ニュース
» 2007年11月29日 18時26分 公開

KDDIとパナソニック コミュニケーションズ、企業向け内線サービスで協業

KDDIとパナソニック コミュニケーションズは、au/無線LAN対応携帯電話を利用した企業向け内線サービスで協業する。

[ITmedia]

 KDDIとパナソニック コミュニケーションズ(PCC)は11月29日、KDDIのau/無線LAN対応携帯電話「E02SA」を利用した企業向け内線サービスで協業すると発表した。

 協業では、PCCのIP-PBX「IP-Digaport J II/X II」にE02SAを収容できるようにする。これにより、E02SAを社内の無線LAN網では内線電話端末として、社外ではau携帯電話として使用できる。PCCは2007年度中にE02SA対応のIP-PBXを出荷する予定。

 KDDIは、au携帯電話/無線LANを利用する企業向け内線サービス「OFFICE FREEDOM」のメニューにPCCのシステムを追加する。

関連キーワード

KDDI | 無線LAN | au | E02SA | 松下電器産業 | IP電話


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -