トップインタビュー
連載
» 2021年05月27日 07時00分 公開

パナソニック“次の100年”のキーパーソン、Shiftall 岩佐CEOに聞く(前編)家電メーカー進化論(1/8 ページ)

パナソニックを2008年に退社して、Cerevoを起業した岩佐琢磨氏。しかし18年設立の子会社Shiftallは、全株式をパナソニックへ売却し100%子会社となった。パナソニック内部へ戻った目的、現在の役割に加え、家電メーカーが生き残っていくために必要な取り組みなどについて、前後編にてお届けする。

[安蔵靖志(IT・家電ジャーナリスト),ITmedia]

 パナソニックは2018年、松下幸之助氏による松下電器産業の創業から100周年を迎えた。100周年時に行われた各種イベントでは、次の100年を迎えるにあたって「くらしアップデート」をスローガンに打ち出した。

 いわゆる“モノ”を販売する売り切りモデルから、ユーザーに寄り添って常に製品やサービスをアップデートしていく方向性へと切り替えていくという。

 100周年を迎えたパナソニックが大々的なイベントを開催する中、同時期に同社への“凱旋帰社”を果たしたのが「Shiftall(シフトール)」の岩佐琢磨CEOだ。

 岩佐氏は08年にパナソニックを退社し、ハードウェアスタートアップの「Cerevo(セレボ)」を起業。動画のリアルタイム配信用機器「LiveShell(ライブシェル)」シリーズなどのヒットを飛ばし、世界的にも注目を集めた。その岩佐氏が18年4月に設立したShiftallをパナソニックが買収する形で子会社化し、パナソニックに復帰したというわけだ。

株式会社Shiftall 岩佐琢磨CEO。1978年生まれ。03年、松下電器産業(現パナソニック)入社後、ネット接続型家電製品の商品企画を担当。08年5月、「ナンバーワンかつオンリーワン製品」の開発を目指し、株式会社Cerevo(セレボ)を設立。18年2月、株式会社ShiftallをCerevoの子会社として設立。18年4月、株式売却によりShiftallがパナソニックの100%子会社となり、パナソニックへ復帰した
       1|2|3|4|5|6|7|8 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -