ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DVDヨン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Jon Lech Johansen:ヨン・レック・ヨハンセン

GoogleはAndroid Marketの放任主義を改めるべき――アナリストらが指摘
Android Marketは着実に拡大しているものの、ここにきてGoogleの無干渉主義的アプローチと管理の欠如に起因する問題が、一部で起きたアクセス障害とともに同アプリストアを徐々にむしばんでいる。(2010/7/6)

せかにゅ:
Apple、iPhone SDKの規約変更 Flash締め出しか
iPhone SDKの新たな規約では、FlashなどのアプリをiPhone向けに変換するツールが禁じられる。スティーブ・ジョブズ氏は、アプリの水準を維持するためと説明しているが、「Flashつぶしではないか」との見方も。(2010/4/12)

ガンダムに鉄人28号 今、実物大が熱い
ガンダム、鉄人28号と、往年のロボットアニメの実物大模型が注目を浴びている。(2009/7/13)

「Apple製品、好きだよ」 ハッカー・DVDヨンの素顔
DRM破りで有名なDVDヨン。攻撃的なハッカーというよりは、ガジェットとビジネスに目を輝かせる、穏やかな25歳だ。(2009/7/10)

「ケータイをiPodに」――DVDヨンの同期ソフト「doubleTwist」日本語版
iTunesのようなUIで、PC内のメディアファイルと携帯電話のストレージを同期できる「doubleTwist」日本語版が登場した。有名なハッカー・DVDヨン氏が開発を主導している。(2009/7/9)

Appleに挑む“DVDヨン”の広告、撤去される
DVDヨンが「iPhoneうらやましい病の治療薬」という挑戦的な広告をAppleストアの前に掲示したが、すぐに撤去されてしまった。(2009/6/10)

「DVDヨン」のdoubleTwist、メディア共有・同期化ソフトをリリース
doubleTwistは、携帯電話などのデバイスにメディアを転送する時のフォーマット変換処理を行ってくれる。(2008/2/19)

iPhone、アップデートでロック解除版が「予告通り」使用不可に
Appleによる「ロック解除」問題への厳しい対処がハッカーを刺激するとの見方もある。ソフトの「ダウングレード」法も公開されている。(2007/10/2)

DVDヨン、「AppleのFUD」を批判
「Appleは自分が気に入らないiPhoneソフトの変更をダメージと定義している」――iPhoneハッキングに成功した有名ハッカーが主張している。(2007/9/26)

「DVDヨン」、iPhoneを「Wi-Fi専用PDA」にするハッキング
DVDの暗号クラッキングで有名なハッカーが、iPhoneのハッキングに成功したと公言。AT&Tとの契約なしで通話以外の機能が使えるようになるとしている。(2007/7/6)

ハッカー「DVDヨン」、スティーブ・ジョブズ氏に反論
「行動は言葉よりも雄弁だ、スティーブ」――FairPlayをクラックしたこともあるハッカーが、ジョブズ氏の「FairPlayを開放しない理由」に異を唱えた。(2007/2/7)

MP3tunes、iTunesに「穴」を開けるストレージサービス「Oboe」立ち上げ
iTunesにライバル意識を燃やすMP3.com創始者が、音楽ファイルを「オンラインロッカー」に置いて、どこからでも聴けるようにするサービス「Oboe」を開始した。(2005/12/1)

DVDヨン、米国に移住しMP3tunesに入社
iTunes DRMをクラックしたことで有名な「DVDヨン」ことノルウェーのハッカー、ヨン・ヨハンセン氏が米国に移住し、オンライン音楽ストアに入社した。(2005/10/20)

DVDヨン、Googleのビデオビュワーをハッキング
DVDやiTunesのクラッキングで知られるヨン・ヨハンセン氏が、今度はGoogle Video Viewerの制約を回避するパッチを公開。Googleはこのパッチを使用しないようユーザーに呼び掛けている。(IDG)(2005/6/30)

Apple、iTunesのDRM技術破りに対処
AppleはDRMなしの楽曲を購入できるソフト「PyMusique」締め出しの対策を講じた。(IDG)(2005/3/22)

iTunesのDRM技術を破る新アプリ「PyMusique」公開
iTMSからDRM制限なしの楽曲をダウンロードできてしまうアプリケーションが公開された。(IDG)(2005/3/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。