ITmedia NEWS >
レビュー
» 2011年02月25日 19時17分 公開

バリアングル対応の一眼レフ入門機――キヤノン「EOS Kiss X5」 (3/3)

[鈴木吾郎,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

機能ガイドやビデオスナップを新搭載

 さらに、初級者向けの配慮として「機能ガイド」を搭載した。これを「表示する」にしておくと、撮影モードを変更したときや、撮影機能/ライブビュー撮影/動画撮影/再生時のクイック設定など時に、機能や項目の簡単な説明文を液晶に表示することができる。

photo 新機能の「ビデオスナップ」は、動画の撮影メニューから設定する

 動画については、従来機と同じく最大で1980×1080ピクセルのフルHD録画をサポートする。動画撮影時のマニュアル露出やデジタルズーム、外部マイクの使用も可能だ。また動画の新機能として、1回の撮影で数秒(2/4/8秒)の短い動画を記録する「ビデオスナップ」を搭載する。動画をダラダラと記録することを避け、テンポのいいショートムービーを作成したいときに役立つだろう。

 基本的な操作性については、これまでを踏襲する。電源を入れると、約0.1秒で素早く起動し、液晶モニタに各種の撮影情報が表示される。AFは9点の測距点から自動または手動で選択ができ、(ファインダー撮影時の)AFスピードは快適なレベル。画像の書き込みについては、JPEG記録であればストレスのいない速度といっていい。

 トータルとしては、液晶をバリアングル化した上で、各種のオート撮影機能の強化したことで、これまで以上の自由度と手軽さを実現したといっていい。弱点は、ライブビューおよび動画撮影の際のAFスピードだ。その点さえ我慢できるなら、トータルバランスに優れたカメラとして幅広いユーザーにおすすめできる。

photo 撮影モード:シーンインテリジェントオート、絞り:F5.6、シャッター速度:1/80秒、感度:ISO320、WB:オート、ピクチャースタイル:オート、レンズ:「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 II」
photo 撮影モード:絞り優先AE、絞り:F1.8、シャッター速度:1/500秒、感度:ISO100、WB:太陽光、ピクチャースタイル:ポートレート、レンズ:「EF50mm F1.8 II」
photo 撮影モード:絞り優先AE、絞り:F3.5、シャッター速度:1/400秒、感度:ISO100、WB:太陽光、ピクチャースタイル:風景、レンズ:「EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM」
photo 撮影モード:マニュアル露出、絞り:F5.6、シャッター速度:1/250秒、感度:ISO200、WB:太陽光、ピクチャースタイル:ポートレート、レンズ:「EF 70-200mm F4L IS USM」
photo 撮影モード:絞り優先AE、絞り:F3.5、シャッター速度:1/160秒、感度:ISO1600、WB:太陽光、ピクチャースタイル:ポートレート、レンズ:「EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM」
photo 撮影モード:絞り優先AE、絞り:F4、シャッター速度:1/25秒、感度:ISO800、WB:オート、ピクチャースタイル:オート、レンズ:「EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM」
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.