ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チャイルドシート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チャイルドシート」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

紅蘭、自分へのご褒美に高級SUVを購入 「かっちょよくてファンキーなママ」「ベントレーいっちゃいましたか!」
外装は晴れた日に撮影するようです。(2020/3/3)

ファミリーの使い勝手を追求:
日産、新型「ルークス」 競争激しい軽スーパーハイトワゴンで勝負する“3つの強み”とは?
日産自動車は3月19日、軽自動車の新型「ルークス」を発売する。ファミリーをターゲットに、足元の広さや後席スライドドアの開口幅などを拡大して使い勝手を向上。競合がひしめく市場で存在感を示したい考えだ。(2020/2/25)

「ヒミチュノヤエバ」って何のこと……? 保育園で耳にした「あるもの」が気になる2歳児とお母さんの会話にほのぼの
ひみつのアッコちゃんの……八重歯?(2020/2/7)

第1子出産のキンタロー。退院するも足にはむくみ 「ゾウさんの足やないかーーい!」
歩くのもつらそう。(2020/2/4)

「乗り心地も見晴らしも最高」「日本には二台しか入ってない」 アレク、川崎希からプレゼントされたベンツに感激
のんちゃん強い。(2019/12/22)

魔改造っぽさのあるメカメカしい装備、これがいい 欧州系e-bike「Tern Vektron S10」買っちゃった
ディスクブレーキにぶっといタイヤ、ミニベロらしからぬ「いい」装備なんですよ。(2019/12/3)

まるでブロック感覚! 組み替えて遊び方広がるバイク「CAKE Osa」が超楽しそう【画像20枚】
シンプルな北欧デザインで、そのまま乗ってもステキ。(2019/11/11)

ベビーバウンサーに入り込んだ猫さまが完全に赤ちゃん 「乳児用≒猫ちゃん用」説が浮上する寝姿がかわいい
気持ちよさそうな寝顔が癒される。(2019/8/8)

コンビに排除措置命令 ベビーカーなどで価格拘束 公取委、アップリカに続き 背景に価格競争の激化
2大メーカーに法的措置。(2019/7/24)

シートベルトにクリップを留めるだけで、座席がチャイルドシートに! 話題の画期的アイテム「スマートキッズベルト」について販売会社に聞いてみた
なんで今までなかったんだ!?(2019/5/21)

「チャイルドシートを使わない人に絶対読んで欲しい」 警察漫画『ハコヅメ』が痛々しい交通事故のエピソードを特別公開
チャイルドシートで守れた命かもしれない。(2019/2/20)

モビリティサービス:
トヨタとソフトバンクがオンデマンド移動サービスの実証、まずは丸の内と豊田から
ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社MONET Technologies(以下、MONET)は2019年2月18日、オンデマンドモビリティサービスの提供に向けて、日本の17の自治体と連携を開始すると発表した。(2019/2/19)

トヨタとソフトバンクの「モネ」、勤務先まで送迎 丸の内でシャトルバス実証実験
ソフトバンクとトヨタが設立したMONET Technologiesが「オンデマンド通勤シャトル」の実証実験を都内で行う。丸の内に通うビジネスマンを送迎する。(2019/2/18)

MONOist 2019年展望:
レベル3の自動運転の普及は伸び悩む? 提案は無人運転シャトルや小口配送に
「レベル3のシェアは2030年から横ばい」という市場予測を反映してか、2019年のCESでは無人運転車に関する展示が多くみられた。ドライバーが運転に復帰する必要のあるレベル3の自動運転と、システムが全ての動的運転タスクを担うレベル4〜5。それぞれについて、2019年は法的な議論や技術の熟成が一層進みそうだ。(2019/1/22)

U&Iターンの理想と現実(50):
徳島編:IT系イベントは東京比で100分の1――僕がUターンで失ったもの
アイデアソンもねえ、ハッカソンもねえ、勉強会もそれほどやってねえ。AIねえ、ブロックチェーンねえ、たまにあるのはRubyくらい――そんな徳島で僕は絶対的幸福を手に入れました。(2018/10/11)

シリコンバレー式「時短育児術」:
カーシェアなら子連れ旅行も楽ちん 1分単位で借りて乗り捨て可能な「ReachNow」
子育てに関する負担をITで解消する「Baby Tech」。シリコンバレー在住の女性筆者が、“母目線”でぐっときたテクノロジーを紹介する連載をお届け。今回は子連れ旅行に便利なカーシェアリングサービスについて。(2018/9/4)

結構かっこいい「レトロ調デザイン」続々 ヤマハとパナソニックが電動アシスト自転車の新モデル
9万円台から。街乗りにちょうど良いデザインのモデルも増えてきました。(2018/8/9)

トイザらスとAmazonの成功の分かれ目(後編):
自滅へ一直線、トイザらスが繰り出した戦略ミスの数々
「トイザらスは時間をかけて自分の棺おけを作っていた。Amazonが棺おけを作って、トイザらスをそこに押し込んだわけではない」。トイザらスはどこで間違えたのか。何を間違えたのか。(2018/8/8)

事前受注は4000台超:
SUBARU、新型「フォレスター」投入 主力モデルで国内立て直しへ
SUBARUが新型「フォレスター」を発表。ファミリーを中心に、日常でもアウトドアでも使いやすいSUVとして提案する。国内では完成検査の不正が次々と発覚する中、主力車種の投入を信頼回復の第一歩としたい考えだ。(2018/6/20)

百花繚乱、自転車シェア メルカリの1分4円自転車シェア「メルチャリ」は何が違う?
個人宅やお店の軒先も「ポート」にできる。まずは福岡で2月27日に開始。(2018/2/14)

「抱っこする」などの声も:
子どもの「チャイルドシート」使用率 実態は……?
道路交通法では、6歳未満の子どもを乗せて自動車を運転する際はチャイルドシートの使用が義務付けられているが、実態はどうなっているのか――警察庁と日本自動車連盟(JAF)調べ。(2018/1/10)

兵庫県警監修のグミ「ポリスめし」登場 グミをかんで交通安全!
白バイ隊員版パッケージはちょっとレア!(2017/11/29)

外すと「コラーッ!」+α イマドキのITキッズに「きちんとシートベルトを着けてもらう」うまい方法、ナルホド……
シートベルトを着けていないと「怒鳴って」「子どもアプリをロック」する「ベルトン」がクラウドファンディングに登場。(2017/11/15)

「新世代電子キー」が便利そう パナソニックが電動アシスト自転車の最新版、2018年モデルを投入
快適お買い物、子育て支援、通学向けモデルを刷新。最大100キロ走れる大容量バッテリー搭載モデルも。(2017/11/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダCX-8 重さとの戦いを制した3列シートの復活
マツダが発表したSUVの国内フラッグシップモデルであるCX-8。このクルマの大きな存在価値である3列シートについて今回は意見を述べたいと思う。(2017/10/23)

店舗の役割を転換
リアル店舗強化中のトイザらス、iPad導入で販売数400%増
ネットショッピングが増大する中で、リアル店舗を強化して顧客の来店数増を目指すトイザらス。同社のさまざまな施策を紹介する。(2017/7/7)

製造業では戦後最大規模:
タカタ、民事再生申し立て 負債総額1兆7000億円
自動車部品大手のタカタが経営破綻。関連企業も含めた負債総額は約1兆7000億円で、製造業としては戦後最大規模の倒産となる。(2017/6/26)

Ford Motor、寝かしつけドライブを再現するベビーベッド
Ford Motorのスペインのデザイナーが、赤ちゃんの寝かしつけドライブを再現できるベビーベッドを開発した。モーター、LED、スピーカー内蔵で車の振動、車窓からの光、エンジン音をシミュレートする。(2017/4/9)

PR:「スマホ育児」ってほんとにいけないこと? お母さんたちの本音を聞いてみた
お母さんたちのリアルな声と専門家の見解を聞いてきました。(2017/3/29)

乗用車のパワーウインドーの危険性をJAFが調査 大根やゴボウすら切断するとして注意喚起
子どもが首や手をはさまないように、チャイルドシートに乗せスイッチにはロックを。(2017/3/16)

シートベルトが苦手な子にも! 座高に合わせてベルトの位置を調整できる子犬型のクッションが登場!
ボクがお手伝いするワン。(2017/2/5)

JAFが高温になった車内温度を早く下げる方法を検証 「窓を開けて走ってからエアコンをつける」がベスト
やっぱりエアコン最強?(2016/7/20)

最高にロック! 幼児がアカペラでAC/DCをノリノリ熱唱!
アカペラで熱唱するのは2歳と4歳のコンビ。(2016/5/14)

泣いた赤ちゃんも聴けばにっこり? 日産が赤ちゃんのためのドライブミュージック配信
効果を検証した動画を公開。(2016/4/3)

車両デザイン:
自動運転時代のチャイルドシート、ボルボがデザイン
Volvo Cars(ボルボ)は、乳幼児が両親とともに車室内で快適に過ごすことのできるチャイルドシート「エクセレンスチャイルドシートコンセプト」を発表した。(2015/7/9)

父と娘それぞれの視点からのストーリー:
父の日に向けたコンテンツマーケティング、トヨタがWebオリジナル動画を公開
トヨタマーケティングジャパンは2015年6月12日より、クルマとともに繰り広げられる人の暮らしを父と娘それぞれの視点から描き出した異色のWeb動画を配信している。(2015/6/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
高齢化社会の到来で、クルマに必要になる“福祉“の視点とは?
今後本格的な高齢化社会を迎える日本では、車椅子を積んだり、障害者自身が運転したりできる“福祉車両”の発展が急務になるはずだ。高齢化社会のクオリティオブライフを支える存在として、福祉車両の今後は真剣に考える価値がある重要テーマだ。(2015/5/25)

目指すは「ファミリー全員PAS」:
活況“電アシ”自転車市場、次の一手──ヤマハの新「スポーティPAS」に乗ってみた
「電動アシスト自転車」が好調だ。市場拡大をにらみ、メーカーは従来のママチャリタイプ以外のラインアップ拡充や施策も積極的にアピールし始めている。その活動の一環となる車種「スポーティPAS」に乗ってみた。(2014/7/17)

いまさら聞けない 電装部品入門(15):
エアバッグ展開時の衝撃力はウサイン・ボルトの全力タックルと同じ
自動車の安全システムとして知られるエアバッグだが、エアバッグが展開する際のさまざまなリスクはあまり知られていない。エアバッグ3部作の最終回である今回は、エアバッグ展開のリスクやエアバッグ搭載車についての注意点を紹介する。(2014/7/3)

Uber、チャイルドシート付きハイヤーを開始
スマートフォンによるハイヤーサービスのUberが、チャイルドシート付き車両を呼べる「uberFAMILY」をニューヨーク市でスタートした。料金はuberX+10ドル。(2014/5/9)

「N BOX」「タント」「スペーシア」と比較:
最後発の「デイズ ルークス」と「eKスペース」は競合3車種に勝てるのか
日産自動車の「デイズ ルークス」と三菱自動車の「eKスペース」が発売された。スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車としては最後発となるが、競合車種であるホンダの「N BOX」、ダイハツ工業の「タント」、スズキの「スペーシア」との市場競争に勝てるのだろうか。(2014/2/21)

ドリフト大好きなスピード狂赤ちゃん ブスーッとしてたのに走り出した途端ご機嫌の顔芸を披露
喜びすぎわろた。(2014/2/16)

高速道路での後部座席シートベルト着用率トップは秋田県、一方最下位は3倍近く離されて沖縄県
いのちだいじに。(2013/11/23)

後部シートベルト着用に地域差、1位は秋田県――JAF調べ
日本自動車連盟(JAF)と警視庁が2013年のシートベルト着用状況を調査。後部座席のシートベルト着用率はまだまだ低く、地域差があることが分かった。(2013/11/21)

自然エネルギー:
佐賀県で最大規模のメガソーラー、自動車部品メーカーが工場の敷地を活用
自動車安全システムを製造するタカタは、佐賀県に立地するタカタ九州有田製作所の敷地を活用して、出力2MWのメガソーラーを立ち上げた。(2013/8/7)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第162回 桜花と風景と陰影とマクロの関係
寒さがゆるんでくると待ち遠しいのが桜の開花。今回は、桜花と都市の景観、桜花と陰影、桜花とマクロ、3テーマでお送りします。(2013/3/15)

メーターが走行可能距離表示に――ヤマハ発動機、電動アシスト自転車「PAS Kiss」「PAS Raffini L」2013年モデルを2月発売
「PAS」シリーズのなかでも、幼児2人が乗せられる「PAS Kiss」「PAS Raffini L」の2013年モデルが登場する。(2013/1/10)

12Ahバッテリー搭載で走行距離が1.5倍に――パナソニックサイクルテック、電動アシスト自転車「ギュット」2機種を7月2日発売
こども2人が乗せられる、ママ向けの電動アシスト自転車「ギュット」シリーズに、バッテリー容量が1.5倍となった新モデル2種類が発売される。(2012/6/6)

「大人かわいい」女性向けデザイン――パナソニック、電動アシスト自転車「ララファイブ」シリーズを3月1日発売
学生から子育て後のママまで、幅広い年齢に渡って長く使える女性向けの電動アシスト自転車が、パナソニックから発売される。(2012/2/22)

マツダ、SKYACTIV技術をすべて実装したSUV「CX-5」発売
マツダは、クロスオーバーSUV「CX-5」を発売した。価格はガソリンエンジン搭載モデルが205万円〜241万円、ディーゼルエンジン搭載モデルが258万円〜319万円。(2012/2/16)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。