メディア
ニュース
» 2021年12月20日 07時00分 公開

最低賃金はどこまで上がるか? 「安すぎる日本」の行方実質的な「最低賃金割れ」も多発(1/4 ページ)

2021年10月、最低値賃金が全国平均で28円アップして話題になった。政府はさらに引き上げていく方針を示している。反発する経営団体もあるが、日本の最低賃金はどこまで上がるだろうか? また、最低賃金を上げるのは何のためか? 人事コンサルタントが解説する。

[佐藤純,ITmedia]

 2021年10月、最低値賃金が全国平均で28円アップして話題になった。政府はさらに引き上げていく方針を示している。これに対してコロナ感染拡大を理由に、最低賃金引き上げを猛反対した経営団体もあった。 

 一方、岸田政権は所得増加の方針を打ち出し、賃上げ(ベースアップ)した企業に対して税制の優遇をするという考えや、3%の賃上げを経営側に要求する考えを示した。

 このように政府と経営者団体では意見が対立しているが、なぜ最低賃金を引き上げる必要があるのだろうか?

日本の賃金、安すぎる? 国際的な賃金水準

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -