の意義」とコメントしている。

phot Cygamesの担当者である星野健一氏
phot

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -