ニュース
» 2004年06月29日 19時07分 公開

シスコ、超ハイエンドコアルータ「CRS-1」国内でも発表

シスコシステムズは、通信事業者向けの超ハイエンドルータ「Cisco CRS-1」を国内発表した。分散型のマルチシェルフアーキテクチャを採用し、常時稼動/柔軟なサービス/拡張性を可能にした。

[堀 哲也,ITmedia]

 シスコシステムズは6月29日、通信事業者向けの超ハイエンドルータ「Cisco Carrier Routing System-1」(CRS-1)を国内発表した。分散型のマルチシェルフアーキテクチャを採用し、常時稼動/柔軟なサービス/拡張性を可能にした。

CRS-1 ラインカードシェルフをクラスタ化してマルチシェルフとして拡張できるCRS-1

 シスコが満を持して発表したCRS-1は、大規模キャリアなどのコアに利用される超ハイエンドルータだ。単体でラインカードを16枚搭載し1.2Tbpsを処理。このラインカードシェルフを最大72台クラスタ化することで、単一システムとして92Tbpsを処理する。OC-768c/STM-256cの40Gpbs回線を収容できるWANインタフェースも業界で初めて対応した。「市場に出ている既存のルータのざっと100倍以上の性能を持つ」(米Cisco Systems 上級副社長兼ルーティングテクノロジーグループゼネラルマネジャー、マイク・ボルピ氏)大型ルータだ。

 現在、通信事業者は増え続けるインターネットトラフィックをさばきながら、価格競争の激しいIPサービスを提供し、電話/専用線/フレームリレー/ATMといった既存のサービスを維持しなければならない複雑な事業環境にある。CRS-1はこれまでサービスごとに構築してきたネットワークをIPネットワーク上に統合化でき、通信事業者の抱える課題を克服できるという。

 シスコは、CRS-1開発に4年の歳月を掛けてハードウェア/ソフトウェア双方からこれまでのルータアーキテクチャを見直し、5億ドルの開発費を投じた。同社によれば、「高い拡張性を備えながらシンプルな運用」「高い可用性を備えながら柔軟なサービス提供」「高いパフォーマンスと高度な機能」という理想的なシステムを可能にしたという。ルータでなく“ルーティングシステム”の名を持つのも、既存のルータの概念を超えるためだ。

 「これまでのコアルータは時が経つとエッジで使われるようになっていた。次世代のコアルータとしてこれよりもっと大きなものを作っても意味がない。根本的に違うアプローチに立った」とボルピ氏は話す。

マイク・ボルピ氏 「日本はCRS-1の主要マーケットだ」と米Cisco 上級副社長兼ルーティングテクノロジーグループゼネラルマネジャー、マイク・ボルピ氏

 ハードウェア面では、40Gpbsの処理を行うプログラマブルASIC「Cisco Silicon Packet Processor」(SPP)をラインカードの入出力で1個ずつ搭載。レイヤ3処理エンジンを共通化するアーキテクチャを採用したほか、マルチステージスイッチファブリックにより、拡張性を向上させながらノンブロッキングのフォワーディングを可能にした。

 CRS-1が搭載する新OSの「Cisco IOS-XR」では、マイクロカーネル上でコントロールプレーン/データプレーン/マネジメントプレーンと役割ごとに分け、それぞれで分散処理や最適化できるようにした。機能はモジュール化され、別のサービスに影響を与えず、障害が起きたプロセスだけをリスタートできる。フィールドテストでは「リスタートが早く障害が起こったことにエンジニアが気づかなかった」という。また稼動を停止することなく迅速に新しいサービスを追加できるメリットもある。

 「これまでサービスのアップグレードにPoP全体を止めなければならなかったが、キャリアのビジネスからすれば、サービスを柔軟に稼働中のままアップグレードする必要がある。それもサービスをパッケージ化した形で提供できる」とCisco 副社長兼ルーティングテクノロジーグループ キャリアコアマルチサービスビジネスユニット ジェネラルマネジャートニー・ベイツ氏。

 また、通信事業者内のアグリゲーション/ピアリング/コアなど役割によって分けていたルータも、ロジカルルータ機能により1台のCRS-1に集約できる。これは、キャリアのインターナルで発生していたコスト削減に一役買うことになるという。

 そのほか、マルチシャーシを管理するためのシステムとして、XMLベースのGUIでグラフィカルに管理できる「Craft Works Interface」(CWI)を搭載するなどの特徴を持つ。

 国内では、既に大学共同利用機関法人情報・システム研究機構の国立情報学研究所が次世代学術情報ネットワークの研究にCRS-1を使用することを決めている。

 国内出荷は今年中を予定しており、参考価格は9380万円からとなっている。CRS-1は米国で5月25日に大々的に発表された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -