ニュース
» 2020年05月20日 07時00分 公開

働き方改革を本気で進めた企業が、知らないうちに「ゼロトラスト」を実現して得た気付き

セキュリティを確保しながらどのように働き方改革を実現するのか。模索した結果、自然と「ゼロトラストセキュリティ」にたどり着いたNTT Com。その道のりを同社情報セキュリティ部長の小山 覚氏が紹介した。

[高橋睦美,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対策として、テレワークが急激に広がる一方、課題になるのがセキュリティ対策だ。いち早く働き方改革に取り組み、テレワークを実施してきたNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、どのような対策を講じてきたのか。

「Microsoft Security Forum 2020〜変化に備える、2020年のセキュリティ対策〜」に登壇したNTT Comの小山 覚氏(画像提供:日本マイクロソフト)

 日本マイクロソフトがオンライン形式で2020年3月12日に開催した「Microsoft Security Forum 2020〜変化に備える、2020年のセキュリティ対策〜」では、NTT Comで情報セキュリティ部長を務める小山 覚氏が「働き方改革とセキュリティを両立させるゼロトラストとは」と題し、自社の取り組みを紹介した。

 NTT Comのセキュリティを担当する立場として、小山氏が考えたポイントは3つあったそうだ。1つ目は、働き方改革に取り組み、デジタルトランスフォーメーションDXを進める中で支えるセキュリティ。2つ目は、高度なサイバー攻撃に備えるためのセキュリティ。そして3つ目は、クラウド化を推進するためのセキュリティだ。

 こうした観点を踏まえ、「働き方改革とセキュリティをどのように両立させようかと考えていったら、自然と『ゼロトラストセキュリティ』に近づいていった」(小山氏)という。

「PCを持ち出して仕事をする文化がなかった」状態から始まった働き方改革

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ