ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「メールマーケティングの最前線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メールマーケティングの最前線」に関する情報が集まったページです。

【連載】メールマーケティングの最前線:
第6回 「メールマーケティング」という取り組みの意味を考える
メールマーケティングを単に「メールによる販促」という観点で捉えるのではなく、そこからの拡がりをイメージして取り組むことが大変重要です。広義に捉えれば、メールマーケティングは、CRMや顧客中心の考え方に基づいたアプローチです。仮に手段が変わったとしても、そこで得た考え方やノウハウはある程度継続して有効に働くでしょう。(2013/4/24)

【連載】メールマーケティングの最前線:
第5回 キャンペーンマネジメントシステムの3つの用途
果たして自分たちはキャンペーンマネジメントシステムの導入を検討すべきなのかどうか? 当然のことながら、どんな場合にもキャンペーンマネジメントシステムが適しているというわけではありません。そこで、その疑問を少し解消いただけるように、今回はキャンペーンマネジメントシステムの用途についていくつか取り上げてみたいと思います。(2013/3/27)

【連載】メールマーケティングの最前線:
第4回 キャンペーンマネジメント――メールマーケティングのレベルを上げる
顧客の新規獲得がかつてほど容易ではなくなった現在、既存顧客からの売り上げ増を図るため、メールマーケティングにおけるキャンペーンマネジメントが改めて見直されている。それは、メールマーケティングの“レベルを上げる”考え方である。(2013/1/25)

【連載】メールマーケティングの最前線:
第3回 メールマーケティングと「ターゲティング」、実装のコツは短いサイクルで実践→検証→修正
メールマーケティングの進化を考える時、重要でありながら多くの企業がなかなか実践しきれていないテーマに「ターゲティング」があります。今回は、メールマーケティングに「ターゲティング」を実装する際の課題と解決策を考えます。(2012/12/20)

【連載】メールマーケティングの最前線:
第2回 メールマーケティングの課題――メールをきちんと届けるのは難しい
メールマーケティングを行う前提としてまずは解決しておかなければならない問題がある。「到達性の問題」と「デバイス多様化の問題」である。(2012/11/12)

【連載】メールマーケティングの最前線:
第1回 最新国内メールマーケティング事情
メルマガからメールマーケティングへ――。企業におけるメール活用のトレンドは、単なる情報提供からダイレクトマーケティングへの展開へと進化しつつある。メールマーケティングを巡る最新動向をエイケア・システムズの北村伊弘氏がシャープにまとめる。(2012/10/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。