ニュース
» 2020年08月18日 13時20分 公開

三井物産流通HDとNTT Com、ブロックチェーンやIoTを活用した「サプライチェーンDX」の共同実証で合意

三井物産流通ホールディングスとNTTコミュニケーションズは、NTTのブロックチェーン技術とRFIDなどのIoTを活用した「サプライチェーンDX」の共同実験を実施する。商品やモノの流れを管理する「サプライチェーン情報基盤」を構築し、サプライチェーンの全体最適化や課題解決を目指す。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 三井物産流通ホールディングス(以下、三井物産流通HD)とNTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は2020年8月17日、ブロックチェーンとIoT(Internet of Things)技術を活用した「サプライチェーンDX(デジタルトランスフォーメーション)」に関する実証実験を2020年秋から共同で実施すると発表した。

 ブロックチェーンとIoT技術を用いて商品やモノの流れを管理する「サプライチェーン情報基盤」と、企業間取引をデジタル化する「コネクティッドバリューチェーンを実現する基盤」との連携により、サプライチェーンの全体最適化や課題解決を目指す。

Photo サプライチェーンDXの概要

サプライチェーンDXを実現する仕組みとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ