インタビュー
» 2020年09月04日 07時34分 公開

日本進出はいつ? 緊急時に命を救う「AI診断」 次世代ユニコーン「コルティ」の挑戦生死を分ける(5/6 ページ)

[小林香織,ITmedia]

コロナによる医療崩壊防止にもAI診断を活用

 デンマークを含む欧州では3月ころから新型コロナが流行し始め、国境閉鎖やロックダウンなど厳しい措置が講じられ、現在もまだ一部の規制が続いている。この世界的なパンデミックに対して、ヘルスケアスタートアップであるコルティも直ちに新規開発に着手。現在までに、以下4つの新サービスを提供している。

(1)トリアージ

 新型コロナの感染の可能性が高い患者と、そうでない患者を音声分析によって振り分け、医療従事者の意思決定をサポートする。

(2)セルフトリアージ

 医療従事者の診断ではなく、チャットボット形式で患者自身が診断する新型コロナ感染診断サービス。遠隔での医療診断を可能とし、コールセンターの負担を減らすことができる。

(3)ヒートマップ

 地域ごとに感染者の割合を時系列で可視化できるヒートマップ。

(4)コールセンターの電話内容を分析

 新型コロナ専用のコールセンターの電話内容を分析し、通話数に対して感染者のリスクが高い件数、特定の症状が出ている人の割合などを可視化できる。

感染者の割合を時系列で可視化できるヒートマップ

 「医療崩壊を防ぐには、限られた医療従事者の身の安全を守りつつ、処置が必要な重症患者を素早く見分けることが重要です。言い換えると、医師が患者と対面しない状態で、かつミスのない診断をすることが求められます。当社のAIは、それを可能にするアプローチです。

 現在、ヘルスケア分野で最高のソリューションを持つと言われているシアトルの救急コールセンター(911)、そしてワシントンの緊急コールセンターでも当社のAI診断が導入されています」(クリーブ氏)

 同社のAI診断を導入したことによる数値のデータはまだ公表できないとのことだったが、「確実に医療現場での変化はあった」とクリーブ氏は語る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -