ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「安室奈美恵」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安室奈美恵」に関する情報が集まったページです。

もはや解読できねえ! 益若つばさ、“ギャル文字”で小麦肌の時代を回想 「前略プロフでの自己紹介」に沸き立つファンも
時間が戻ったかと。(2021/1/29)

「この飛行機に乗りたい!」 ゆきぽよ、ミニスカ&ニーハイの“近未来CA”姿に搭乗希望者が殺到
近未来まで待てません!(2020/12/13)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
韓国アイドル”BTS”株乱高下、芸能界の株式上場が世界的に珍しいワケ
著名KPOPグループの「BTS(防弾少年団)」が所属する「ビッグヒットエンターテインメント」が10月15日、KOSDAQ(韓国証券市場)に上場した。実は、ビッグヒット社のような数千億円規模の芸能プロダクションが上場する例は世界的に見ても稀であり、日本においてもこれは例外ではない。芸能プロダクションはなんらか株式公開をしない普遍的な理由があると考えられる。それは一体なぜなのだろうか。(2020/10/23)

「え? 何その髪型」「かわええやん」 平愛梨、ツインテールを思い出す 妹・祐奈と夫・長友の反応が対照的すぎる
ツインテは正義だよ?(2020/8/5)

巣ごもりが続く連休に楽しめる「コミック」「映像」「音楽」の無料コンテンツ
新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、外出自粛が要請されている。その間、自宅で楽しく過ごせるように、多くの企業が一部のサービスを無料で提供している。今回は「コミック」「映像」「音楽」での無料コンテンツやサービスを紹介しよう。(2020/5/1)

新型コロナで苦しむ飲食店を救えるか 食事代の先払いサービスを生んだ音楽プロデューサーの思い
食事代をネット上で先払いすることで、新型コロナウイルスの影響で売上減が続く飲食店を応援できる「さきめし」。福岡県に本社を置くベンチャーGigiが3月にそんなサービスを始めた。同社の代表取締役を務めるのは、安室奈美恵さんの「HERO」の作詞・作曲・編曲を手掛けた音楽プロデューサーの今井了介さん。今井さんに開発の経緯を聞いた。(2020/4/7)

平均年齢18歳、ハモネプ準優勝の「ハイスクール・バンバン」が歌うAAAアカペラカバーに反響 「出だしから最高すぎて」
心が震える。(2020/3/4)

「安室ちゃんみたい!」「最高に可愛い」 二階堂ふみ、安室奈美恵さんそっくりの“平成のギャル”姿がチョベリグ
二階堂さん「平成のギャルファッションには心が踊りました」。(2019/12/1)

男女2人で布団のあるところに行きたいな……「ハイスコアガールII」18話 小春、捨て身の攻めに出る
アーマー脱衣でのフィニッシュは、そう簡単には決まらない。(2019/11/9)

「横浜流星さんに似てる」「ジャニーズ顔っ!!!」 ゆしんの10年前“パスポート写真”に反響、細眉パーマのイケメンショット
イケメンからキレイなお姉さんに。(2019/11/1)

「世界遺産みが深み」 kemio&青山テルマの旅番組がYouTubeで公開、“カオスさ”の裏側を聞いてみた
kemio「楽しんで見て頂けたら幸(さち)です!」(2019/7/12)

スピン経済の歩き方:
「闇営業」の原因は、日本の芸能ビジネスの「中抜き構造」にある
ワイドショーなどで連日のように、芸人の「闇営業」問題を取り上げている。「最初に発覚したときにうそをついたことがいけなかった」などとコメントしている人が多いが、問題の本質はそこにあるのか。筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしていて……。(2019/7/2)

ハモネプ準優勝の超新星、平均年齢17歳のグループが話題に 「これぞハモネプ」「才能の塊!」と反響
青春感が最高だった。(2019/6/29)

ビジネス戦略にも通じる歌姫の“大転換”:
安室奈美恵がJ-POPの女王になれた秘密――「売れたモノこそ実は先鋭的である」
平成を代表するJ-POPの女王、安室奈美恵。もともとは「ギャルのカリスマ」だった。その「大転換」の秘密に迫る。(2019/6/26)

来たる新時代、調査会社がアンケート:
次の令和30年、半数の人が「特に期待することはない」と回答 若者ほどドライ?
調査会社が新年号到来を機にアンケートしたところ、次の令和30年に半数の人が「特に期待することはない」と回答した。若者ほどよりドライな傾向に。(2019/4/28)

「MAX」LINA、ライザップで6.5キロの減量に成功 「42歳、年齢は関係ない」13年ぶりの水着姿も
「20年前の自分よりもパワーUPした」とLINAさん。(2019/4/22)

広告看板にタマちゃん、横断歩道に金さん銀さん 交差点に“平成”を凝縮したイラスト、Twitterで感動呼ぶ
ファストフード店の窓から見下ろす人通りに、(2019/4/6)

イノベーター列伝:
「最高のギフトを贈りたい」 パーティースタイリストという新領域を開拓――Tokyo Flamingo 久林紘子氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2019/2/14)

「マーリンPU」、臆測・誤解・期待でTwitterトレンド1位に
ピックアップされていないのにトレンド1位になったマーリン。(2018/12/19)

「安室ちゃんそっくり!」「世界一かわいい」 二階堂ふみ、90年代風の“ギャル姿”がさすがのカリスマ感
変幻自在なおふみちゃん。(2018/12/19)

選択肢豊富な「ストリーミング音楽」 どんなサービスがある?
携帯電話の通信速度が向上するにつれて、ストリーミング音楽配信サービスが充実してきた。この記事では、筆者独自のレビューポイントを交えつつ、主なサービスを紹介していく。【訂正】(2018/12/12)

2位以下の漢字は:
2018年版「今年の漢字」は「災」に決定 その理由は?
2018年の「今年の漢字」は「災」に決定。19万3214票の応募の中で最多となる2万858票(10.8%)を獲得した。その理由は……?(2018/12/12)

男性はスポーツ、女性は芸能:
アンケートで選ぶ18年版「重大ニュース」ランキング 2位はゴーン会長逮捕、1位は……
調査会社マクロミルは12月6日、2018年の重大ニュースに関する調査結果を発表。2位は「日産自動車カルロス・ゴーン会長逮捕。報酬約50億円過少申告の疑い」だった。1位は……(2018/12/6)

Tik Tokの影響大?:
18年版「インスタ流行語大賞20ワード」発表 「なんちゃってダンス」「アム活」などが入賞
2018年にインスタ上で流行ったワードは? 流行先取りメディア「Petrel」を運営するパスチャーはこのほど、Instagramで若者を中心に「#(ハッシュタグ)」と共に使用された流行語を発表。(2018/11/12)

奇跡のコラボ実現! 小室哲哉×TUBE前田亘輝の「I LOVE YOU」セッションに鳥肌が止まらない
選曲は尾崎豊さんの「I LOVE YOU」。(2018/11/12)

メルカリの本・CD・ゲーム専用アプリ「メルカリ カウル」、一本化のため終了 取引数は前年比170%と成長
「エンタメ・ホビー」カテゴリに特化したメルカリの姉妹アプリ。(2018/11/2)

最も支出を生み出したのは3年連続「嵐」:
「君の名は。」がロングセールス 消費行動を喚起するコンテンツは?
博報堂DYパートナーズと博報堂による「コンテンツビジネスラボ」は10月25日、2018年版「コンテンツファン消費行動調査」の結果を発表。コンテンツの周辺情報や小ネタなどの付帯情報(Feed)をSNSなどで効果的に拡散できたコンテンツがランキング上位に目立つ結果となったという。(2018/10/25)

スピン経済の歩き方:
16歳のアイドルを自殺に追い込む、「夢を食うおじさん」の罪
16歳の農業アイドルが自殺した。所属事務所のブラックぶりが明らかになりつつあるが、筆者の窪田氏は「事務所に注目が集まってしまうと、少女を死に追いやった『真犯人』を逃がしてしまうかもしれない」と危惧する。どういう意味かというと……。(2018/10/16)

“安室効果”で音楽ビデオ生産急増 8月は去年の5倍
8月のレコード生産実績で、DVDやBlu-ray Discを含む「音楽ビデオ」が大きく伸びた。安室奈美恵さんのライブ映像作品がけん引した。(2018/9/26)

安室奈美恵さんへの感謝を込めて ファンが描いた超絶テクニックのチョコレートアートに「すごいものを見てしまった」「アムロスが癒された」の声
ぜひ本人にも届いて欲しい……!(2018/9/19)

「ゲロマブな存在」 平野ノラ、青春ささげた安室奈美恵の“舘ひろしポーズ”に感無量
元アムラーにとってこれはマンモスうれPやつ。(2018/9/18)

“SUPER MONKEY’S”が始まりだった MAX、メンバー全員で安室奈美恵へ感謝とエールを送る
安室さんとMAXの4人で1つのグループを組んでいました。(2018/9/17)

「マキシマム ザ ホルモン」活動休止の理由は、ダイスケはんの“椎間板ヘルニア” 9月18日には“デス声&ヘドバン自粛”の新曲を発表
ただでは転ばないホルモン。(2018/9/17)

「本当に本当にありがとうございました」 イモトアヤコ、短くも愛あふれるコメントで安室奈美恵に感謝伝える
そんな姿に心打たれるファンも。(2018/9/17)

「背中を追いかけて沖縄から出て来ました」 知念里奈、偉大な先輩・安室奈美恵へ感謝のメッセージ
偉大な先輩への思い。(2018/9/16)

「ありがとうの言葉しか出ません」 高橋真麻、“大ファン”安室奈美恵の楽曲を大熱唱 アムラー時代の思い出も明かす
全身全霊で歌ってる。(2018/9/16)

「どうか届きますように」 安室奈美恵のファン4846人、新聞広告で4面にわたってメッセージを掲載
全面広告の中には隠れメッセージも。(2018/9/16)

「平成の歌姫」の生きざま:
なぜ安室奈美恵は私たちの心を揺さぶり続けるのか?
歌手の安室奈美恵さんが引退する。メジャーデビューから26年、「平成の歌姫」と呼ばれた彼女は、全力で歌い、踊り続け、多くの人たちから愛されてきた。引退を目前に控えて、今再び安室フィーバーが起きている。安室さんの何がここまで私たちを引き付けてやまないのだろうか。(2018/9/15)

セブン-イレブンのクリスマスケーキが早くも登場 定番もブラックサンダーもモンブランも
ローストビーフやシャンパンも。(2018/9/14)

安室奈美恵、マスコミの“過激取材”に自粛を懇願 「家族の自宅に押しかけたり」「姪っ子は待ち伏せされ」
笑顔で送り出したい。(2018/9/11)

TGC2018A/W:
瑛茉ジャスミンのへそ出しくびれにため息……!  河北麻友子から香里奈までTGCランウェイ一気見(前編)
【画像】260枚で一気に振り返ります。(2018/9/10)

「2人の涙でこっちも涙」 安室奈美恵に思いを伝えたイモトアヤコ、深い愛に号泣するファンも
思わずもらい泣きしてしまった。(2018/7/30)

「NOKIZAL」決算ピックアップ(番外編):
「Fate/Grand Order」のガチャは、なぜ“よく回る”のか? マスターの1人として考えてみた
「Fate/Grand Order」(FGO)というスマートフォンゲームが、開発元のディライトワークス、発売元のアニプレックスに莫大な利益をもたらしています。FGOでは、希少なキャラクターを入手するために有料ガチャを利用する必要がありますが、それは他のスマホゲームでも同じはず。なぜ、FGOのガチャは多くのプレイヤーを魅了しているのでしょうか。(2018/7/14)

「パッと見、本人かと」 ものまねタレントみかん、「Missデビル」菜々緒メイクで悪魔的美女に変身する
しっかり特徴とらえてる。(2018/6/17)

「感謝しかない」 安室奈美恵のツアーファイナルに長谷川京子、ヨンア、木下優樹菜ら芸能界のアムラー大集合!
「感謝しかない 奈美恵様の生き方に 本当に感謝しか」(2018/6/4)

「本当に大好きになって良かった」 イモト、ラストツアーを終えた安室奈美恵へ愛を語る
芸能界きってのアムラー。(2018/6/4)

これからのAIの話をしよう(言語編・後編):
AIコピーライターの衝撃 広告代理店は今後どうなる?
人工知能はセミプロクリエイターを駆逐するか? AIコピーライター開発者と雑誌編集者による、「言葉」をめぐる異色対談。(2018/6/4)

「安室ちゃんヘアも似合いすぎ!」 佐田真由美、安室奈美恵ラストツアーに超ミニスカボディコンで参戦する
全力で楽しむスタイル好き。(2018/6/3)

故郷を語る:
安室ちゃん涙「25年やってきてよかった」 沖縄県民栄誉賞
歌手の安室奈美恵さんが沖縄県民栄誉賞を受賞。表彰式では涙を拭う場面もあり、引退までの間、「一生懸命活動していこうと思う」とファンに約束した。(2018/5/25)

90周年を機に変わったロングセラー:
「キリンレモン」に学ぶ、成功するリニューアルの鉄則
90周年を迎えたロングセラー炭酸飲料「キリンレモン」のリニューアルが好調だ。リニューアルを手掛けたキリンビバレッジの女性マーケターに、「成功するリニューアルに欠かせないもの」を聞いた。(2018/5/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。