ITmedia NEWS >
レビュー
» 2013年11月25日 19時21分 公開

これ1台で何でもしっかり 全域F2.8の1型センサー搭載機「DSC-RX10」実力診断 (3/4)

[荻窪圭,ITmedia]
photo ワイド端でプレミアムおまかせオート。少しディテールが甘くなっているのは、おそらく自動的にHDRがかかったせいだ 24mm相当 1/125秒 F4 ISO125 プレミアムおまかせオート
photo 同じ位置からテレ端 200mm相当 1/800秒 F5 ISO125 プレミアムおまかせオート
photo さらに同じ位置から夜。絞り優先AEにして-2.3の露出補正をかけ、ホワイトバランスを太陽光に予定してみた。夜に手持ちでテレ端で撮れるってのは何かとすごい 195mm相当 1/60秒 F2.8 -2.3 ISO3200 絞り優先
photo ワイド端で旧東海道沿いの街をスナップ 24mm相当 1/400秒 F2.8 ISO125 絞り優先
photo 今度はテレ端で旧東海道沿いの街をスナップ。ズームレンジがほどよくてよい。望遠側の方が解像感は高いかなという感じ 200mm相当 1/200秒 F2.8 ISO200 プレミアムおまかせオート
photo 望遠で紅葉したモミジを。F2.8で望遠で撮ると背景もいい感じにぼけてくれる。ボケ味もなかなか 184mm相当 1/200秒 F2.8 ISO500 太陽光 絞り優先
photo 絞り優先でテレ端でモミジ。F2.8だと奥行き感をボケで出せて何かとよい 200mm相当 1/250秒 F2.8 -1 ISO800 絞り優先
photo 室内でポートレート。外光とのミックスではあるのだがもうちょっと肌色が出てくれるとうれしいかと 141mm相当 1/160秒 F2.8 ISO250 プレミアムおまかせオート
photo 上の写真と同じ場所で美肌モードをオン。肌がかなり滑らかに処理される 98mm相当 1/100秒 F2.8 ISO200 プレミアムおまかせオート。
photo 顔検出オン&絞り優先でポートレート。顔を検出すると露出を顔に合わせてくれるので、顔が日陰で背景が日なたというケースにいい 87mm相当 1/250秒 F2.8 ISO125 絞り優先

→ソニーストアで「DSC-RX10」をチェックする
24-200mm、ズーム全域F2.8の大口径カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」を搭載した、1.0型大型センサーモデル


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.