ニュース
» 2006年01月18日 08時30分 公開

構造改革としての2007年問題:継承するものを定義し外在化するアウトソーシング

ナレッジマネジメント専業ベンダーのリアルコムは、2007年問題対策のための「ベテラン技術継承ソリューション」を提供している。

[ロビンソン,メディアセレクト]

「ITセレクト2.0」 2006年1月号 から転載

リアルコムの「ベテラン技術継承ソリューション」

 ナレッジマネジメント専業ベンダーのリアルコムは、2007年問題対策のための「ベテラン技術継承ソリューション」を提供している。NECや東京三菱銀行、ファイザーなど80社に導入実績を持つ情報共有ソフト「KnowledgeMarket」をベースに、コンサルティングと運用を含めてサポートしているのが特徴だ。

 検討フェーズでは、仮説を立てる方法と、実際に現場でヒアリングする方法を組み合わせて、具体的な方法を洗い出す。その後、パイロット実証フェーズではKnowledgeMarketを利用しスキルのデータベース化を進めつつ、どの人がどんな知識を持っているのかのインタビューや、実際の作業シーンを映像で保存するなどして、それをだれでも見やすい形にコンテンツ化(Web、動画、紙)するアウトソーシングを行う。

 また、「ベテランOBネットワークサービス」では、退職した人材に対するQ&Aや、Web上でスキル情報を検索できるサービスをASPで提供するとともに、OB自身を現場が活用できる人材派遣サービスも用意している。そして、本格展開への移行後を運用への支援体制も用意するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -