特集
» 2006年11月17日 08時00分 公開

Windows Liveが魅せる次世代マッシュアップ:オープンスタンダードは“MS Live”に微笑む? (1/3)

Windows LiveはWindows Vistaと並ぶMSのプラットフォーム。同社はLiveでオンラインサービスの未来を語りだし、具現化を進めている。その狙いと今後について、MSのコメントから考察してみよう。

[三浦優子,ITmedia]

 コンピュータ業界に長らく携わっている人であれば、MSのサービスであれば、.NET Frameworkが関与しているのではないか? などと勘ぐるのではないだろうか。しかし、Windows Liveを中心とするオンラインサービスには、これまでとは異なる“オープンさ”を感じさせる。同社からは、Liveガジェットのサーバサイド環境としては、Linux+Apacheでも問わないといったコメントが聞かれ、IISにこだわったサービス展開ではないことを強調している。

 MSは、真にオープンスタンダードへと協調の理解を示しだしたのだろうか?

 このオンライン・ムックPlus「Windows Liveが魅せる次世代マッシュアップ」は、マイクロソフトがWindows Vistaを機に大々的な展開を行うであろう“Liveプラットフォーム”について考察していくものだ。

 11月は2つの軸で記事展開を行っているが、開発手法に触れる実践的なガジェット作成の連載では、これまでに第1回目でガジェットの概要について、第2回目でガジェットの種類とそれぞれの役割について、そして第4回目で基礎を解説してきた。

 そして、もう1つの軸となるビジネスユーザーも対象とする全3回の記事では、第3回目と今回(第5回目)、そして次回に続くインタビュー記事で、マイクロソフトでWindows Liveにかかわるマネジャーへ同社の意向を聞いた。

 なお、オンライン・ムックPlus「Windows Liveが魅せる次世代マッシュアップ」では、“Liveガジェットのアイデア募集”を行っている。読者から寄せられたアイデアは、本特集上で優秀作やアイデア傾向などを紹介していく予定だ(2006年3月まで募集)。

MSはLiveで変わるのか?

 「プラットフォームベンダーとしての歴史が長いマイクロソフトは、最新のテクノロジーに敏感なキーマンに、ガジェットはどのようなものなのか? その事実を公正に比較評価してほしい」、マイクロソフトのオンラインサービス事業部プロダクトマネージメントグループWindows Liveチーム・シニアマネージャの安藤浩二氏は語る。

 「容易さ」が強調されているガジェット開発だが、実際にはどの程度の技術で開発することができるのだろうか?

 このインタビュー記事前半では(関連記事:「オンラインサービスの未来は“Windowsガジェット”が制す?」)、開発者に対してガジェットの概要を話す同社の狙いを紹介した。今回は、技術的な見解から、ガジェットとはどのようなものなのか? そして、手軽に作ることができるとはいえ、“プログラミング”など自分とは関係ないと考えているビジネスユーザーにも耳を傾けてほしいという同社の狙いを聞いている。

 「容易に作ることができる」と強調されているガジェットだが、実際にはどの程度の技術レベルが必要なのだろうか? 実践的な開発手法は前述のように連載中の記事を参考にしてほしい。より具体的な手法へと話が進んでいる。今後、いっそう実践的なものへと展開する予定だ。

 この記事では、具体的にソースコードを示すわけではなく、作るためには考え方として何が必要なのか、そして現在Webとどのようにかかわっている人が適しているのか、などとについて触れよう。

必要な技術はWebですでにデファクトなものばかり

 安藤氏は、「Javaスクリプト」「XML」「CSS」の3つを理解していれば、ガジェット開発に問題がないことを挙げた。JavaスクリプトとCSSは、現在のWebページ制作の主流となっているものだ。このため、ホームページ作成ソフトを使ったことがある人であれば、この壁をクリアできるだろう。もう1つ気になるであろうものは、XMLだ。

 XMLというと、さまざまな派生の規格が多いためとらえづらい。しかし、ガジェット作成で使われるXMLは、後述するマニフェストファイルで記述する程度の限定的なものだ。利用するフォーマットがある程度決まっているため、「XMLプログラミングができる」といった広範囲のものではない(関連記事)

 いずれの言語や規格も、マイクロソフト固有の技術ではなく、現代のWebでデファクトスタンダードとなっているものばかりである。現代のWeb指向な開発者にとって、特に高い敷居ではないことが分かる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -