ニュース
» 2005年09月09日 10時32分 公開

リコー、BI/CPMグローバル標準にCognos ReportNetを採用

リコーは、グローバルの標準的なBI/CPMソリューションとしてコグノスのソフトウェア製品群を採用し、「Cognos ReportNet」を活用した新しいグループ経営管理システム「GB21」を展開していく。

[ITmedia]

 ビジネスインテリジェンス(BI)および企業パフォーマンスマネージメント(CPM)ソリューションのプロバイダーであるコグノスは9月8日、リコーとグローバルな包括契約を締結したことを発表した。リコーは、日本をはじめ世界20カ国におよぶグループ各社で標準的なBI/CPMソリューションとしてコグノスのソフトウェア製品群を採用し、「Cognos ReportNet」を活用した新しいグループ経営管理システム「GB21」を展開していくという。

 リコーグループではこれまで、欧州において、「Cognos PowerPlay」「Cognos ReportNet」「Cognos EnterprisePlanning」などを導入、CPMのコンセプトに沿って経営課題の可視化に取り組んできた。

 また国内でも、経営・管理者層に向けて経営情報のビジュアルな提供を行っているほか、製造現場レベルでは、サプライチェーンマネジメント(SCM)システムにおいて在庫や受発注の情報を可視化し、生産から販売までの業務プロセスをモニターしてきている。

 新しいグループ経営管理システム、GB21の狙いは、こうした経営改革への拠点や部門ごとの取り組みを連携させ、情報をグローバルに有効活用すること。GB21には、「Cognos ReportNet」が採用され、財務やSCMの指標を用いて経営や業務の状態を可視化し、ビジュアルな経営情報として提供していくという。

 GB21は日本発のグローバルな取り組みであり、今後リコーの海外各拠点に展開される予定。Cognos ReportNetの導入は、当初1000ユーザー規模からスタートし、将来的には5000ユーザー規模にまで拡大する見込みという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -