ITmedia NEWS >
連載
» 2010年10月22日 17時54分 公開

矢野渉の「クラシック・デジカメで遊ぶ」:10年を超えてなお輝く孤高のカメラ――キヤノン「PowerShot G1」 (2/2)

[矢野渉,ITmedia]
前のページへ 1|2       

G1で遊ぶ

 今、G1で遊ぶ意味は、ほぼ絶滅した「補色系CCD」の広いダイナミックレンジと独特な発色(この時代の補色系は色相ズレを完全には補正できていなかった)を楽しむということになるだろう。あとはRAWデータをいじるのも面白い。キヤノンの「ZoomBrowser EX」(PowerShot Gに付属する画像管理/編集ソフト)を持っている人はもちろん、Photoshopでも普通に現像できるので手軽に遊べるだろう。

photo 白トビも黒ツブレもない美しい画像だ。木漏れ日の部分にパープルフリンジが出ているが、これは補色系の弱点でもある
photo 現実の色から少しころんだ色味になっている。これを雰囲気ととらえるかは好みによる。迷う人はRAWでの撮影をおすすめする
photo 望遠側(102ミリ)でも20センチまでのマクロ撮影ができる。絞りを開放にすれば一眼レフなみのボケ味を出せる
photo 真っ白に写ってしまいがちな桜も、きれいなピンクに発色する。補色系CCDは桜の撮影にぴったりかもしれない
photo 高コントラストの被写体でも黒ツブレは出ない。ソフトウェアで暗部を持ち上げたような不自然な画像ではなく、元々のダイナミックレンジが広い、素直で気持ちの良い写真だ
photo 夜景はさまざまな光源がミックスしているので、意外な発色が楽しめる。

 もし中古で良い出物があったら、とりあえず購入することをおすすめする。なぜなら、おそらく最も安価にRAWデータで遊べるカメラだし、何よりキヤノンの技術がこれでもかと詰まった、血筋のいいカメラだからだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.