ニュース
» 2006年03月02日 12時53分 公開

ORACLE MASTER取得者の活躍機会を拡大――日本オラクルがコミュニティ設立

 日本オラクルは「ORACLE MASTER Platinum」取得者などを対象とした限定コミュニティとして、「Platinum Club」を設立すると発表した。

[ITmedia]

 日本オラクルは3月2日、データベースエンジニアの最上位資格である「ORACLE MASTER Platinum」取得者、ならびに「ORACLE MASTER」資格推進企業の技術者育成にかかわる責任者を対象とした限定コミュニティとして、「Platinum Club」を設立すると発表した。

 ORACLE MASTER Platinumは、日本オラクルのデータベース認定資格「ORACLE MASTER」の最上位資格。世界共通の認定資格「Oracle Certification Program(OCP)」の最高資格「Oracle Certified Master」へも同時認定される。

 現在、認定資格試験が行われている「ORACLE MASTER Platinum Oracle9i Database」または「Oracle9i Database Administrator Certified Master」の有資格者は、全世界で350名。そのうち日本における有資格者数は2月17日現在で145名に及ぶ。

 日本オラクルは今回、Platinum Clubを設立し、オラクルの技術者同士が企業の枠を超えて交流できる場を提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -