ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「天皇」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「天皇」に関する情報が集まったページです。

「何てハッピーな写真」ウィリアム皇太子、父子でテイラー・スウィフトと笑顔の4ショット キャサリン妃の回復願う声も
ジョージ王子とシャーロット王女もうれしそう!(2024/6/24)

天皇陛下、英国訪問前の記者会見で笑顔 昨今注目の“宮内庁Instagram”発信に8万いいね
22日に東京を出発され、29日に帰国を予定しています。(2024/6/20)

天皇陛下が撮影された“貴重なオフショット”が公開される 投稿1時間以内に“驚異の4万5000いいね”
天皇陛下が撮影された写真は全てで7枚。(2024/6/17)

天皇皇后両陛下と愛子さま、動物とふれ合われる“オフショット” 25万件超の“いいね”を記録
4枚の写真が公開されました。(2024/6/17)

天皇皇后両陛下と愛子さま、牧場で過ごされる“オフショット”が公開される 異例の“合計80万超いいね”
シャベルや収穫されたタケノコを持たれる姿。(2024/6/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東海道新幹線の「品川駅折り返し列車」構想は、どうなった?
東海道新幹線に「品川駅折り返し列車」構想があった。東海道新幹線の品川駅構想は、元は国鉄時代にあったが一旦白紙となった。その後、JRグループ発足3年後にJR東海が品川駅構想を再起動。その結果、2003年に品川に東海道新幹線の駅ができた。駅はできたが、品川駅折り返し列車はない。なぜか。(2024/5/24)

宮内庁インスタ、開設3週間でフォロワー100万人 情報発信「切り札」 活用には課題も
宮内庁がInstagramに開設した公式アカウントのフォロワー数が、4月1日の運用開始から3週間で100万人に到達した。皇室の方々へのバッシングを契機に動き出した情報発信強化の「切り札」ともいえるSNS。滑り出しは順調に見えるが、皇室特有の用語の解説や情報ニーズの把握など、課題も多そうだ。(2024/4/23)

宮内庁、SNS上の“なりすましアカウント”に注意喚起
宮内庁は「宮内庁が運用しているSNSアカウントは、Instagramの宮内庁公式アカウント以外に存在していない」と注意喚起している。(2024/4/18)

宮内庁のインスタ、オランダ王室と相互フォローに
宮内庁が今月1日から運用を開始したInstagram公式アカウントで、オランダ王室の公式アカウントと相互フォローを始めたことが分かった。(2024/4/12)

宮内庁がInstagram公式アカウント開設 午後2時時点で16万人超のフォロワー
宮内庁が4月1日から運用を始めたInstagram公式アカウントのフォロワーが、同日午後2時現在で16万人を超えた。(2024/4/1)

高畑充希、共演俳優との仲良しショットに「犯罪やないかい!」 20歳差の2人に「おふたりともかわいらしい」の声
「光る君へ」で共演している2人。(2024/4/1)

宮内庁がInstagramでの発信を開始
(2024/4/1)

宮内庁、4月にInstagramアカウント開設 皇室の情報発信SNSで初、若年層にも
宮内庁が4月から、Instagramを使った情報発信を始めることが3月25日、関係者への取材で分かった。宮内庁が皇室の情報発信でSNSを活用するのは初めて。(2024/3/25)

英キャサリン妃の写真に加工、メディアが取り下げ 「混乱招いた」と自ら謝罪
キャサリン妃の手術後初めての写真でしたが、不自然な点があると指摘されていました。(2024/3/12)

英王室のキャサリン妃、Instagramへの編集済み写真投稿を非難され、Xで謝罪
英王室のウィリアム皇太子夫妻は英国などで母の日とされている3月10日、Instagramの公式アカウントでこの日を祝う家族写真を投稿したが、これが編集されたものだと指摘されたことを受け、翌日Xの公式アカウントで謝罪した。(2024/3/12)

産業用ロボット:
ソフトバンクがサウジアラビア企業と革新的産業用ロボット製造に向け戦略的提携
ソフトバンクグループとAlatは、革新的な産業用ロボットを製造する次世代産業オートメーション事業をサウジアラビアで立ち上げるため、戦略的パートナーシップを結んだ。(2024/3/12)

□に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
4つの熟語が成立する漢字を入れよう。(2024/3/10)

福山雅治、TBSの話題ドラマ巡り指摘「生きづらいというか」「時代が正しく進んでいる結果」 内容には絶賛連発「カウンター効いてます」「全てがツボ」
受け止め方がさすが。(2024/2/29)

「スロースターターでごめんなさい」 川崎フロンターレのSNS投稿にサポーター賛否…… クラブは謝罪
成績を自虐する内容でした。(2023/12/28)

ランサムウェア攻撃集団Rhysidaの手口
英王室の医療情報を狙ったランサムウェア攻撃集団Rhysida 医療データを公開か
ランサムウェア攻撃集団Rhysidaが、英王室と縁の深い病院に攻撃を仕掛けた。報道によるとRhysidaは、王室の医療データと引き換えに身代金を要求している。被害の全容と攻撃の手口は。(2023/12/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
サッカー、ゴルフ、F1…… 「アラブの盟主」サウジが進める巨額投資の狙いとは
(2023/12/29)

「2023年に読んでよかったマンガ」 1位は『葬送のフリーレン』、2位以下は?
電子書籍販売サイト「ebookjapan」のユーザーを対象に実施した調査によると、2023年に読んでよかったマンガランキング1位は『葬送のフリーレン』だった。2位以下にはどんな作品がランクインしたのか?(2023/12/9)

100円ショップで「三種の神器」が買える!? 意外すぎるラインアップに「ちょっと欲しい」「何回壇之浦に沈めても大丈夫」の声
こんなものまで売っているとは。(2023/12/6)

キャサリン妃役抜てきの新人俳優、イベントでのドレス姿が「全然プリンセスじゃない」 一部ファンの理不尽たたきにあきれる声も
お姫様は大変。(2023/11/14)

マクドナルドが“まんが学習シリーズ”みたいな謎アニメを公開 2大派閥「ポテト派とナゲット派」に第三勢力「エビプリ王」が立ち向かう
どこにあるんだエビプリ王国。(2023/9/22)

俺たちのYOSHIKI、日本人で初めてチャイニーズ・シアターに名を刻む 「日本の歴史上最も影響力のあるミュージシャン、作曲家の一人」
シンプルにすごい!(2023/9/5)

浦和サポ18人に無期限入場禁止などの処分、JFAが決定 「やばすぎ」「最悪」SNSで“蛮行”拡散される
17人に無期限の入場禁止、1人に5試合の入場禁止を決定しました。(2023/8/31)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
関東大震災復興のため東京に地下鉄網をつくれ 100年前の構想図見つかる
東京・日比谷の「後藤・安田記念東京都市研究所」で、100年前の地下鉄整備検討資料が見つかった。9月22日まで、同研究所がある市政会館で展示されている。今回は、この資料などをもとに「東京の地下鉄年表」を作成し、複数の計画案を「現在の地図上に路線図」として描いてみた。(2023/8/28)

伊勢神宮には、どの神社にもある「おなじみのもの」がない? その“頼もしすぎる理由”に行ってみたくなる
おかげ横丁やおはらい町では、色んなバージョンの“アレ”が売ってます。(2023/8/17)

Matt、ウィリアム皇太子夫妻との3ショットがまるで王子様 「一緒に撮れるって凄すぎ」「二度見しちゃいました」
あふれ出るロイヤル感。(2023/8/13)

狩野英孝、駐車場のおつりから「見た事もないコイン」 記念貨幣を手にする“奇跡”に「やっぱ持ってる」と16万いいね
すごい……!(2023/8/6)

SNSで乱入動画拡散し「最悪」「許されない」…… 浦和レッズ、サポーター77人に処分
入場禁止や厳重注意などの処分を発表しました。(2023/8/3)

パリの日本大好き祭り「Japan Expo」で熱狂を感じてきた 会場&コスプレレポート
「Japan Expo」はコミックマーケットというよりはニコニコ超会議のような感じでした。(2023/7/21)

東京V親会社ゼビオの看板損壊、スタジアムで花火使用…… 迷惑行為報告にFC東京「実行者を特定し、厳正な対処を進める」
(2023/7/13)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
2000万円超えの高級車「センチュリー」 なぜSUV化するのか
現在、日本で唯一のショーファーカー(専用運転手付きのクルマ)であるトヨタ「センチュリー」。年内にもSUVモデルの登場が予告され、注目を集めています。そこで、センチュリーがどれほど特別な存在なのかを解説します。(2023/7/13)

ウィンブルドン公式、ケイティ・ペリーやベッカムなどの“セレブ観戦投稿”連発で批判 「真のスターは選手」「私たちはテニスに関心」
セレブの“タダ席”招待への批判の声も。(2023/7/9)

経済の「雑学」:
VIP御用達車「センチュリー」→「アルファード」 “先駆者”はトヨタ豊田章男会長だった?
8年ぶりの全面刷新となった高級ミニバンの新型「アルファード」「ヴェルファイア」。トヨタ自動車のデザイン部門のトップが豊田章男会長に関して、「アルファードから降りてきた章男さんを見て、仰天した」とするエピソードを披露した。(2023/7/8)

インドネシア在住の元JKT48・仲川遥香、天皇皇后両陛下と面会 11年間滞在で「一生の宝物になる機会」 「頑張ってよかった」
2017年には両国の橋渡しとなる親善大使に任命。(2023/6/21)

イニエスタ、J1「ヴィッセル神戸」を7月に退団 涙の記者会見、日本のファンに「感謝」も
7月1日の北海道コンサドーレ札幌との試合を最後に退団することが決まりました。(2023/5/25)

NHK大河ドラマ「光る君へ」、気鋭の22歳俳優が初出演 「往生際の意味を知れ!」「きれいのくに」などで知られる
新たに6人のキャストを発表。(2023/5/23)

北斗晶、“大ファンの韓国俳優”とサプライズ対面でミーハー化 自身の姿に「ただの汚い日本のおばちゃんでした」
北斗さんウキウキ。(2023/5/20)

和歌とSNSは似ている?:
愛読書は“ギャル雑誌”? 「はにゃ?」「勝たん」――令和版万葉集ヒットの背景
「はにゃ?」「織姫しか勝たん!」「ワンチャンないで」――。日本最古の和歌集『万葉集』を「令和言葉・奈良弁」で訳した書籍が売れている。なぜ万葉集を若者言葉、しかも奈良弁で訳したのか?(2023/5/1)

「今日はクソガキランチを作ります」 “やりたい放題にも程がある昭和90年代の料理番組”がクレイジーでノスタルジー
昭和天皇何歳の世界だよ。(2023/4/24)

乗船レポート2:
英国の超豪華客船「クイーン・エリザベス」が日本発着クルーズを重視するワケ
日本のクルーズ市場において外国客船は重要な位置を占めている。近年利用者が急増している「フライ&クルーズ」は日本人が飛行機で海外に赴いて現地のクルーズを利用する形態だった。今回の記事で紹介する外国客船による日本発着クルーズはその逆で、客船が海外から日本にやってきて日本の周辺海域を航海する。(2023/4/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
元JAL客室乗務員教官が大切にしている「本当に気がきく人」は、お客さまに何も言わせない
日頃からどれほどの意識を持って相手の表情や行動、周囲の状況を“観察”しているかによって、気づく力には差が出てしまうが、気づく力は磨くことができる。(2023/3/23)

FAメルマガ 編集後記:
日本の卒業式、タイの卒業式、私の卒業式
桜が咲き始めましたね(2023/3/17)

2月11日開催試合で:
プレシーズンのカップ戦、観客の収容制限撤廃 声出し応援も全面解禁へ Jリーグが発表
新シーズン開幕を前に、Jリーグが2月11日開催のプレシーズンマッチで、観客の収容制限の撤廃と声出し応援を全面解禁すると発表した。感染防止のため、コロナ禍では観客の収容人数や声出し応援を制限していた。(2023/2/1)

値上げのDAZN、格安プランも同時投入 月額980円「DAZN Global」の狙い
スポーツ動画配信サービス「DAZN」の基本プランの月額料金が2月14日から3700円に改定される。2年連続の値上げとなった一方で、注目を集めているのが新プラン「DAZN Global」。月額980円で提供する格安プランでDAZNは何を行うのか、狙いを聞いた。(2023/1/14)

俺たちの“平成”がまた帰ってくるだと……!? MステでDA PUMP「P.A.R.T.Y.」披露で仮面ライダーヲタ歓喜
しかも上皇さまのお誕生日に。(2022/12/23)

企業の先進事例:
違法・無報告・無規制な漁業で枯渇する資源 回復を目指すための「ブルーシーフード」とは?
ロックフェラー家の当主デビッド・ロックフェラー・ジュニアさんが2004年に設立した海洋保護を目的としたNGO団体「セイラーズ フォー ザ シー」。企業や自治体を通して「ブルーシーフード」を普及させようとしている。日本支局のトップに「ブルーシーフード」の可能性を聞いた。(2022/12/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。