ITmedia NEWS >
レビュー
» 2010年09月10日 11時03分 公開

高倍率スリムデジカメ7機種を比較する(後編)――夜景とHD動画、独自機能を見比べる (2/4)

[荻窪圭,ITmedia]

意外に違うハイビジョン動画

 7モデルともいわゆる「ハイビジョン動画」の撮影が可能だが、よく見ると細部はずいぶん異なる。

 1920×1080ピクセルのフルハイビジョン記録が可能なのかどうなのか(1280×720ピクセルの記録でも便宜上、ハイビジョン記録と呼ばれることが多い)。動画撮影中に光学ズームは使えるのか。音声はステレオか。動画撮影中にAFは働くのか固定なのか。動画モードにしなければならないのか、静止画モードでも録画ボタンを押せばすぐ撮影可能になるのか。圧縮形式とファイル形式はなにを採用しているのか。

 まずはそのあたりで、どのくらい動画撮影用として実用的かをチェックしてみよう。

キヤノン IXY 50S

リコー CX4

1280×720/30fpsのMotionJPEG動画。動画中のズームはデジタルのみで2.8xまで、フォーカスは固定。音声はモノラル。録画ボタンはなく、動画モードにしてシャッターボタンで録画する。

富士フイルム FinePix F300EXR

パナソニック DMC-TZ10

ソニー DSC-HX5V

カシオ計算機 EX-H15

ニコン COOLPIX S8000


 フルハイビジョンに対応するのはDSC-HX5VとIXY 50Sの2モデル。どちらも高速読み出しが得意なCMOSセンサー搭載機で関連する機能も充実している。フルハイビジョンにこだわらないのであれば、DMC-TZ10とFinePix F300EXRもアリ。こちらも動画機能が充実しており、ハイビジョン動画をよく撮るのなら、この4モデルから選ぶべきだろう。ただ、長時間撮りたいならファイルサイズが大きくなるMotionJPEGモデルは避けたいところ。

 EX-H15、S8000、CX4のHD動画機能は他の4モデルに比べてやや劣るのは否めない。なお、IXY 50Sのジオラマ動画はかなり不思議な感覚を味わえるので必見。これのためだけにちょっと欲しくなるかも。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.