特集
» 2005年05月26日 04時51分 公開

SOA実現に向けて:ディスカッション:日本におけるSOAの現状と課題 (3/3)

[梅田正隆,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

SOAに関するアンケート

 日本IBMのWebSphereアーキテクトである清水敏正氏は、サンフランシスコで開催されたイベントで収集したアンケート結果を披露した。200社を超える顧客企業からSOAに関する回答を得たものであり、6%がSOAを導入済み、25%がSOAを使って開発中であり年内にカットオーバーすると応え、26%が来年に取り組むことを決定していると回答。

 中期計画には織り込み済みと回答した企業が30%に上ったと報告した。ガートナーの飯島氏は、国内企業のSOA取り組み状況について、10カ月ほど前の調査ではSOAに前向きな企業は数%程度しかなかったが、今年に入って急速に意欲が高まってきていると分析した。

右から、「SOAを意識させないアプローチでいい」という住友信託銀行の渡部氏。「SOAは情報インフラに自然に組み込まれていくだろう」と話す日経コンピュータの田中氏。「情報システムの自由度を高めることが重要」と述べるCIO Magazineの舘野氏、
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ