ニュース
» 2008年06月30日 05時29分 公開

ビル・ゲイツ、去る――1つの時代に幕(7/7 ページ)

[Stan Gibson,eWEEK]
eWEEK
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

未来へ続く道

 ゲイツ氏が去った企業は、こうした人もうらやむ効率的なエコシステムを有している。技術に関する才能とマーケット支配力のバランスが、前代未聞といっていいほど完璧に取れている企業だ。

 とはいえ、すでに十二分に大規模化しても、なお成長の道を新たに模索しなければならないのが会社というものである。最近ではYahooの買収を試みるなど、GoogleをはじめとするWeb 2.0界のテクノロジーリーダーにも戦いを挑んでいるが、現時点ではまだ結果を出せていない。「Windows 7」と呼ぶ次期版の開発を見据えつつ、出だしからいまひとつ振るわない「Windows Vista」をもり立てて、OSプラットフォーム分野における覇権を守るという使命もある。

 だが、ゲイツ氏の盟友であり後継者であるCEOのバルマー氏が、長年付き従ってきた兄貴分から何かを学び取っているならば、どれほど勝ち目がないと思われてもリスクを厭わず賭に出て、最後にはきっと目的を達するに違いない。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

ビル・ゲイツ | Oslo | Microsoft Surface | Windows | IBM | Web2.0 | CEO | 人材


前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ