ITmedia NEWS >
レビュー
» 2010年11月05日 08時30分 公開

快速AFだけじゃない、ミラーレス一眼の旗頭――パナソニック「DMC-GH2」 (4/5)

[荻窪圭,ITmedia]

作例(1)

 では最後に作例を。

 まずはキットの望遠ズームレンズ「LUMIX G VARIO HD 14-140mm / F4.0-5.8 ASPH. / MEGA O.I.S.」を使って一般的なところから。インテリジェントDレンジコントロールと超解像はオフで、フィルムモードはスタンダードで撮影している。

photophoto 「LUMIX G VARIO HD14-140mm/F4.0-5.8」使用時のワイド端とテレ端の比較。ワイド端は1/250秒 F6.3 ISO160、テレ端は1/320秒 F5.8 ISO160
photo 青空と松の木。松葉も不自然さを感じない感じで解像してるし、色のバランスもいい。1/320秒 F7.1 ISO160
photo 招き猫群を。こういう構図ではタッチAFでメインの被写体をさっと決められるのが楽。1/30秒 F5 ISO400 露出補正+1
photo 派手なスニーカーを見つけたので撮ってみた。1/200秒 F5.8 ISO400
photo 可動式液晶モニタを開いてローアングルで。タッチAFでフロントグリルにピントを合わせた。1/100秒 F4.5 ISO160
photo 連射で撮影した中の1枚。フォーカスも速く撮りやすい。シャッタースピード優先で。1/1300秒 F5.6 ISO160

 続いて、単焦点の20ミリ/F1.7レンズ「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH」で撮った作例。AFはあまり速くなく手ブレ補正も未搭載だが、明るいパンケーキレンズとしてスナップ向けによい。

photo F1.7のぼけ具合を見るために無理矢理絞り開放で。1/3200秒 F1.7 ISO160
photo こちらは縦位置。ちょっとしたスナップを撮るのによいレンズだ。1/4000秒 F1.8 ISO160

 続いて室内。DMC-GH2のオートホワイトバランスは照明の色を残し気味にするタイプのもようだ。

photo 店内でハンバーガーを。ISO400なら食べ物をとってもまったく問題ない。1/8秒 F4.9 ISO400 露出補正+0.66、レンズ「LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6」

 さらに高感度ものを2枚。

photo 暗かったのと、シャッタースピードをちょっと上げるためISO6400まで感度を上げて撮影。暗部はざらつくがISO6400でこれだけ撮れればけっこう使えそう。1/160秒 F5.8 ISO6400、レンズ「LUMIX G VARIO HD14-140mm/F4.0-5.8」
photo さらにISO12800まであげてあくびした瞬間を。絵はあれてもシャッタースピードを確保したいときに。1/80秒 F5.8 ISO12800、レンズ「LUMIX G VARIO HD14-140mm/F4.0-5.8」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.