ニュース
» 2019年09月03日 07時00分 公開

ガートナー、「先進テクノロジーのハイプ・サイクル:2019年」を発表:「5G」「バイオチップ」が“期待のピーク”に 「デジタルエコシステム」や「高度なアナリティクス」がビジネスの鍵

ガートナーの2019年版「ハイプ・サイクル」によると、地球全体のカバレッジを目指す「低軌道衛星システム」や「5G」、完全自動運転の「自律走行(レベル5)」、身体能力を拡張する「バイオチップ」などが、注目度の高い「過度な期待」の時期に挙がった。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパンは2019年8月30日、米Gartnerが2019年8月29日(現地時間)に公開した「先進テクノロジーのハイプ・サイクル:2019年」を発表した。

Photo 「先進テクノロジーのハイプ・サイクル:2019年」(出典:ガートナー、2019年8月)

 ガートナーのパイプ・サイクルは、テクノロジーの普及度や市場の成熟過程を「黎明(れいめい)期」「『過度な期待』のピーク期」「幻滅期」「啓蒙(けいもう)活動期」「生産性の安定期」の5段階で示したもの。

 「先進テクノロジーのハイプ・サイクル」の2019年版では、2000以上のテクノロジーを分析した上で、今後5〜10年に渡ってビジネスや社会に大きな影響を与える可能性が高い29の先進テクノロジーに注目して、パイプ・サイクル上に配置するとともに、ITリーダーが押さえておくべき、5つの主要トレンドに分類してまとめている。

 なお、2019年版では、従来の方針を見直し、過去のハイプ・サイクルで取り上げていなかった最新テクノロジーを紹介することに注力したという。そのため、2018年版で取り上げたテクノロジーのほとんどが2019年版では除外されているが、それらのテクノロジーが引き続き重要であることに変わりないとしている(2018年版参考記事)。

2019年、5つの先進テクノロジートレンドとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -