ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アナログ設計(エレクトロニクス)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アナログ設計(エレクトロニクス)」に関する情報が集まったページです。

アナログ設計のきほん【ADCとノイズ】(10):
クロックが高精度AーDコンバーターに与える影響
クロックが高精度A-Dコンバーターにどう影響するかを深く理解するために、クロック信号に関連する3つのトピックスについて考察します。トピックスとは「クロックジッタ」「クロック相互変調」「クロックに関する基板レイアウトのベストプラクティス」の3つです。(2019/12/18)

アナログ設計のきほん【ADCとノイズ】(9):
高分解能ΔΣADC回路のリファレンスノイズ低減
システム全体でリファレンスノイズのレベルに与えるゲインの影響を低減するための方法をいくつか分析し、リファレンスノイズについての説明をまとめていきます。低分解能ADCと高分解能ADCに対するリファレンスノイズの影響の違いも考察します。(2019/11/22)

アナログ設計のきほん【ADCとノイズ】(8):
デルタ−シグマADCでの電圧リファレンスノイズの影響
さまざまなノイズ源が高精度デルタ−シグマADCに与える影響をより深く理解するために、電圧リファレンスノイズについて取り上げます。(2019/10/31)

アナログ設計のきほん【ADCとノイズ】(7):
設計事例で学ぶデルタ-シグマADCでのアンプノイズ影響
高分解能ADCに高ゲインの外部アンプを組み合わせるときは、アンプのノイズ特性を慎重に検討する必要があります。今回は、アンプが異なると同じ高分解能ADCのノイズにどう影響するのか、設計例を用いて分析します。(2019/9/26)

アナログ設計のきほん【ADCとノイズ】(6):
信号の分解:デルタ-シグマADCでのアンプ・ノイズの影響
今回と次回は、アンプのノイズがデルタ-シグマA/Dコンバーター(ADC)に与える影響について考察します。まずは、「出力換算ノイズと入力換算ノイズ」「ADCの入力にアンプを追加」「低分解能ADCと高分解能ADCの比較」について扱います。(2019/8/27)

アナログ設計のきほん【ADCとノイズ】(5):
高精度デルタ-シグマADCの 有効ノイズ帯域幅(ENBW)の理解【算出方法】
今回は、「ENBWの算出方法」「システム変更がENBWに与える影響」について、2段フィルターを使用したシンプルな例を説明しながら、デルタ-シグマA/Dコンバーター(ADC)やシステムレベルの設計と絡めて考察していきます。(2019/7/17)

アナログ設計のきほん【ADCとノイズ】(4):
高精度ΔΣADCの有効ノイズ帯域幅(ENBW)の理解【基本編】
今回は、次のようなENBWについて「ENBWとは何か」「ENBWが必要な理由」など基本的なトピックを紹介します。(2019/6/19)

アナログ設計のきほん【ADCとノイズ】(3):
ΔΣADC内ノイズの概要 ―― 本当に必要なノイズ特性は何かを探ってみる
これまで、アナログ/デジタルコンバーター(以下、ADC)のノイズ特性を、その特長や原因から測定方法や規定方法まで、詳しく説明しました。今回は、これまでに得られた理論的な理解を現実の設計例に当てはめていきます。最終的に「自分の設計に本当に必要なノイズ特性は何か?」という問いの答えに必要な知識を読者に身に付けてもらい、次のアプリケーションでは自信を持ってADCを選択できるようになることが目標です。(2019/4/24)

アナログ設計のきほん【ADCとノイズ】(2):
ΔΣADCのノイズ測定と絶対/相対ノイズパラメーター比較
前回に引き続き、ADコンバーターにおけるノイズの基本を説明していきます。今回はADCノイズの測定方法、データシートにおけるノイズ仕様、絶対ノイズパラメーターと相対ノイズパラメーターの比較を紹介します。(2019/3/20)

アナログ設計のきほん【ADCとノイズ】(1):
デルタ-シグマADC内のノイズの概要
デルタ-シグマADCのノイズに関する包括的な理解を深めるために、代表的なシグナルチェーンの一般的なノイズ源を調べ、ノイズを低減して高精度の測定を維持する手法を解説していきます。第1回は、ADCノイズの基本を重点的に見ていきながら、「ノイズとは何なのか」「高分解能ADCと低分解能ADCではノイズにどのような違いがあるか」などの疑問について、詳しく説明していきます。(2019/2/1)

アナログ設計:
「日本の製造業を再び世界一に」、アナログ・グルが語る
極めて優秀なアナログ回路技術者で「アナログ・グル」と呼ばれる日米4人の技術者が一堂に集まり、設計者が知っておくべきアナログ回路の特性や基本的な設計手法などについて語った。(2014/12/10)

アナログ設計:
アナログ・グルが語る、「日本電子産業を強くする技術」
アナログ技術の研究開発に長年携わり、「アナログ・グル」(ひときわ優れたアナログ回路技術者を指す呼称)と呼ばれている日米の技術者4人が一堂に集まり、アナログ技術に関する現在の問題点から将来の展望までを語った。本稿では、Linear Technologyの創立者の1人で、CTOを務めるRobert Dobkin氏と、同社でパワー製品担当副社長を務めるSteve Pietkiewicz氏がそれぞれ行った2つの講演について、その概要を紹介する。(2013/11/5)

TECHNO-FRONTIER 2013 アナログ設計:
利得1Gの電流-電圧変換器、100kHzの周波数特性を実現
エヌエフ回路設計ブロックは「TECHNO-FRONTIER 2013」(テクノフロンティア2013)で、電流-電圧変換器の新製品を展示した。利得が高いだけでなく、周波数特性が広いという特徴がある。(2013/7/25)

アナログ設計:
低振幅・低周波のセンサー出力を扱う、アナログ信号調節の最新テクニック
現実世界の物理量を検出するセンサーの多くは、検出結果を振幅が小さく周波数が低いアナログ信号として出力する。それを処理するには、直流(DC)付近で利得と精度がいずれも高いアナログ信号調節(シグナルコンディショニング)回路を後段に設ける必要がある。本稿では、センサー出力の処理に向けたアナログ信号調節技術の最新状況を解説する。(2013/1/9)

ET2011 アナログ設計:
はちゅねミクがネギを振り目を光らせる、操るはルネサスの「Smart Analog」
ルネサスが10月に発表したアナログICの新たな製品群は、「マイコン技術者でもアナログ設計を可能にする」というコンセプトを掲げる。ET2011では、このコンセプトを来場者が体感できるデモを実施した。「はちゅねミク」を全面に押し出したデモで、新製品群への興味と相まってか、多くの来場者が足を止めていた。(2011/11/18)

アナログ設計:
アナログの巨星が相次いで逝く、Linearのジム・ウィリアムスとNationalのボブ・ピーズ
2011年6月12日の日曜日、そして18日の土曜日。アナログ半導体の礎を築き、後進の教育に力を注いだ回路設計の巨星が相次いでこの世を去った。(2011/6/21)

アナログ設計 EDAツール:
「Fast」ではなく「Faster」、メンターがSPICE精度の高速・大容量シミュレータ発表
 メンター・グラフィックスは、解析速度を高めるとともに取り扱える回路の規模を拡張した新型SPICEシミュレータ「Eldo Premier」を発表した。これまで規模が大き過ぎて解析できなかったり、解析できても数日から数週間を要していた回路を、数時間から数日で解析可能だという。(2011/4/15)

アナログ設計:
「システム設計にそのまま使える」、ADIが回路設計の支援サービスを強化
アンプICやコンバータICといったアナログICはとりわけ、周辺回路をうまく設計しなければ、ICの特性を引き出すことは難しい。アナログ・デバイセズの「Circuits from the Lab/実用回路集」の各種情報を活用すれば、アナログICの特性を引き出し、システム設計の開発期間を短縮できるという。(2011/4/4)

アナログ設計:
「分厚いデータシートに別れを告げよう」、センサー用アナログ設計をナショセミが簡略化
アナログ半導体の大手メーカーであるナショナル セミコンダクターは、センサー用アナログフロントエンドを短期間で簡単に設計できる仕組みを用意した。(2011/1/25)

アナログ設計:
電源電圧0.6Vの基準電圧源IC、非対称な2つのMOSFET構造で実現
1.0Vを切るような低い電源電圧で動作する基準電圧源ICが登場した。リコーが発表したもので、電源電圧は0.6V、消費電流は1.7μA、温度に対する出力変化は106ppm/℃である。(2010/10/1)

アナログ設計:
NXPが高速A-D/D-A変換器を強化、高速シリアルインターフェイス対応品を拡充
NXPセミコンダクターズは、通信や産業、医療分野に向けた「ハイスピードコンバータ」の製品群を強化する。(2010/9/27)

アナログ設計:
CMOSが拓く次の応用 〜 ISSCC 2009開催
半導体集積回路の最新技術が世界中から集結する国際学会「ISSCC(IEEE International Solid-State Circuits Conference)」。2009年2月8〜12日に米カリフォルニア州サンフランシスコで開催された「ISSCC 2009」から、半導体集積回路の新たな応用分野を拓く取り組みを紹介する。(2009/3/1)

アナログ設計:
「理解のない上司の下で我慢する必要はない」――アナログの権威、ボブ・ピーズ氏に聞く
米ナショナルセミコンダクター社のスタッフ・サイエンティストのロバート(ボブ)・ピーズ氏は、同社がホームページ上に開設しているアナログ技術教育サイトの学長を務めているほか、コラムニストとして米国の電子技術専門誌に多数の寄稿がある。同社の日本法人であるナショナル セミコンダクター ジャパンが日本国内で開催したアナログ技術者向けセミナー「アナログセミナー2004」(2004年3月10〜11日)の講師として来日した際に、アナログ技術を取り巻く状況について聞いた。(聞き手:薩川 格広)(2004/3/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。