ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「単身赴任」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「単身赴任」に関する情報が集まったページです。

夜、布団で寝ていると何者かに肩を叩かれて…… 怖いけど「あるある」なママと5歳娘のハプニングを描いた漫画にゾクっとする
分かっていても怖い。(2021/9/8)

「地方の家族と同居したい」と引っ越すテレワーク社員 出勤時の新幹線代は「出張扱い」になる?
「遠方の配偶者と同居したい」と新幹線通勤を希望する社員がいます。通勤は月に1〜2回ほどですが、移動費用は「通勤手当扱い」と「出張扱い」、どちらにすべきでしょうか?(2021/8/31)

甘えん坊な猫、ヘソ天で飼い主を誘うが……? 不審な物音にひとりボケ&ツッコミをする猫の漫画が面白い
怪奇現象じゃなかった。(2021/8/2)

70歳の働く場:
定年後に「新天地」で挑戦する高齢者 中小企業の支援で新たな生きがい見つける
高年齢者雇用安定法が改正されて、企業は4月から70歳までの社員の就業機会を確保するよう努力しなければならなくなった。企業にとっては継続雇用と定年延長・廃止に加え、個人事業主として業務委託契約を結ぶなどの対応を迫られている。企業の「お荷物」にならない「70歳の働く場」を考えてみた。(2021/7/28)

夫が望んだ移住、不安を抱えた妻が「ちゃんと話しようよ!」と向き合うと…… ある一家が埼玉から京都へ移住する決断を描いた漫画がじんわり温かい
埼玉県から京都府の海の近くに移住しました。(2021/7/1)

9月:
カルビー、本社オフィスを半減 個人ワークや報告型会議は“リモート前提”
(2021/6/27)

小売・流通アナリストの視点:
「打倒ヤマダ」のヒントは復調中のブックオフにあり? リユース(中古品売買)業界が生き残るヒント
ヤマダデンキがアウトレット部門へ注力し始める。迎え撃つリユース業界は、コロナ禍でも比較的好調で推移している。中でも、生き残るヒントはブックオフにあるかもしれない。(2021/6/24)

COVID-19:
コロナ禍でLIXILの活路となったショールームデジタル化「1.4万組がオンラインで高い満足度」
LIXILは、コロナ禍で全国のショールームで対面接客を停止したことに伴い、オンライン上で新たなサービスを展開している。ヴァーチャルショールームや商材の3DモデルをZoomを介して顧客に提案し、これまでに累計1万4000組が利用して高い顧客満足度と同時に、従業員の働き方改革ももたらされたという。(2021/5/28)

家族との別居解消にも:
通勤圏外でリモート勤務、三菱電機が導入 転勤・単身赴任しないでOK
三菱電機は、勤務する事業所の通勤圏外に居住し、リモートワークを中心とした業務を行う「遠隔勤務制度」のトライアル導入を始める。家族との別居解消や育児・介護への参画など、ライフスタイルに応じた働き方を実現するねらい。(2021/5/20)

MVNOに聞く:
なぜ10GBまで1GB刻みに? 「イオンモバイル」新料金プランの狙いを聞く
4月1日に料金プランを改定したイオンモバイルは、値下げするのと同時に、10GBまでのデータ容量を1GB刻みにした「さいてきプラン」を導入。値下げの反響は大きかったというイオンモバイルだが、1GB刻みのデータ容量を、本当にユーザーが選べるのか。そこには、データの繰り越しと、プラン変更のしやすさが関係していた。(2021/5/11)

総務のための「オフィス」再考:
シェアオフィス、コワーケーション……「第3の働く場」賢い選び方
今回はオフィスから離れて、在宅でもない、サードプレース(第3の働く場)について、昨今の市場も考慮した、自社に適した賢い選び方、契約の仕方をご紹介します。(2021/5/11)

五郎丸歩選手、現役引退へのいきさつを告白「半端な数で終わりたくありませんでした」 引退後のコーチ業は否定
五郎丸選手「35歳(で引退)かなとぼんやりありました」【訂正】(2021/4/30)

【漫画】検温でぬいぐるみの熱も測ってくれた店員さんに母ほっこり→娘さんの超現実的な反応にツッコミが飛ぶ
そうくる……!?(2021/3/31)

猫の前でくしゃみをすると…… 抗議をはじめる“くしゃみケーサツ”にタジタジな飼い主の漫画が面白い
今の音は何ですかにゃ!?(2021/3/29)

元・鬼刑事の強面おじいちゃんが孫のお世話に大奮闘 ギャップにクスリとなる漫画『じじいくじ』
孫の育児をがんばるムキムキおじいちゃんににっこり。(2021/3/5)

産業動向:
積水ハウスが目指す「急性疾患の発症者を自動で感知し通報する家」、鍵は人体の異常を判断するアルゴリズム
積水ハウスは、高齢化の波を受け、住まいで脳卒中と心筋梗塞により急死する人が増えていることなどを踏まえ、住宅で急性疾患を発症した人の早期発見と救急通報を実現するシステム「HED-Net」の開発を進めている。このほど、実際に住人が住む30棟の新築戸建て住宅で、HED-Netの性能を検証するパイロットプロジェクトがスタートした。(2021/2/8)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(1):
【新連載】アットホームラボ調査レポ「コロナ禍でどう変わった?2020年の不動産市況を振り返る」
本連載では、不動産に関する各種データや不動産仲介の現場から集めたリアルな声をもとに、アットホームラボの磐前淳子氏が最新の市場動向について解説していきます。(2021/1/21)

ドコモ井伊社長インタビュー(後編):屋内5Gサービスにも意欲、MVNOとの提携ではdポイントが重要に
NTTドコモ井伊基之社長のグループインタビュー後編では、データ通信容量無制限を正式に導入する「5Gギガホ プレミア」や、5Gを使ったサービス、さらに、低容量プランへの見通しなどを明かしている。低容量プランではMVNOと連携していく。“docomo Air”のような屋内向け5G通信サービスにも意欲を見せた。(2021/1/18)

「このままお別れなんて」患者に会いたい家族の願い、どうする? コロナ病棟の看護師の葛藤を描いた漫画に考えさせられる
できるだけ早く日常が戻ってきてほしい。(2021/1/15)

「見知らぬ親子をさらってきちゃった」 満身創痍のワンオペママに救いの手が、心温まる出来事に感動の声
育児中の人に優しい世界になりますように……。(2020/12/25)

布団の中に押し寄せる猫たち、そのとき飼い主は…… 密着したい猫と飼い主の攻防を描いた漫画
でも……でも……幸せ〜!(2020/12/7)

野口飛行士、宇宙から“自撮りYouTube”投稿中 「リアル宇宙生活」が面白い
ISSに滞在している宇宙飛行士の野口聡一さんが、個人のYouTubeチャンネルで、ISS内の“リアルライフ”を自撮りで伝える短い動画を投稿している。なぜか再生数が少ないが、見た人からは「面白い」と評判だ。(2020/12/4)

技術で未来への懸け橋を作る:
PR:エンジニアとして、人として成長できる場所を求めて地方で暮らすエンジニアたち
産学連携でAI×地図のニュータイプを生み出す、フィールドワークを重ねて地域の課題解決に取り組む、バーチャルチームで東京と同じ仕事をする――長崎のエンジニアたちは今、仕事を通じて希望を作っている。(2020/11/24)

ロボットにあえて“足りない部分”を作る理由 ヒトとロボットのコミュニケーションのためにメーカー3社が考えた方法
ヒトとロボットのコミュニケーションはどのように起き、ロボットはどのようにして家庭に受け入れられていくのか。「CEATEC 2020」の講演でロボットメーカーの3社がヒトとロボットのコミュニケーションの在り方について対談した。(2020/11/9)

【限界徹夜の体験談】1週間眠らなかった人による「似た経験をしている人は意外と多いんじゃないかな」というお話
どういう理由で、そんなに起き続けるんです?(2020/11/18)

復縁を迫る夫、逆ギレする浮気相手、非常識な弁護士。登場人物全員おかしい不倫問題にアドバイザーが投げやりに 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談の方向がどんどん変わる……!(2020/11/2)

勤務日数の短縮制度も:
異動になっても、単身赴任は不要 JTBがテレワークで新制度
JTBは10月28日、テレワークを活用することで異動による単身赴任や転居が不要になる制度を導入したと発表した。遠方の事業所へ異動になった場合、従業員は従来の居住地でテレワークを中心に業務を行える。(2020/10/29)

JTB、引っ越しせず異動もOK 週3日勤務も 新しいテレワーク制度を導入
JTBが転居を伴う異動が発令されても引っ越しをせずにテレワークできる制度などを導入した。年間勤務日数を短縮できる制度も2021年4月から導入する。(2020/10/29)

オフィスは4割減:
テレワークと出社を併用するハイブリッド型勤務体制へ ENECHANGEの手応え
新型コロナへの危機感が高まる中、対応が迅速だったENECHANGE。東京都の緊急事態宣言が明けると、週1〜2日の出勤とテレワークを組み合わせた働き方、ハイブリッド勤務制度を本格導入した。(2020/10/15)

富士通の総務、人事チームとDX専門集団が新常態への変革を支援 「FUJITSU Work Life Shift」の全貌は
富士通が、自社グループ8万人に実践するテレワークやオフィス半減などのニューノーマル対応施策の成果をサービスとして体系化した。定着支援では自社の総務、人事担当者もプロジェクトにコミットするという。(2020/10/9)

専門家のイロメガネ:
アフターコロナで問われる「雇用と外注の境界」、海外雇用の時代到来か
コロナ禍を受けた緊急事態宣言以降、働き方は大きく変化変した。リモートワークの急拡大による通勤不要を好意的に捉えた従業員も多いだろう。だが「働き方の変化」は、経営者側から見れば「雇い方の変化」となる。アフターコロナで雇用はどう変わるのか?(2020/9/23)

人事部から見たIT部門:
「DXはITの延長線上にはない」――生産性と安全性を両立させる、持続可能な組織の作り方
コロナ禍をきっかけに働き方改革を急進させ「オフィス半減」を発表した富士通。当初はコストダウン施策と誤解されたというが、その狙いはDX企業としてビジネスを変革し、従業員の生産性を向上させて持続可能な社会へ貢献することにあった。それを実現するためには、人事と総務、IT部門の連携が不可欠であるという。(2020/9/18)

本社機能を分散:
「島流し」は誤解? パソナ1200人の淡路島移転、副社長に疑問をぶつけた
パソナグループが、東京にある本社機能の一部を淡路島に移す。移転の目的は? 従業員の反応は? 島への経済効果は? 副社長に疑問をぶつけた。(2020/9/17)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
ジョブ型への移行、オフィス半減 富士通・平松常務に聞く「真のDX企業へと脱皮する要点」
富士通は、グループ会社を含めたオフィススペースを3年間で半減させる。同時にこれまでの年功序列型から、業務内容を明確に定めた「ジョブ型雇用」に移行させる。デジタルトランスフォーメーション(DX)を率先して実行する富士通で今何が起きているのか。同社の総務、人事の責任者を務める平松浩樹常務にインタビューした。(2020/8/19)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
ボルボ日本法人が着手した「オンライン接客」 “会ってなんぼ”を超える満足度向上とは?
ボルボ・カー・ジャパンはオンラインサービスを強化している。7月、「オンライン商品説明」を開始。感染対策や顧客ニーズへの対応に加えて、セールス担当者の働き方改善にもつなげる。また、効率化だけなく、接客の質を高めるためにオンラインを活用する方針だ。(2020/8/14)

コロナのせいで単身赴任中のお父さんに会いに行けない……気丈にふるまう子どもを描いた漫画に涙腺が崩壊
少しずつ元気になろう。(2020/8/10)

恋愛・結婚のかたち:
婚姻届の代わりの住民票「妻(未届)」 “普通に結婚”したかったアラサー女性が事実婚を選ぶまで
新しい形の恋愛・結婚について考えていく連載「恋愛・結婚のかたち」(全5回)。第3回は、「普通に結婚」するものだと思っていた30歳の女性が事実婚を選択するまでを聞きました。(2020/8/7)

出社人数30〜50%に:
工場の「遠隔監視」も検討 アサヒグループ、リモート中心の働き方に移行
アサヒグループホールディングスは8月から、リモートワーク中心の新しい働き方「リモートスタイル」を標準とする体制に移行した。事務・営業職でリモートワークを継続するほか、製造や物流に関わる職種でも遠隔による監視業務の検討を開始する。(2020/8/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
リモートワーク普及で迫りくる「通勤定期券」が終わる日
大手企業などがテレワークの本格導入を進める中で、通勤定期代の支給をやめる動きも目立つ。鉄道会社にとっては、通勤定期の割引率引き下げや廃止すら視野に入ってくる。通勤に伴う鉄道需要縮小は以前から予想されていた。通勤しない時代への準備はもう始まっている。(2020/7/17)

モバイルワークを標準化したカルビー、出社状況モニリングアプリをServiceNowで自社開発
カルビーは「モバイルワークの標準化とフルフレックス導入」を主軸とするニューノーマル時代の働き方を開始し、施策実施を支えるツールとして、従業員の出社状況をモニタリングするアプリをServiceNowのクラウドプラットフォームを活用して自社開発した。(2020/7/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
50代 後悔しない働き方
勝ち逃げできない世代の新常識とは?(2020/7/16)

単身赴任も削減:
オフィス半減、8万人テレワーク…… 富士通が働き方を“最適化”、その内容とは?
富士通は、テレワークを中心とした新しい働き方を導入すると発表した。国内のオフィスの規模を2023年3月までに現状の50%程度まで削減。業務のやり方を“最適化”する。新型コロナ感染拡大を機に、オフィス環境や人事制度を含めた変革を加速させる。(2020/7/7)

「通勤という概念なくす」 富士通がオフィス半減、テレワーク全面導入へ その働き方の全容とは?
富士通が2022年度末までにオフィスの規模を半減する。今後は約8万人の国内グループ社員を対象に、在宅勤務を標準とした働き方に移行する。新しい働き方を効率よく運用するために、富士通はどんな取り組みを行うのか。(2020/7/6)

他の猫のゴハンを狙う、早食い猫ちゃんがとった珍行動とは……? 飼い主もビックリの猫漫画が面白い
何アピールだったんだろうか……?(2020/6/22)

外出自粛で聴取者は増えた? 「ラジスマ」の手応えはどう? radiko青木社長に聞く
試験サービスの開始から10年経過したIPサイマルラジオ「radiko(ラジコ)」。災害時はもちろん、最近の「外出自粛」の際によく使われているという。サービスの近況を、運営会社であるradikoの青木貴博社長に聞いた。(2020/5/19)

「スーパーメガリージョン」誕生の意義:
人口減少時代にリニアは本当に必要なのか?
国立社会保障・人口問題研究所によると30年後の2050年には1億人を割ると予測している。厚生労働省のデータによると1億人を下回るのは1966年以来だ。そうした状況下で東京と大阪を結ぶリニア中央新幹線は必要なのだろうか?(2020/3/28)

猫ちゃんの親切はとっても痛い!? 個性あふれる3猫との生活を描いたマンガに笑顔もあふれる
みんな違って、みんなかわいい!(2020/3/24)

月刊乗り鉄話題(2020年3月版):
東海道新幹線がパワーアップ 「のぞみ12本ダイヤ」「全列車285km/h化」……って何がすごいの?
シンカンセンスゴイ。東海道新幹線がなぜこんな過密ダイヤを達成できるのかを解説します。【追記】2020年8月7日、「のぞみ12本ダイヤ」初設定。(2020/3/14)

単身赴任は6割:
転勤先として「住みやすい」都道府県は? 転勤費用は3割が「手当なし」
東急住宅リースと東急社宅マネジメントが「ビジネスパーソンの転勤事情に関する調査」を実施。家族と一緒に引っ越すことが望ましいとしながらも実際は単身赴任をした人が多かった。また、「住みやすい」「食べ物がおいしい」と感じた転勤先は北海道が最多だった。(2020/2/26)

スピン経済の歩き方:
日本社会から「単身赴任」がなくならない、根本的な理由
「4月から転勤することになったよ」と嘆いているビジネスパーソンもいるのでは。家族を残して「単身赴任」する人もいるだろうが、そもそもなぜこのような制度が存在しているのだろうか。歴史をさかのぼると、根深い理由が存在していて……。(2020/2/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。