3分Biz.
ニュース
» 2021年01月19日 19時25分 公開

新型コロナ関連倒産、900件を突破 半数は負債1億円未満の小規模倒産

帝国データバンクは1月18日、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産が全国で900件に達したと発表した。関連倒産の第1号案件が2020年2月26日に発生してから、327日での到達となった。

[ITmedia]

 帝国データバンクは1月18日、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産が全国で900件に達したと発表した。関連倒産の第1号案件が2020年2月26日に発生してから、327日での到達となった。

phot 新型コロナウイルスの影響を受けた倒産が全国で900件に到達(写真提供:ゲッティイメージズ)

 これまでの負債総額は3618億9000万円。900件のうち、負債1億円未満の小規模倒産が471件(構成比52.3%)と半数以上を占めた。発生月別では、12月の119件が最多。21年に入ってからも関連倒産は続いていて、1月は18日正午現在で14件の倒産が確認されている。

phot 第一号案件発生からの日別推移(以下リリースより)

 都道府県別に見ると、最多は東京都で222件。以下、大阪府(83件)、神奈川県(49件)、静岡県(44件)、兵庫県(41件)、愛知県(39件)と続く。関連倒産は47都道府県全てで発生していて、その中でも東京都と大阪府の割合が高く、全体の33.9%を占める。

phot 都道府県別発生件数

 業種別では飲食店が141件と最も多く、全体の15.7%に及ぶ。ついで、ホテル・旅館建設・工事業(各72件)、アパレル小売店(54件)、食品卸(46件)となっている。

 現在も感染拡大が続いていることから、関連倒産1000件到達が現実味を帯び始めた。感染拡大を防ぐ一方で、経済への打撃を抑える取り組みが求められている。

phot 月別・態様別発生件数

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -