Digital Business +Design
ニュース
» 2021年10月13日 20時30分 公開

オフラインのエッジで動くGoogle Cloudも Google Distributed Cloudはいつから使える?

Googleが「Google Distributed Cloud」を発表した。オフラインで動作するGoogle Cloudの登場でクラウドーエッジ構成だけでなく、オフラインのローカル環境もGoogle Cloudで構成できるようになる。

[後藤大地,有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Googleは2021年10月12日(現地時間)、包括的なクラウドサービス「Google Distributed Cloud」と新しいポートフォリオについて発表した。

 従来のパブリッククラウドサービス「Google Cloud」をエッジや高い機密性を実現できるプライベートクラウドでも利用できるよう拡張し、企業が求めるさまざまな「クラウド」に応えるとしている。

Google Distributed Cloudを発表するGoogleのブログ記事(出典: Google Cloud BlogのWebページ)

Google Distributed Cloudの中身とリリース時期は

 企業情報システムのクラウドシフトが進み、多くの業界においてIT活用が必須となる中で本来の業務に集中し、ITインフラ管理などの手間を軽減するにはクラウドの活用は欠かせない。

 しかし、従来のクラウドサービスだけでは業界の全てのニーズを満たすことはできない。企業によっては次のような条件を必須としているものがあり、これに対しては従来のパブリッククラウドでは対応できないからだ。

  • 業界および国や地域特有の法令順守
  • データを特定の国や地域に保有する必要性やデータ主権のニーズ
  • 低レイテンシやローカルでのデータ処理のニーズ
  • 他のサービスの近くで動作させる必要性へのニーズ

 Googleは、こうしたニーズに対応するためにクラウドサービスの拡充に取り組み、Google Distributed Cloudとして展開する。このGoogle Distributed Cloudの最初のリリースが「Google Distributed Cloud Edge」と「Google Distributed Cloud Hosted」だ

 「Google Distributed Cloud Edge」は5Gコアと無線アクセスネットワークの機能をエッジで実行し、Google Cloudのインフラストラクチャとサービスと接続する「クラウド-エッジ構成」をGoogle Cloud環境で一元化する。5Gなどの通信環境を組み合わせて提供するため、エッジでのデータ処理や応答速度が求められるサービスのワークロードの実行環境として有効だ。

 もう1つの「Google Distributed Cloud Hosted」はクラウドに一切接続することなくローカルで運用できる。Googleは2022年前半にプレビュー版の提供を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Business +Design

注目のテーマ