ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アナザーコード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アナザーコード」に関する情報が集まったページです。

公式二次創作の時代へ ニコニコ動画で利用できる任天堂タイトルが発表 
もはやグレーではない!(2014/12/1)

「アナザーコード:R 記憶の扉」レビュー:
シナリオと謎解きで魅せる“良質な文学”
ニンテンドーDSの初期に発売され、ハードの機能を駆使した謎解きが好評を博した「アナザーコード 2つの記憶」。その続編がWiiで登場。成長したヒロイン・アシュレイの笑顔に会える。果たして母の死の真相は?(2009/2/24)

今明かされる、母の死の真実――「アナザーコード:R 記憶の扉」
物語の舞台は静かな湖畔。ここで主人公アシュレイの幼い頃の記憶が次々によみがえり、謎がひもとかれていく。母の死に隠されていた真実とは?(2009/1/8)

「アナザーコード:R 記憶の扉」発売延期に
(2008/12/26)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
ソフトラインアップ一挙公開――Wii編(その2)
「任天堂カンファレンス 2008.秋」において発表された、Wiiの新作タイトル最新スクリーンショットを公開する。こちらは任天堂タイトルを中心にまとめてみた。(2008/10/3)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
DSは1人1台の時代へ、Wiiはラインアップの充実を――新型DS「ニンテンドーDSi」を発表
任天堂は10月2日、「任天堂カンファレンス 2008.秋」を開催し、カメラ機能やオーディオプレイヤー機能などを追加した「ニンテンドーDSi」を発表。DSが1人に1台普及し、マイDSとするための施策が語られた。(2008/10/2)

「ウィッシュルーム 天使の記憶」レビュー:
元刑事カイル・ハイドの過去と現在を紡ぐ物語
ロサンゼルス郊外にたたずむ赤レンガのホテル・ダスク。ここには泊まると願いが叶うと噂される部屋がある。元刑事のセールスマン、カイル・ハイドはこのホテルで奇妙な一夜を過ごす……。個性的なイラストに目が釘付けになるミステリーアドベンチャー「ウィッシュルーム 天使の記憶」。その抜群のセンスに、酔いしれてしまう。(2007/2/13)

小説を読み解くように、謎をひもとく――「ウィッシュルーム 天使の記憶」
先日の「Nintendo World 2006 Wii体験会」でもプレイアブルが展示されていた「ウィッシュルーム 天使の記憶」。「アナザーコード 2つの記憶」に続く、シング制作によるニンテンドーDS向けアドベンチャーゲームだ。(2006/12/13)

米国でニンテンドーDS値下げ
「Nintendogs」の米国発売に合わせ、任天堂はDSの米国での価格を20ドル下げる。(2005/8/17)

こんなところでアシュレイに再会――「TRACE MEMORY」
(2005/5/20)

NDS「アナザーコード 2つの記憶」2月24日に発売
ニンテンドーDS向けソフト、新感覚の本格推理アドベンチャー「アナザーコード 2つの記憶」が2月24日に発売される。タッチスクリーンやマイク入力、2画面を駆使して謎解きを行う新感覚のアドベンチャーとして注目のタイトルだ。(2005/1/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。