特集
» 2005年10月24日 07時49分 公開

上手にパートナーを選ぶために:中堅企業のコンサルタント活用法――「先生コンサル」には気をつけろ (6/6)

[神宮司 剛,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

実践コンサルで人を変える、会社を変える

 どんなに練られた計画でも、変革への抵抗にあって失敗に終わるプロジェクトは少なくない。また、首尾良くプロジェクトを遂行できても、変革の圧力が取り除かれたとたんに、元の状態に戻ってしまうこともある。

 結局のところ、人が変わらなければ何も変わらない。逆に、人が変わることで、改革は企業に定着し、そして新たな改革の機会が創発的に見出されるようになるだろう。

 コンサルタントの立場からすると、責任の範囲でプロジェクトを型どおりに終わらせるだけでは物足りないものである。ある程度経験を積むと新しいことに挑戦できる機会も減り、その上慢性的な睡眠不足では、あまりに殺伐としてしまう。その中でも、人との出会いは常に新しく、刺激に満ちている。真の実践コンサルは人に何かを残すことに使命を感じ、動かされているのだ。

 本稿を最後まで読んでいただいた中堅企業のみなさまが、そんな気概のある真の実践コンサルに出会い、前向きな変革に取り組んでいくことを願っている。コンサルタントにやってもらうのでもなく、教えを請うのでもなく、一緒に取り組み、成し遂げる。そこで得られたノウハウや姿勢が仕事を通して社内に伝播する。1人1人が宝であり、かけがえのない中堅企業にとって、社員が変わることはすなわち会社が変わることだ。それは、コンサルタントに委託したプロジェクトの成果以上に価値あることなのだ。

神宮司 剛

ヘッドストロング・ジャパン シニア・コンサルタント。大手システムインテグレーターを経て現職。製造業を中心に、サプライチェーンマネジメント、ITマネジメントなど多様な領域で、業務戦略の立案、オペレーションデザイン、チェンジマネジメントなど、計画から実行まで幅広いコンサルティングを提供。また、プログラムマネジメント、プロジェクトマネジメントの支援企業も多い。筑波大学第三学群経営工学科卒業。

前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -