ニュース
» 2019年02月23日 23時48分 公開

MWC19 Barcelona:OPPO初の5Gスマートフォンを披露 Snapdragon 855搭載

OPPOがMWC19 Barcelonaに先駆けてプレスカンファレンスを実施。初の5Gスマートフォンや、ロスレス10倍ズームの技術を紹介した。詳細なスペックは未定

[田中聡,ITmedia]

 OPPOが2月23日(現地時間)、スペインのバルセロナで25日から開催される「MWC19 Barcelona」の先駆けてプレスカンファレンスを実施。ここで同社初となる5Gスマートフォンを披露した。

 ただしカンファレンスでは詳細なスペックは明かされておらず、唯一判明しているのは、Qualcommとの協業でプロセッサに「Snapdragon 855」を採用したこと。会場ではプロトタイプの製品が展示されているのみで、触れることはできない。

oppo OPPO初の5Gスマートフォン
oppo 展示されていた5Gスマホのプロトタイプ(現地で取材中の村元正剛氏が撮影)
oppo
oppo ゲストとしてQualcommのクリスティアーノ・アモン社長が登壇し、5Gがユーザー体験を根本的に変えること、Snapdragon 855を搭載したOPPO初のスマートフォンであることを説明した

 また同社は、1月に予告していた、ロスレス10倍ズーム技術についても改めて説明。この技術は3つのカメラから成り立っており、4800万画素のメインカメラ、120度の超広角レンズ、望遠レンズを搭載。焦点距離は超広角レンズが16mm、望遠レンズが160mm。これに独自のペリスコープ(潜望鏡)構造を組み合わせることで10倍率ズームを実現する。カンファレンスでは、実際のこのロスレス10倍ズームで撮影した作例を披露した。

 この技術を搭載したスマートフォンを、2019年第2四半期に発売することを明かした。製品名や、カメラ以外のスペックなどは未定。会場ではR11sをベースにしたプロトタイプを使ってズーム性能を試せる。詳細は追ってお伝えする。

oppo トリプルカメラを搭載
oppo ロスレス10倍ズームで撮影した作例
oppo ペリスコープ構造のカメラモジュールを採用
oppo 2019年第2四半期の登場する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう