ITmedia NEWS >
レビュー
» 2011年02月14日 11時00分 公開

明るい広角レンズが魅力な万人向け7倍ズーム機 サイバーショット「DSC-WX10」(4/4 ページ)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       
photophoto 左は通常、右は逆光HDRをオンにして撮影。ハイライト部がトバないでおさまってるのが分かると思う
photophoto 左は通常、右は逆光HDRをオンにして撮影。もうちょっとシャドウ部を持ち上げるかと思ったが、ハイライト部を押さえて空の青をきれいに出す方を重視した模様
photo 背景ぼかし機能で撮影。2枚撮ってピントがあっている被写体とボケた背景を合成する。ディテールにやや不自然さはあるが、合成が難しそうな動物でこれだけやってくれるのだから、けっこう使えるかも
photophotophoto 左から、通常の夜景モード、手持ち夜景モード、人物ブレ軽減モードでの撮影。手持ち夜景モードは夜景モードと同じ露出で、連写して合成したもの。人物ブレ軽減モードは手ブレしないよう高めのISO感度(この場合はISO3200)で連写して合成する。合成すると多少ディテールは甘くなるがノイズは格段に減る。
photophotophoto
photophoto 左上からISO400/800/1600、3200、3200の人物ブレ軽減モード。ノイズ低減処理はけっこう強くかかっており、感度を上げるとディテールが徐々に損なわれていくが、急激に劣化するポイントがないので、扱いやすい。人物ブレ軽減モードを使えばディテールは失われるがノイズも大きく減る

→ソニーストアで「DSC-WX10」をチェックするicon
高感度CMOSセンサーで、フルハイビジョン動画撮影。明るい光学7倍ズームレンズのこだわりコンパクト。価格は3万4800円(税込/2月14日現在)。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.