ニュース
» 2021年04月05日 14時00分 公開

日本IBMが「ちばぎんビジネスポータル」の開発を支援、TSUBASA FinTech共通基盤を活用

日本IBMは、千葉銀行が提供する法人向けデジタルサービス「ちばぎんビジネスポータル」の開発を支援した。T&Iイノベーションセンターが開発・運用するデジタルサービスプラットフォーム「TSUBASA FinTech共通基盤」を活用した。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本IBMは2021年4月2日、千葉銀行が提供する法人向けデジタルサービス「ちばぎんビジネスポータル」の開発を支援したと発表した。

 ちばぎんビジネスポータルは、千葉銀行の第14次中期経営計画の一環として、法人や個人事業主の顧客に対して2021年4月1日に提供を開始した新たなデジタルチャネルだ。T&Iイノベーションセンターが開発、運用するデジタルサービスプラットフォーム「TSUBASA FinTech共通基盤」を活用している。同共通基盤はAPIを公開し、FinTech企業が同一の仕様で接続できるようにしている。

 千葉銀行は、ちばぎんビジネスポータルの開設により、法人領域でのデジタルトランスフォーメーション(DX)をさらに推進するとしている。

TSUBASA FinTech共通基盤を活用したちばぎんビジネスポータルのイメージ(出典:日本IBM)

ポータルにも活用 IBMが目指す金融向け基盤の形は

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ