ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「天皇」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「天皇」に関する情報が集まったページです。

「土用の丑の日」間近:
「奇跡のウナギ缶詰」物語――“日本一の防災”目指し始まった「町おこし」
高知県の黒潮町缶詰製作所で作られている「奇跡のウナギ缶詰」を巡る物語――。(2019/7/11)

落ちこぼれ青年の逆転劇:
田中角栄からカネは受け取らなかった――田原総一朗が語る「ジャーナリスト人生の原点」
田原総一朗の「ジャーナリスト人生の原点」に迫った。(2019/6/26)

いかにして「苦境」を乗り越えてきたか:
“絶体絶命”のファーウェイ、「伝説の創業者」のDNAに見る“それでも強気な理由”【後編】
米国の制裁に揺れる中国通信機器・端末大手のファーウェイ。絶体絶命の窮地に追い込まれたかに見える一方、創業者の任正非(じん せいひ)を筆頭にファーウェイ関係者は強気な姿勢を崩さない。(2019/5/30)

首相官邸Twitter、安倍首相の漢字読み間違い報道を真っ向から否定
「報道にある漢字の読み間違いなどは、ありません」――首相官邸のTwitterが、安倍晋三首相をめぐる報道について、真っ向から否定するツイートを投稿し、注目を集めている。(2019/5/27)

どこまでが「関東」で、どこからが「関西」なのか?
何によって分かれているんだ?(2019/5/22)

駅名改称問題:
「かすりもしていない」 京急「新逗子」が「逗子・葉山」に
京浜急行電鉄の金沢八景駅を発着する逗子線の終点「新逗子駅」で、ちょっとした問題が起きている。京急は1月に駅名を「逗子・葉山駅」に改めると発表したが、所在地は神奈川県逗子市逗子5丁目。隣の神奈川県葉山町には、「かすりもしていない」(逗子市民)からだ。両自治体の住民からは「葉山」の言葉の響きに……。(2019/5/22)

悠仁さまの机に置かれた刃物、エヴァの「ロンギヌスの槍」模した!? 形状が話題
秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが通われるお茶の水女子大付属中学校の机に刃物が置かれた事件で、2本のナイフを槍(やり)状にした手製の刃物が、新約聖書や人気アニメに登場する「ロンギヌスの槍」に似ていると注目されている。警視庁に建造物侵入容疑で逮捕された容疑者は、天皇制を批判する供述をしているが、刃物の形状にも意味があるのか。(2019/5/9)

「令和」企業、1カ月で73社に 「平成」ペース上回る
新元号「令和(れいわ)」と同じ漢字表記が会社名に入る企業は、4月1日の元号公表時点ではなかったのに、約1カ月間で全国29都道府県で73社に増加していたことが信用調査会社「東京商工リサーチ」のまとめで分かった。(2019/5/9)

芸能人が天皇陛下に「お疲れ様でした」で炎上 → 国語辞典編集「新しい謎ルールの誕生としか言えない」
「目上には失礼」は「新たな謎ルールの誕生」なんだそうです。(2019/5/8)

こんなはずじゃ:
連休明け、もう出社したくなくなっちゃったとき
過去にない10連休――。「休み明けに仕事をしたくないなあ」と感じた人も多いかもしれないが、もっと深刻な人がいる。今年4月から社会人になったばかりの新卒入社社員、連休明けにはもう辞めたいとか出社したくないと思ってるベテランの人だ。(2019/5/8)

小籔千豊、「ノブコブ」吉村と令和最初の一般参賀へ 国旗を持った2ショットも
今回はボケなし。(2019/5/5)

NHKが「ゴールデンウィーク」という言葉を使わない理由
なんで「大型連休」って言い換えるの?(2019/5/1)

「退位礼正殿の儀」中継でTwitterも盛り上がる 「テレ東まで中継してる……!」と驚く声も
平成→令和ならではの光景となりました。(2019/4/30)

「退位礼正殿の儀」など4月30日と5月1日の式典を首相官邸YouTubeでライブ配信
首相官邸のYouTubeチャンネルにて配信予定です。(2019/4/27)

平成のうちに知りたい元号のこと:
「令和」公表後のシステム対応、どうなってる?
令和まであとわずか。だが、まだシステム対応は終わらない。(2019/4/24)

レンタルWi-Fiにはない「圧倒的な利便性」 海外SIMに注力するアイツーの戦略
アイツーは、自社ブランドの「トラベルSIM anyware」や「トラベルe-sim」に加え、「GigSky」も取り扱うなど、多彩なバリエーションの海外用SIMカードを販売している。なぜ海外用SIMカードに着目したのか? ローミング専用SIMカードの現状をアイツーのJag山本氏に聞いた。(2019/4/24)

杉山淳一の週刊鉄道経済:
「令和駅」は誕生するのか? 「高輪ゲートウェイ駅」を改名したい
GWの大型連休に関連して、旅行業界が盛り上がっている。そんな中で筆者が注目しているのは、新元号の始まりを特別列車の車内で祝うツアーである。中でも近畿日本鉄道の「元号をつなぐ貸し切り列車の旅」は豪華で……。(2019/4/20)

何言ってるか全然わからん! 実はちくわはかまぼこで、かまぼこはちくわだった
おれがあいつであいつがおれで。(2019/4/19)

新元号の「梅花の宴」言及部分:
令和の典拠『万葉集』 中西進が語る「魅力の深層」【後編】
新元号「令和(れいわ)」の典拠である『万葉集』――。万葉集研究の第一人者、中西進氏がその魅力を語る後編。(2019/4/19)

今読まれるべき「大和のこころ」:
令和の典拠『万葉集』 中西進が語る「魅力の深層」【前編】
新元号「令和(れいわ)」の典拠である『万葉集』――。万葉集研究の第一人者である中西進氏がその魅力を語る前編。(2019/4/18)

若い世代の方が好感:
世論調査にみる「令和」の好感度 かつて廃止論の社共も歯切れ悪く
新たな元号が「令和」に決まった。産経新聞とフジニュースネットワーク(FNN)が6、7両日に実施した合同世論調査によると、新元号を「良いと思う」との回答は87.0%に達し、国民の大多数は好感を持って新元号を迎えた。元号は国民生活に定着し、制度存続が望ましいとの声はむしろ、若い世代の方が多い。平成改元時には「軍国主義復活」などと難癖をつけた左派政党も今回は歯切れが悪く、皇室や伝統を否定するお家芸は支持を得られない時代になったようだ。(2019/4/17)

春分と秋分は祝日なのに、夏至と冬至は祝日にならない理由
夏と冬がかわいそう……。(2019/4/14)

「ハッカー攻撃」連日16億件以上……サイバー空間で何が? 自衛隊「サイバー防衛隊」初代隊長を直撃
日本政府は、サイバー攻撃に関する情報を官民で共有する新組織「サイバーセキュリティ協議会」を発足させた。政府は、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」にも、「防衛・反撃能力」強化を盛り込んだ。いま、サイバー空間で何が起きているのか。自衛隊「サイバー防衛隊」の初代隊長で、現在、情報セキュリティー会社で監視業務を統括する佐藤雅俊氏(58)を直撃した。(2019/4/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
Amazonベゾス不倫騒動と、サウジ記者殺害をつなげる「デジタル監視」の実態
米アマゾンのジェフ・ベゾスCEOの不倫疑惑が国際問題に発展しそうな気配が漂っている。個人的な情報が流出したことについて、ベゾス氏の捜査では「ある国」が関与した可能性を指摘。その背景には、サウジアラビア人記者殺害事件があって……。(2019/4/4)

新元号を祝う「令和 慶祝カラー」発表 春を知らせる日本の花にちなみ「梅」「すみれ」「桜」
「自然の美しさを愛でる穏やかな日々が未来永劫続くように」と、日本流行色協会が選定。(2019/4/3)

日本最古の歌集「万葉集」から:
首相談話全文「希望とともに花咲かせる日本でありたい」
安倍晋三首相は1日、新元号「令和(れいわ)」に関する談話を発表した。首相談話の全文は次の通り。(2019/4/2)

アレクサに「新しい元号を教えて」と聞くと、出典や施行日まで詳しく教えてくれた
平成の次の元号が「令和」に決まった。AlexaやGoogleアシスタントは、昼過ぎの時点で既に新元号を知っており、「新元号は?」などとと聞くと教えてくれる。特にAlexaはとても詳しい。(2019/4/1)

【全文書き起こし】新元号「令和」は万葉集から 安倍首相「『人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ』という意味込めた」
国書を典拠とする元号は歴史上初となります。(2019/4/1)

新元号「令和」に
令和の出典は、日本最古の古典「万葉集」から。皇太子さまが翌5月1日に新天皇に御即位、あわせて元号を平成から令和に改元する。(2019/4/1)

新元号「令和」 発表直後のTwitterの反応はポジティブが約9割 「カッコいい」「伝統の中に清新な風を感じます」
みなさんはどんな印象を抱きましたか?(2019/4/1)

新元号は「令和(れいわ)」 皇太子さまの新天皇即位に合わせ5月1日から施行
1989年1月8日から30年4カ月続いた「平成」が間もなく幕を下ろします。次の時代も良い時代に。(2019/4/1)

IT企業の「新元号『安久』に対応」発表文にネット騒然 「仮置きだった」と謝罪
「新元号を知らされていた企業が漏えいしたのでは?」という声もありましたが、新元号を仮置きしていたまま公開してしまったとのこと。(2019/3/29)

「劇場版パタリロ!」予告編&ビジュアルが解禁! 加藤諒×魔夜峰央ワールドの妖しい美しさがクセになりそう
あらすじには「埼玉県春日部」の文字も。(2019/3/29)

新元号に採用? 『古事記』と『日本書紀』、それぞれの共通点と相違点
受験知識だけではもったいない。(2019/3/27)

国のシステム改修、改元までに完了へ「国民生活影響なし」 政府連絡会議が確認
政府は14日、5月1日の改元に向けた関係省庁連絡会議を開いた。各府省庁が管理する情報システムの改修作業は5月1日の改元日や10連休明けとなる7日の開庁日までに完了し、年金や納税、雇用など国民生活への影響は出ない見通しになったことを確認した。(2019/3/15)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
“冬の時代”から始まった平成アニメ、いかに2兆円産業に飛躍したか
アニメ・映像ジャーナリストの数土氏が平成アニメビジネス史を総括する。冬の時代から今の繁栄にどう至ったのか。(2019/3/14)

「ペイペイ使えます」 30円の釣り堀がある街、【曳舟】に残る“昭和”
「名前しか知らないあの街」に自転車で行ってみる。(2019/3/12)

関西の女子アナも夢中:
飼い主の心を癒やすペットたち 仕事の疲れも吹っ飛ぶ?
家族の一員として、飼い主の心を癒やしてくれるペットたち。仕事に追われ疲れたとき、悲しいことがあったとき…。言葉は通じなくても、逆に、言葉が通じないからこそ、じっとそばにいてくれるペットは、人の心に安らぎを与えてくれる。関西のテレビ番組で活躍し、視聴者から愛され続けている女性アナウンサー2人に、ペットとの心のふれあいについて聞いた。(加納裕子、木村郁子)(2019/3/4)

比叡が生まれた横須賀海軍工廠ゆかりの施設 「ヴェルニー記念館」に気合! 入れて! 行ってきました!
どどどーん、「陸奥」のホンモノ主砲もでかすぎすごすぎ!(2019/3/1)

「すんげーメンバーで写真撮ったよ!」 葛西紀明&石川遼&三浦知良&北島康介のアスリート4ショットがオーラ全開
天皇陛下の即位30年を祝う宮中茶会での1コマ。(2019/2/26)

特別展「三国志」が東京国立博物館で 関羽の青銅像や曹操の墓の出土品を展示 
東京では7月9日から9月16日まで開催。10月からは九州国立博物館で開催されます。(2019/2/27)

「国宝王国」の新たなコンテンツは“かき氷”:
JR東海が「駅のない」奈良で観光キャンペーンを仕掛ける理由
JR東海が「駅のない」奈良で観光キャンペーンを仕掛けるのはなぜか? 「そうだ 京都、行こう」によって、京都を、日本を代表する観光地に押し上げた再現はなるか。(2019/2/22)

2019年限りの祝日「即位礼正殿の儀(10月22日)」って知ってる? → 約8割が「知らない」と回答 手帳に記載があるか確認を!
休みが増えたぞおおおお!(2019/2/20)

戦艦「比叡」の船体発見 ポール・アレン氏の調査チーム
ポール・アレン氏(昨年死去)の調査チームは、先の大戦の真珠湾攻撃に参加し第三次ソロモン海戦で沈没した旧日本海軍の戦艦「比叡」の船体を南太平洋ソロモン諸島沖の深さ約1千メートルの海底で発見したと発表した。(2019/2/7)

日本発の「らせん高分子」 ノーベル賞級の隠れた偉業
科学技術の進歩に貢献した人物に贈られる日本国際賞の今年の受賞者に、「らせん高分子」を開発した名古屋大の岡本佳男特別招へい教授が選ばれた。約40年前から医薬品などの製造現場で広く使われている世界的な業績で、ノーベル賞に匹敵するともいわれ、評価は遅すぎたとの声も上がっている。(2019/2/4)

「大人になる→改名」「出世する→改名」「出家→改名」 昔の人はどうしてコロコロ名前を変えたのか
現代では改名なんて大変なのに。(2019/2/4)

平成のうちに知りたい元号のこと:
改元は凶事の「リセット装置」だった? 意外に知らない元号の話(後編)
意外に知らない「元号」について豆知識を交えて紹介。後編となる今回は「改元」がなぜ行われるのか、改元にはどんな意味があるかを解説します。(2019/1/30)

平成のうちに知りたい元号のこと:
元号はいつから使われている? 意外に知らない元号の話(前編)
普段特別な意識を向けることなく使っている「元号」。そもそも「元号」とは何なのでしょうか、なぜ天皇が変わると改元するのでしょうか。意外に知らない「元号」や「改元」に関する豆知識を、前後編の2回に分けてお届けします。(2019/1/29)

和田憲一郎の電動化新時代!(31):
都市部への人口集中、観光客の増加……今こそ新しいモビリティの創造を!
中国が建設を進める新しい都市「雄安新区」を2018年末に訪問した際、このプロジェクトは「国家千年の大計」と聞いた。千年といえば、日本にも千年続くことを計画して作られた都がある。平安京そして現在の京都である。平安京は、794年に遷都以来、その後京都として現在で1225年になる。今回は、千年の大計と呼ばれる中国の雄安新区、そして日本の平安京(京都)における街づくりの在り方から、2019年の初頭の話題として、将来のモビリティ像について考えてみたい。(2019/1/28)

新オークラのスイートは「1泊300万円」:
「外国人セレブ」狙い撃ち 再開発で生まれ変わる虎ノ門
虎ノ門・麻布台地区の再開発。国際的なビジネス・交流拠点として特徴ある街づくりを目指そうとしている。(2019/1/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。