ニュース
» 2007年03月16日 14時56分 公開

“テクノラグジュアリー”な腕時計――TIMEX新ブランド「TX」が日本上陸+D Style News

世界最大の腕時計の祭典「バーセル・ワールド2006」で発表された、タイメックスの新ブランド「TX(ティーエックス)」。いよいよ日本でも3月より発売開始となる。3月15日東京・六本木ヒルズで行われた発売記念パーティで、TXが初披露された。

[塙恵子,ITmedia]
photo TXブランドディレクターのハーブ・ドーセー氏

 タイメックスが2006年のバーセル・ワールドで発表し、話題となった新ブランド「TX(ティーエックス)」。3月いよいよ日本に上陸する。

 タイメックスといえば、アメリカ腕時計の代名詞。スポーツ用デジタルウォッチやカジュアルウォッチなどを手がけ、世界各国の幅広い年代から愛されている。今回タイメックスが送り出すのは、イタリアデザイン、ドイツエンジニアリングのハイエンドタイプ。これまでの手ごろな価格帯を踏襲しつつ、新たに高級ブランドのイメージの確立を狙う格好だ。


photo ピアノとサックスの生演奏。52Fに位置する会場の夜景もすばらしかった

 正確に日付を表示し続ける「パーぺクチャルカレンダー」、世界24都市の時間を同時に見ることができる「ワールドタイム」、クラシックスポーツタイプの「フライトバッククロノグラフ」と機能違いの3シリーズに分類され、日本では全部で19モデルが提供される予定となっている。価格帯は5万〜10万円台。すでに世界7カ国で展開しているが、アジアの中では日本が一番乗りで提供され、5月には日本人ユーザー向けのサイトもオープンする。この度その気になる姿がお披露目となった。

 TXブランドディレクターのハーブ・ドーセー氏が登壇。「日本でTXを発表することができ、非常にうれしい」と喜びを語った。ピアノとサックスの生演奏をバックに、注目のラインアップが登場。モデルによるデモンストレーションの後、全19モデルが勢ぞろいする。

 ドーセー氏は、ブランドイメージを「テクノラグジュアリー」と表現。ドーセー氏曰く、TXはテクノロジーとラグジュアリーという、現在人々の生活に欠かせない2大要素を併せ持つまったく新しい製品だという。

photophoto (写真左)全19種のラインアップ。(写真右)パーぺクチャルカレンダーTX300シリーズ左からT3B781(価格5万7750円)、T3B771(価格5万7750円)、T3B791(価格5万2500円)

 テクノラグジュアリーを象徴するのは、技術とデザイン。実現に一役買ったのは、TXの基本理念である「CRAFTSMANSHIP(技能)」とドーセー氏。5年の歳月をかけて開発されたというすべての腕時計は、上質なサファイアガラスとステンレススティールを使い、さらに6針のムーブメントを搭載している。さらにドーセー氏はルミノバ加工の文字盤、ねじ込み式リュウズ、100メートル防水といった、TXの自慢の技術を次々に発表していった。

 ドーセー氏はTXのユーザー像についても言及。「都会的で教養のある、仕事も遊び一生懸命で、すべてに情熱を傾けられる人」と例えている。

 同社がこのビジョンを具現化するにあたり、イタリア人デザイナー、ジョルジオ・ガリ氏の協力は不可欠だったとドーセー氏。立体的な文字盤もさることながら、TXのロゴが秒針の先端に施されるなど細部まで演出を欠かさない。そして特徴的なのはすべてモデルに含まれているオレンジ色。オレンジはブランドのテーマカラーで、エネルギーとバイタリティを表現しているとのことだ。

 またTXをデザインするにあたり、グローバルなアプローチが必要だったとドーセー氏。「世界各国のTXのイメージを統一し、すべてにおいてTXを象徴しなければならない」と話し、そのためにパッケージデザインやディスプレイなどにもこだわったと明かした。最後にドーセー氏は「TXは、われわれのテクノロジーとこだわりを表している。しかしこれは単に始まりにすぎない」とTXの未来を高らかに宣言した。

photophoto 左からワールドタイムTX500シリーズ T3B831(価格:5万9850円)、フライトバッククロノグラフTX700シリーズ T3B891(価格:5万7750円)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -