メディア
ニュース
» 2021年11月01日 07時00分 公開

80歳超えの従業員も! ノジマが進めるシニア活用は「人手不足だからではない」世間の誤解(1/3 ページ)

ノジマが80歳に定めていた雇用の年齢制限を事実上撤廃したという。「事実上の撤廃」とは、どういうことなのか。なぜ、ノジマはシニア活用に励むのか──。ノジマの人事担当者に話を聞いた。

[山崎潤一郎,ITmedia]

 「ノジマ、雇用の80歳上限を撤廃 シニア積極活用広がる」(日本経済新聞、10月13日)というニュースに目がとまった。家電量販大手のノジマが、それまで80歳を上限としていた雇用制限を事実上撤廃したという。80歳上限だけでも驚きなのに、今回はその上限すら撤廃したというのだ。

 「事実上の撤廃」とはどういうことなのか。そしてノジマという企業は、なぜ、それほどまでしてシニアを大切にするのか。その真意を探るべく、ノジマに直接話を聞いた。対応してくれたのは、人事総務部人事労務グループ長の登山征一氏。

登山征一氏(ノジマ 人事総務部人事労務グループ長)、取材はオンラインにて実施した

どういうこと? 「例外対応」で80歳超え雇用を実現

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -