メディア
ニュース
» 2021年10月18日 15時29分 公開

副業していることを会社に伝えていない正社員が8割以上 本業への影響は?帰属意識は変化するのか(1/2 ページ)

企業で正社員として働いている人を対象に「副業に関するアンケート調査」を実施した。副業していることを会社に伝えているか聞いたところ、8割以上の人が会社には伝えていないことが分かった。副業で生じた本業へのデメリットやモチベーションの変化、本業のスキルの変化なども聞いた。

[コネムラメグミ,ITmedia]

 フリーランス情報メディアを運営するつなぐマーケティング(神奈川県鎌倉市)は、企業で正社員として働いている人を対象に「副業に関するアンケート調査」を実施した。副業していることを会社に伝えているか聞いたところ、8割以上の人が会社には伝えていないことが分かった。

「副業に関するアンケート調査」(画像はイメージ)
会社に副業をしていることは伝えているか?(出所:リリース、以下同)

 現在就業している会社で副業は認められているか聞いた。「認められている」と答えた人は41.6%、「認められていない」は30.1%だった。

副業が認められている会社はどれぐらいか?

 副業で生じた本業へのデメリットを尋ねた。最も多かったのは「特になし」(219人)、次いで「副業が忙しくて本業に支障をきたしてしまった」(88人)、「過重労働で体調を崩してしまった」(64人)だった。本業に支障をきたしてしまったり、体調を崩してしまう人が一定数いることが分かった。

副業による本業へのデメリットは?

 副業をしている人に会社への帰属意識は変化したか聞いたところ、「変わらない」と答えた人は76.3%、「低くなった」は17.1%、「高くなった」は6.6%であった。会社への帰属意識が低くなった人の平均副業月収は約4万円、高くなった人の平均は約2万4000円だった。副業で多少稼げると、帰属意識は低くなる傾向にあるようだ。

会社への帰属意識の変化があるか?
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -