メディア
ニュース
» 2021年09月24日 07時00分 公開

セクハラ報告に「被害者も悪い」「彼はそんなことしない」と動かなかった責任者 罪に問えるのか弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」(1/2 ページ)

ハラスメントの報告があっても責任者が十分に調査せず「事なかれ主義」な態度を取ったため、裁判にまで発展したケースがあります。責任者の誤った対応は、企業にとっては訴訟リスクになりえます。

[佐藤みのり,ITmedia]

連載:弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」

ハラスメント問題やコンプライアンス問題に詳しい弁護士・佐藤みのり先生が、ハラスメントの違法性や企業が取るべき対応について解説します。ハラスメントを「したくない上司」「させたくない人事」必読の連載です。

 ハラスメントを報告しても、責任者が十分に調査しない──残念ながら、こういった事例は多く存在するようです。そのような「事なかれ主義」的な姿勢が問題視され、裁判にまで発展したケースがあります。

 責任者が誤った判断・対応をしてしまうと、被害者のさらなる心労につながるのみならず、企業にとっては訴訟リスクにもなりえます。

調査せず、加害者をかばう責任者 訴訟の結果は

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -