ITmedia NEWS >
レビュー
» 2012年03月13日 17時58分 公開

12倍ズームに無線LAN、意欲的な原点回帰――キヤノン「IXY 1」(2/3 ページ)

[荻窪圭,ITmedia]

高機能な無線LAN機能

 IXY 1は最近採用製品が増えてきた、無線LAN機能を搭載している。無線LANを使ってスマートフォンに直接写真を送れるが、それ以外にもパソコンに転送したり、直接ネットサービスの「CANON IMAGE GATEWAY」にアップしたりと機能は多い。

 一番の注目はやはりスマートフォン対応。スマートフォンに無線LANで写真を送れるデジカメは増えてきたが、その中でもIXY 1は一番高機能である(その分、ちょっとややこしい)。

photo 再生画面。左上に電波っぽいアイコンが無線LAN。写真を送るときはこれをタッチする

 使うにはIXY 1にスマートフォンを登録する。

 まずアドホックモードかインフラストラクチャモードかを選択。前者はIXY 1とスマートフォンを1対1で対応させるとき、後者は無線LANアクセスポイントを通して通信を行うとき。モバイルルーターも普及しているが、まずはアドホックモードを選んでみる。

photophoto 再生画面で無線LANアイコンをタップするとカメラ同士の通信、スマートフォンへの送信、パソコンへの送信、Webへのアップロードと4つのアイコンがあらわれる(写真=左)、アドホックモードを選び、指示通りにスマートフォン側のネットワークを設定して機器を登録(写真=右)

 あとは画面に表示されるSSIDとパスワードを使ってスマートフォンからIXY 1にアクセスし、スマートフォン側であらかじめダウンロードしておいたアプリ「Canon Camera Window」を起動し、画面の指示に従って(最初に名前を入力させられたりするが)互いに認識すればOK。最初の手続きは手間だが、一度登録すれば(複数機器を登録できる)、次からは簡単だ。

 写真の転送には、2種類の方法が用意されている。ひとつはカメラ側で送りたい写真を選んで送信。スマートフォン側は受けるだけ。もうひとつは逆にスマートフォン側でカメラ内写真のサムネイルを表示し、欲しい写真を指定する。好きな方を選べばいい。

photo 一度機器を登録すれば、次からは選ぶだけでいいが、スマートフォン側からカメラへの無線LAN接続を行う作業は必要
photo スマートフォン側を受信待機モードにして、カメラから写真を送信する。リサイズをしない(つまりフルサイズでの送信)も可

 IXY 1のいいところは、フルサイズの写真も縮小した写真も選べるし、動画も転送できるという点。たとえば旅行先だとバックアップとしてフルサイズの写真を全部転送しておく、という使い方もできる。

photo スマートフォン側をカメラ内閲覧モードにすると、IXY1内の写真をサムネイル表示し、そこから保存する写真を選ぶことができる。カメラもスマートフォンもどちら側からでも操作できるのがポイント
photo IXY 1からパソコンに無線LANで写真を転送するときは、付属の「CameraWindow DC」を使う。これはカメラ内の写真を無線LANを使って閲覧しているの図

 無線LANについては、他のスマートフォン対応デジカメに比べると手続きがちょっと面倒だけれども、その分高機能。高機能な方がいいのか、時間がなくてもさっと転送できるようなシンプルなものがいいのか。悩ましいところである。

 そんなわけで、IXY 1はデザイン性が高くて、小さいのに高倍率で、撮った写真をその場でスマートフォンやタブレットに送れるし、パソコンへの転送も無線で行える(USBの方が高速だけど)という2012年らしいなかなか面白いモデルだ。「1」という名前を背負わせた気概を感じる。

 ちなみに無線LANでの転送について、3月半ばの時点で対応するスマートフォン/タブレットは、iOS搭載機(iPhoneとiPad)のみ。Android機への対応は4月以降になる。iPad(第3世代)では画面解像度がぐんと高くなるので、デジカメの写真を転送して加工、って作業が楽しくなりそうだ。

 気になったのは、名前。「IXY 1」なんて名前にしたら、次モデルはどうするんだろう。「IXY 1X」とか「IXY 1 markII」とか……まあ余計な心配をしても仕方ないですな。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.