ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カードファイト!! ヴァンガード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カードファイト!! ヴァンガード」に関する情報が集まったページです。

ブシロードが株式上場 愛美さん、獣神サンダー・ライガーさんが鐘を打つ
さまざまなコンテンツを展開するブシロードがIPO。(2019/7/29)

「ウソじゃないよー!」 映画「スパイダーマン」、アイアンマン役の声優は藤原啓治が続投
藤原さん、おかえりなさい!(2017/6/28)

小倉唯、石原夏織の声優ユニット「ゆいかおり」が6月30日で音楽活動休止 石原さんはシグマセブンを退所
「これからも私たちゆいかおりは変わらない関係」(2017/3/31)

2.5次元フェス(仮)写真まとめ 「弱ペダ」「おそ松」「刀剣乱舞」――全27作品の舞台衣装、見せちゃいます
グッズも衣装展示も「刀剣乱舞」が頭ひとつ人気でした。(2016/12/3)

圧倒的ハリウッド感! ミラ・ジョヴォヴィッチ、まさかのヴァンガードファイターに
完全にアリス。(2016/12/1)

2.5次元舞台&ミュージカルの祭典「2.5次元フェス(仮)」開催決定! 幕張メッセに大体全部そろう
カッコカリまでが正式名称。(2016/11/2)

声優・榎本温子さんと石井マークさんが結婚を発表 これが後の世にいう“ヴァンガ婚”か!
榎本さんはこれからも「榎本温子」として活動していくとコメントしています。(2016/3/7)

「アンジュ・ヴィエルジュ 〜第2風紀委員 ガールズバトル〜」でわらしべ長者【PR】
交換してください。(2014/2/13)

『カードファイト!! ヴァンガード』などを引き継ぎ:
ブシロード、新雑誌『月刊ブシロード』創刊
ブシロードは、新雑誌『月刊ブシロード』を9月に創刊する。『カードファイト!! ヴァンガード』を引き継ぐほか、同作品のPRカードなどの特典も付属。(2013/8/1)

創業5年で年商150億 ブシロード社長・木谷氏初の著書『煽動者 徹底プロモーション 仕掛人の哲学』
ホビージャパンから、ブシロードの社長である木谷高明氏の著書『煽動者 徹底プロモーション 仕掛人の哲学』が発売される。(2012/12/26)

「カードファイト!!ヴァンガード」がニンテンドー3DSゲームに
ヴァンガろーぜ!(2012/9/27)

開幕まであと1週間!――東京ゲームショウ2012、各社出展タイトル&イベント情報
あと1週間となったTGSに向けて、各社から出展タイトルやステージイベントの情報が続々と公開中です。そこで、現在までに発表となっているものについてまとめてみました。(2012/9/13)

ブシロード、「カードファイト!! ヴァンガード」など3サイトでウイルス確認
「カードファイト!! ヴァンガード」公式ポータルサイトなど、ブシロードの3サイトにおいて7月12日深夜、悪意のあるプログラムに感染したことが判明。現在は復旧している。(2012/7/13)

ブシロードの発表会をライブ配信 新商品を紹介
ブシロードによる「カードファイト!! ヴァンガード&ミルキィホームズ発表会」をライブ配信する。「カードファイト!! ヴァンガード」の新商品の紹介と、「探偵オペラ ミルキィホームズ」プロジェクトの今後の展開を説明する。出演者はブシロードの木谷高明社長など。配信は11月24日19時15分〜。(2011/11/22)

ブシロード戦略発表会 ユーザーからも質問OK
ブシロードの戦略発表会とカードゲーム「モンスター・コレクション」(モンコレ)新期発表会をライブ配信する。ブシロードの戦略発表会ではカードゲーム「ヴィクトリースパーク」「ChasTGC」「カードファイト!!ヴァンガード」の今後の展開を説明。ユーザーからの質問にも答える。モンコレ発表会には、富士見書房の山下直久社長、グループSNEの安田均社長らが出演する。配信は5月15日14時30分〜。(2011/5/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。