ニュース
» 2005年10月04日 15時39分 公開

朝日新聞社が営業部門の情報活用基盤にCognos ReportNetを採用

朝日新聞社が管理・営業部門における情報活用基盤として「Cognos ReportNet」を採用した。先ごろもリコーがグローバルの標準的なBI/CPMソリューションとして、ReportNetの採用を決めたばかり。

[ITmedia]

 ビジネスインテリジェンス(BI)および企業パフォーマンスマネジメント(CPM)ソリューションのリーダーであるコグノスとアイ・ティ・フロンティアは9月30日、朝日新聞社が管理・営業部門における情報活用基盤として「Cognos ReportNet」を採用したことを明らかにした。部門を横断したデータの検索およびレポーティング環境を構築するのが狙いだという。

 Cognos ReportNetは、膨大なデータからWebブラウザを通して必要な情報をレポートとして取り出すエンタープライズ環境向けの統合レポーティング製品。企業内に分散しているさまざまなデータソースからデータを引き出し、ビジネスで重要な情報を1つのレポート上に表現することができるという。

 先ごろも、リコーが日本をはじめ世界20カ国に及ぶグループ各社で標準的なBI/CPMソリューションとして、Cognos ReportNetの採用を決めたばかりだ。

 朝日新聞社は、全社的な情報基盤の再構築を進める中、管理系および営業系のデータベースを一元化し、その上に柔軟なレポーティングシステムの導入を計画していたが、Web対応による使い勝手の良さ、データ加工の柔軟性、および優れたコスト効率が決め手となり、Cognos ReportNetの採用に踏み切った。ユーザーの規模は1280名に上るという。

 なお、コグノスが今月中旬、都内で開催する「Cognos Performance 2005」では、朝日新聞社による事例セッションも予定されているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -