ニュース
» 2020年03月12日 10時00分 公開

新型コロナウイルスの影響に備え、CIOに必要な“3つのアクション”とは――ガートナー

ガートナーは、新型コロナウイルスの影響による事業の停滞・中断に備えて、CIOが注力すべき3つのアクションを発表した。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナーは2020年3月11日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴い、事業の停滞や中断に対する企業のレジリエンス(回復力)を高め、立て直しと成長に備えるために、CIO(最高情報責任者)は3つのアクションに直ちに注力すべきとの提言を発表した。

 ガートナーによると、顧客と従業員を支援し、オペレーションの継続性を確保するために、CIOは以下の3つのアクションに直ちに注力すべきだという。

従業員同士のコミュニケーションを安全にサポートする

 1つ目のアクションは「セキュリティコントロールとネットワークサポートを備えたデジタルコラボレーションツールを導入する」ことだ。

 国、地域、組織単位で多様な検疫対策や移動制限が実施される中、ビジネスオペレーションの一時停止や抑制が起こり、見通しの不透明感や混乱が広がっている。

 リモートワークの体制を確立していない企業のCIOは、暫定的に当面の解決策を講じる必要がある。その一環として、全般的なコミュニケーション用のインスタントメッセージング、ファイル共有/会議ソリューション、エンタプライズアプリケーション(ERPやCRMなど)へのアクセスといったユースケースの要件を特定するとともに、セキュリティ対策全体を見直してアプリケーションとデータへの安全なアクセスを確保する必要がある。

 また企業は、人員不足に対応して、基本的なオペレーションの維持に取り組む必要もある。その際、CIOとビジネスリーダーが連携すれば、ミッションクリティカルなサービス領域を特定するなど、リスク評価と人材ギャップの解消に向けたワークフォースプランニング(人員配置計画)の実施が可能になる。例えば、CIOは、候補者の選定や顧客サービスといったタスクを自動化するために、人工知能(AI)などのデジタルテクノロジーをどのように活用するかを支援できる。

顧客やパートナーへの営業、小売店の場合は販売網をどう維持する?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ