ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ズームデジカメ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
「デジカメならでは」の活用法を分かりやすく提案 - ITmedia デジカメプラス
質問!デジタルカメラ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でデジタルカメラ関連の質問をチェック

「HUAWEI P40」シリーズ3機種が発表 P40 Pro+は5眼カメラ搭載で“20倍ズーム”対応
Huaweiが3月26日(中央ヨーロッパ時間)、Pシリーズの最新モデル「HUAWEI P40」「HUAWEI P40 Pro」「HUAWEI P40 Pro+」を発表。P40とP40 Proは4月7日に、P40 Pro+は6月に世界各国で発売する。5GやeSIMに対応しており、カメラのズーム機能や色再現性を強化した。(2020/3/27)

PR:スマホカメラでここまでデキル! 「HUAWEI P30 Pro」で新次元のカメラ体験を
Huaweiの最新スマートフォン「HUAWEI P30 Pro」が、ついに登場。ハイブリッド10倍ズーム対応の望遠カメラを搭載したフラグシップモデルだ。カメラだけでなく、セキュリティやバッテリーなどでも最先端の技術が詰め込まれている。そんなHUAWEI P30 Proの実力を徹底チェックした。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2019/9/27)

山根康宏の中国携帯最新事情:
Huaweiと真っ向勝負のOPPO 「Reno」の投入で“カメラと技術”をアピール
ハイブリッド10倍ズーム対応のカメラを搭載した「Reno 10x Zoom」や、同モデルの5G版「Reno 5G」をいち早く投入するなど、OPPOの動きが活発だ。OPPOはRenoシリーズで、ライバルのHuaweiに真っ向勝負を挑む。ディスプレイ埋め込みのインカメラや、滝のように流れるディスプレイにも注目だ。(2019/8/14)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“10倍ハイブリッドズーム”の定義にもやもやするが、超広角と望遠の撮影が楽しい「Reno 10x Zoom」
10倍ズームカメラを搭載したOPPOのスマートフォン「Reno 10x Zoom」(リノ10倍ズーム)が発売された。10倍ハイブリッドズームとは何か、どのくらい実用的なのか。そもそも何で「ハイブリッドズーム」なのか。10倍の定義を考えつつ、いろいろ試してみた。(2019/7/24)

PR:スマホカメラが10倍になるとここまでデキル! ハイブリッド10倍ズーム対応のOPPO「Reno 10x Zoom」を使い倒す
2018年に日本に参入してから、多種多様なスマートフォンを投入してきたOPPO。そんな同社が満を持して投入する、2019年のフラグシップモデルが「Reno 10x Zoom」だ。本機は何が新しいのか? デザイン、カメラ、パフォーマンスの視点からレビューする。(2019/7/12)

“10倍ズーム”カメラ搭載のOPPO「Reno 10x Zoom」が7月12日発売 約10万円
OPPOのハイエンドスマートフォン「Reno 10x Zoom」が、日本で7月12日に発売される。使うときだけリフトアップする収納式のインカメラ、10倍ハイブリッドズームをうたうトリプルカメラを背面に搭載。ノッチのない6.65型有機ELも特徴だ。(2019/7/3)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
10倍ズームレンズを搭載したOPPO「Reno」のカメラに注目
OPPOから新ブランドのスマートフォン「Reno」が登場。最大の特徴は4800万画素カメラを搭載した「カメラフォン」であること。しかもインカメラはモーターで収納するポップアップ式。性能だけではなく、見た目も面白い注目の製品です。(2019/6/2)

OPPOが「6つの約束」 2019年に10倍ズームスマホやFeliCa対応スマホを投入
OPPO Japanが3月18日、2019年の日本市場での戦略について発表。トウ・ウシン社長が、「日本のお客さまとのお約束」と題して、6つの約束を発表した。10倍ハイブリッドズーム対応スマホや、FeliCa/防水対応スマホを2019年に日本で投入する。(2019/3/18)

MWC19 Barcelona:
OPPOの「ロスレス10倍ズーム」を体験、チラ見せした「5Gスマホ」の詳細は?
OPPOがMWC19 Barcelonaに先駆けてプレスイベントを開催。「ロスレス10倍ズーム技術」と「5Gスマートフォン」を発表した。ただし製品名や詳細なスペックは未定。会場では試作機で10倍ズームを試すことができた。(2019/2/24)

MWC19 Barcelona:
OPPO初の5Gスマートフォンを披露 Snapdragon 855搭載
OPPOがMWC19 Barcelonaに先駆けてプレスカンファレンスを実施。初の5Gスマートフォンや、ロスレス10倍ズームの技術を紹介した。詳細なスペックは未定(2019/2/23)

OPPO、スマートフォン向け光学10倍ズームカメラ技術をMWCで披露へ
中国のスマートフォンメーカーOPPOが、ロスレス10倍ズーム技術を発表した。ペリスコープ構造のカメラを含む3台のカメラでズームと手ブレ補正を実装する。2月のMWC 2019でこのカメラ搭載端末を披露する可能性がある。(2019/1/21)

前代未聞の“巨大コンパクトカメラ” ニコン「P1000」で月を狙う
いやもうデジカメ史上もっとも荒唐無稽、といっても過言じゃないカメラが発売されたのである。巨大なコンパクトカメラ、ニコンの「P1000」。125倍ズームである。(2018/10/1)

iPhone 7専用、光学12倍の望遠レンズキット――サンワサプライから
サンワサプライは、iPhone 7専用の望遠レンズキットを発売。専用ケースにレンズを付けるだけの簡単装着で、フォーカスリングを回すだけでピント調整が可能。三脚にも対応する。(2017/1/31)

超望遠にスマホ連携、散策や旅行にちょうどいいコンデジ「COOLPIX A900」
「COOLPIX A900」は小型高倍率で旅行に最適、てな位置づけの普及型コンデジ。数社がこのクラスにラインアップしているが、他社が30倍ズームなのに対し、A900は35倍とスペックでちょっと上回ってる。スマートフォンとの連携もすごく便利。(2017/1/31)

ソニー MCC-S40MD:
術野を高精細に撮影する、1型センサーの医療施設向け4Kビデオカメラ
ソニーが医療施設向け4Kビデオカメラ「MCC-S40MD」を発売する。1型センサーと12倍ズームレンズを搭載し、高精細かつ低ノイズな映像の撮影を可能とした。(2016/12/15)

IFA 2016:
バッテリーを強化した「Moto Z Play」、光学10倍ズームレンズ搭載モジュール「True Zoom」登場
Lenovoが、IFA 2016の開催に合わせてスマートフォンと周辺機器を発表。「Moto Z Play」は、3510mAhの大容量バッテリーを搭載した5.5型のスマホ。Moto Zシリーズに取り付けられるモジュールとして、光学10倍ズームレンズ付きの「True Zoom」も発表した。(2016/9/1)

24mm〜600mm相当までカバー:
1型センサーと光学25倍の高倍率ズームを搭載した「RX10 III」
ソニーの1型センサー搭載プレミアムコンデジの高倍率ズームモデルがモデルチェンジ。新開発のレンズユニットを採用し、光学25倍ズームを実現した。(2016/4/8)

光学10倍ズームと1型センサー搭載のプレミアムコンパクト「LUMIX DMC-TX1」
1型センサーに光学10倍ズームレンズを組み合わせたプレミアムコンデジ「LUMIX DMC-TX1」が発表された。コンパクトなボディで高画質が楽しめる。(2016/1/19)

PR:AVer「VC520」ミーティングカメラProの光学12倍ズームPTZカメラ&スピーカーフォンが会議室をグレードアップ “Web会議の最高品質”を実現
光学12倍ズームカメラとスピーカーフォンを備えたミーティングカメラPro「VC520」で、いつものWeb会議をもっと快適に。USBケーブルでつなぐだけ、専門ビデオ会議システムに負けない充実の機能とは?(2015/9/24)

これ1台あればもうほかはいらない――あきれるほどすごいスペックの「PowerShot G3 X」
キヤノンから登場した「PowerShot G3 X」は、1型センサーと光学25倍の高倍率ズームレンズを搭載したモンスターコンデジだ。これ1台であらゆるシーンに対応でき、まさに万能カメラという言葉がぴったりだ。(2015/6/23)

25倍ズーム×1型センサー搭載の防じん・防滴コンパクト「PowerShot G3 X」正式発表
大型センサーと高倍率ズームレンズを組み合わせたプレミアムコンパクト「PowerShot G3 X」がついに発売に。6月25日から店頭に並ぶ。(2015/6/18)

“世界最小”光学30倍ズームレンズ搭載デジカメ「DSC-HX90V」「DSC-WX500」
ソニーから、旅行などに持って行きやすい、光学30倍ズームを備えた小型のコンパクトデジカメが登場した。EVFやGPSの有無などで予算に合わせて選べる2モデルを展開する。(2015/5/19)

交換レンズ百景:
どんなシーンもオールマイティにこなせる安心感――ソニー「FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS」
「α7 II」はもちろんだが、他のα7シリーズのカメラにもぜひ付けておきたい、オールマイティな10倍ズームレンズが登場した。少々重さはあるが、明るい単焦点レンズと組み合わせてシステムを作りたいレンズだ。(2015/5/6)

オリンパス、24倍光学ズームと5軸手ブレ補正搭載の「STYLUS SH-2」を発表
オリンパスイメージングから、光学24倍ズームレンズと5軸手ブレ補正機能を搭載したプレミアムコンパクトデジカメが登場。強力な手ブレ補正機能に対応した夜景撮影機能も備える。(2015/3/12)

バリエーション豊富:
ニコン、光学30倍ズームや防水モデルなど4機種のコンデジ発表
ニコンから、光学20倍ズームでスリムな「COOLPIX S7000」、光学30倍ズームでバリアングル液晶モニタ搭載の「COOLPIX S9900」、薄型軽量のスタイリッシュモデル「COOLPIX S2900」、親子で楽しめる防水モデル「COOLPIX S33」が発売される。(2015/2/10)

CP+ 2015で展示:
キヤノン、1型センサー搭載の25倍ズームコンパクト「PowerShot G3 X」を開発表明
キヤノンが「PowerShot G1 X Mark II」「PowerShot G7 X」と並ぶ、大型センサーを搭載した高倍率ズーム搭載コンパクトデジカメ「PowerShot G3 X」を初披露。CP+ 2015に参考出品する。(2015/2/6)

スマホ向けの光学12倍望遠レンズ、サンワサプライから
三脚も付属している。(2014/9/24)

「STYLUS 1」「RX10」「FZ1000」 大型センサーの高倍率ズームデジカメ3モデルを比較する
最近、大型センサーと明るい高倍率ズームレンズの双方を備えたオリンパス「STYLUS 1」とソニー「DSC-RX10」、パナソニック「DMC-FZ1000」の3モデルをスペック面から比較してみよう。(2014/6/18)

1型センサーに最大400ミリ相当の光学16倍ズーム、4K動画も撮れる“LUMIX”「FZ1000」
パナソニックが、2000万画素の1型センサーに最大400ミリ相当の光学16倍ズームレンズを組み合わせた“LUMIX”「FZ1000」を発売する。4K動画も撮れ、4K動画からの8M静止画切り出し機能も内蔵した。(2014/6/12)

最長20日のインターバル撮影が可能なカシオ「EX-ZR850」 朝顔の開花記録もこれでバッチリ
カシオが“EXILIM”の新製品として18倍ズームレンズを備えた「EX-ZR850」を発売する。最長約20日間(1時間あたり1枚で約500時間分)にも及ぶインターバル撮影が可能だ。(2014/5/14)

倍率は無段階調整:
GWにお出かけするときのお供に――「iPhone5S/5用 6〜18倍可変ズームレンズセット」
上海問屋が、6〜18倍ズーム撮影ができるiPhone 5s/5用レンズ・ケース・三脚セットを発売した。価格は11999円。(2014/5/2)

使い勝手のいい“PENデザイン”の24倍ズームコンパクト オリンパス「STYLUS SH-1」
オリンパスの人気シリーズ「PEN」を連想させるボディに、24倍ズームと光学5軸手ブレ補正を備えたコンパクトデジカメが「STYLUS SH-1」だ。“世界初”のブレ補正は強力で、使い勝手の良い製品に仕上がっている。(2014/5/1)

「Samsung GALAXY K Zoom」、光学10倍ズームレンズ搭載の2000万画素スマートフォン
GALAXY K Zoomは、背面に光学10倍ズームレンズを搭載するAndroidスマートフォン。カメラ以外もヘクサコアプロセッサでLTEに対応するなど高性能だ。(2014/4/30)

30倍ズームの動画デジカメ「PowerShot SX700 HS」で春の動物園を撮ってみる
いまさらと言わず、家族との行楽ならばぜひとも手にして欲しいのが最新のコンパクトデジカメ。30倍ズームでフルHD動画もブレずに撮れて携帯も苦にならない、そんなキヤノン「PowerShot SX700 HS」を手に動物園へ出掛けてみた。(2014/4/17)

「BIONZ X」搭載、こだわり撮影に応える30倍ズーム機「DSC-HX60V」
ソニーは本格撮影を楽しめる“サイバーショット”「DSC-HX60V」を発売する。画像処理エンジンがα7などに採用されている「BIONZ X」へと進化し、NFCも搭載して利便性を高めた。(2014/2/12)

キヤノン、スリムな光学18倍 動画コンパクト「PowerShot SX600 HS」
キヤノンはコンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX600 HS」を発売する。18倍ズームレンズと強力な動画性能をスリムなボディに搭載し、「クリエイティブショット」も備えた。(2014/2/12)

キヤノン、光学10倍のスタンダードIXY「IXY 140」
IXYシリーズのスタンダードに位置づけられる「IXY 140」をキヤノンが発売する。有効2000万画素センサーに光学10倍ズームレンズ、「DiGiC 4+」を組み合わせる。(2014/2/12)

ニコン、光学30倍ズームの多機能コンパクト「COOLPIX S9700」
ニコンがスリムなボディに高倍率ズームレンズやGPSなどさまざまな機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S9700」を発売する。(2014/2/7)

30倍ズームにEVF、GPSやWi-Fiも搭載したオールインワンコンパクト「DMC-TZ60」
パナソニックが光学30倍ズームレンズとEVFを搭載した「DMC-TZ60」を発売する。GPS/GLONASSやWi-Fi/NFCも備えた高機能機だ。(2014/1/29)

パナソニック、スリムなWi-Fi搭載 12倍ズームコンパクト「DMC-SZ8」
パナソニックは24ミリ相当からの光学12倍ズームレンズとWi-Fiを搭載した、スリムタイプのコンパクトデジタルカメラ「DMC-SZ8」を発売する。(2014/1/29)

「世界最速」AF搭載、光学20倍ズームコンパクト「FinePix F1000EXR」
富士フイルムがコンパクトデジタルカメラ「FinePix F1000EXR」を発売する。コンパクトボディに20倍ズームレンズを搭載し、「世界最速」という高速AFなどを備える。(2014/1/23)

Samsung電子、光学21倍ズームカメラやNFC搭載の「Galaxy Camera 2」を発表
デジタルカメラ機能に特化したSamsungのAndroid端末「Galaxy Camera 2」が登場。新たにNFCをサポートし、簡単に写真をシェアしたりリモート操作したりできる。Android 4.3を搭載する。(2014/1/6)

スマホで驚きの12倍ズーム:
キミにグッと寄れる――「iPhone5 / 5S用 12倍レンズ 三脚付き」
上海問屋が、12倍ズーム撮影ができるiPhone 5s/5用レンズ・ケース・三脚セットを発売した。価格は2999円。(2013/12/12)

オリンパス、5軸ブレ補正を搭載した24倍ズーム機「OLYMPUS STYLUS SH-60」
オリンパスが光学24倍ズームレンズを搭載しながら、5軸手ブレ補正を採用したコンパクトデジカメ「OLYMPUS STYLUS SH-60」を発売する。(2013/9/26)

クラウド連携強化 10倍ズームのスリムコンパクト「IXY 620F」
キヤノンがコンパクトデジタルカメラ「IXY 620F」を発売する。高感度CMOSセンサーや24〜240ミリの10倍ズームレンズは既存610Fと同様に、Wi-Fi利用の機能を強化した。(2013/8/22)

被写体を逃がさない、コンパクトな高倍率ズーム「PowerShot SX510 HS」
キヤノンが30倍ズームレンズを搭載したデジタルカメラ「PowerShot SX510 HS」を発売する。高倍率ズーム機ながら約349グラムと軽量だ。(2013/8/22)

キヤノン、コンパクトになって撮影枚数増の16倍ズーム機 「PowerShot SX170 IS」
キヤノンが28〜448ミリ相当の16倍ズームレンズを搭載する「PowerShot SX160 IS」を発売する。(2013/8/22)

5軸補正でさらにブレない カシオ「EX-ZR800」
カシオ計算機“EXILIM”の新製品“EXILIM”「EX-ZR800」は、光学18倍ズームレンズに5軸ブレ補正を搭載。「手ブレゼロ」を追求した。(2013/8/7)

ジェスチャー操作もOK バリアングル液晶搭載の12倍ズームコンパクト「COOLPIX S6600」
ニコンが12倍ズームコンパクト「COOLPIX S6600」を発売する。ジェスチャー操作に対応したバリアングル液晶を備え、集合写真や自分撮りにも活用できる。(2013/8/6)

交換レンズ百景:
行楽に最適な軽量万能10倍ズーム――パナソニック「LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.」
行楽へカメラを持っていく時に悩むのがレンズの選択。単焦点1本も潔いが、高倍率ズームの利便性も捨てがたい。10倍ズームながら265グラムを実現したパナソニック「LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.」を試用した。(2013/8/2)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。