メディア
インタビュー
» 2021年01月06日 07時00分 公開

毎月のオンライン説明会に1000人殺到──新卒採用の“完全オンライン化”で、ユニリーバが心掛けたこと (1/2)

コロナの感染拡大が懸念され始めた2020年2月、迅速に採用活動を“完全オンライン化”することを決めた、ユニリーバ・ジャパン。短期間で実践できた背景には、どんなノウハウがあったのか。

[柴田克己,ITmedia]

 世の中が新型コロナウイルスによって一変した2020年。採用活動を全面的にオンライン化し、企業の担当者と学生が一度も直接会うことなく、内定に至る企業も増える一方、「オンラインで、本当に志望者を見極められるのか」「直接会わないことで帰属意識が薄くなり、内定辞退率が上がるのではないか」といった不安を抱えながら、採用を進めた担当者も少なくないだろう。

 日本でもクルーズ船の乗員乗客の間で集団感染が発生し、今後の感染拡大が懸念され始めていた20年2月。迅速に採用活動を“完全オンライン化”することを決めた企業の一つが、グローバルで展開する消費財メーカー「ユニリーバ」の日本法人「ユニリーバ・ジャパン」だった。

photo ユニリーバ・ジャパンの秋山真梨奈氏(HRスペシャリスト新卒採用担当)

 「完全オンラインでの採用には当初、不安なこともありましたが、実際に約1年間、オンラインでの試みを続けてみて、想像以上に大きなメリットがあったと感じています」

 こう話すのは、ユニリーバ・ジャパンの秋山真梨奈氏(HRスペシャリスト新卒採用担当)だ。完全オンラインでの採用活動を進めるにあたって、同社が実際に行ったこと、感じたメリットはどのようなものだったのだろうか。

リモートワークや通年採用で蓄積した、オンラインのノウハウ

 ユニリーバ・ジャパンが、短期間で採用活動の完全オンライン化を決断できた背景には、同社が過去4年以上にわたって取り組んできたリモートワークの推進と、オンライン選考の導入がある。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -