ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「天皇」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「天皇」に関する情報が集まったページです。

大型連休中には利用者数が対前年6%に:
コロナ直撃の東海道新幹線 消毒、換気に続くJR東海の対策は「薬師如来」
コロナの影響で東海道新幹線の大型連休中の利用者数は、前年のわずか6%にとどまった。6月に入り利用者数は対前年22%まで戻したが、厳しい状況は続く。JR東海のコロナ対策の舞台裏と品川駅構内に現れた特大パネル「薬師三尊像」の真意を追った。(2020/6/29)

ウィリアム王子、38歳の誕生日に3人の子どもたちとの写真が公開 「故ダイアナ妃にそっくり」「ルイ王子が大きくなってる」
子どもたちはそれぞれ6歳、5歳、2歳に。(2020/6/22)

スペースシャトル以来9年ぶり:
インターステラ稲川社長が語る「SpaceXの偉業を支えた“天才技術者”」 民間による有人宇宙飛行成功の原点とは?
米国の宇宙ベンチャー・SpaceXはNASAの宇宙飛行士2人を乗せた宇宙船クルードラゴンの打ち上げに成功した。アメリカからの有人宇宙飛行は2011年のスペースシャトル以来9年ぶり。民間企業が開発を主導した有人宇宙船が国際宇宙ステーションに接続するのは初めてのことだ。(2020/6/12)

99歳までずっとハンサム フィリップ王配とエリザベス女王夫妻のバースデー2ショットが「理想の夫婦」
白寿を迎えられました。(2020/6/11)

宇宙は“特別な場所”ではない:
宇宙開発は製造業からインフラ・情報産業へ――インターステラテクノロジズとアクセルスペースが描く宇宙ビジネスの展望
北海道大樹町の宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST)と、超小型人工衛星事業に取り組むアクセルスペースのトークセッションが、4月20日にオンラインで開催された。ISTのこれまでの道のりと、今後の宇宙開発の展望などを書き下ろしたISTファウンダーの堀江貴文氏の著書『ゼロからはじめる力 空想を現実化する僕らの方法』(SB新書)の出版を記念したものだ。セッションの模様をお届けする。(2020/5/29)

「IT後進国ニッポン」の病巣に迫る【後編】:
IT業界の「多重下請け問題」を変える真の方法とは? 1次請けから3次請けまで経験した社長が提唱する「0次請け」
IT業界で常態化している多重下請けが、日本のソフトウェア開発を米国や中国よりも遅れさせ、かつ、優秀なエンジニアが育たない状況を作り出している――。こんな危機感を持って、業界の構造改革に向けて取り組んでいるのが、東京都渋谷区に本社がある情報戦略テクノロジー。高井社長はIT業界で1次請けから3次請けまで経験している。その経験から、業界の構造改革のためには、企業の事業部門と直接ビジネスをする「0次請け」と、エンジニアのスキルシートの統一化が必要だと訴えている。(2020/6/5)

大樹町の要請で打ち上げ延期:
新型コロナで苦渋の決断――ホリエモン出資の宇宙ベンチャー・インターステラ稲川社長が“打ち上げ延期決定前”に明かしていた「人材育成と成長戦略」
北海道大樹町の要請によって延期になった国産小型ロケット「MOMO5号機」の打ち上げ――。ホリエモン出資の宇宙ベンチャー・インターステラテクノロジズは同機の打ち上げを、宇宙事業が「実験」から「ビジネス」に進化する転換点と位置付けていた。ITmedia ビジネスオンラインは4月20日の時点で稲川社長に単独インタビューを実施。同社が進める人材育成、今後の成長戦略についてのビジョンを聞いていた。延期とされた5号機の打ち上げが、同社や日本の宇宙産業にとっていかなる意味を持っていたのかを問い掛ける意図から、その一問一答を掲載する。(2020/5/13)

非常事態終了を遅らせるバカにつける薬
日本人は今、2種類いる。非常事態解除を真剣に願い行動抑制する者と、非常事態の意味もコロナの意味も理解できない者である。(2020/4/29)

和風月名・最大の謎「卯月」。うと卯と兎と宇をめぐる旅〜前編〜
(2020/4/3)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(25):
逗子駅での客待ちタクシーの意外なデータ構造 〜年月が磨くデータ形式
OSやアルゴリズムの授業で必ず学習する「データの構造」や「データの編成方式」。今回は、実社会で自然発生的に、経験的に出来上がったデータ構造を考えます。意外にスゴイことをやっています。(2020/3/23)

春分の日の意味とは? 年に2回あるお彼岸と、日付が変わる理由
(2020/3/19)

ビジネスにも通じるリーダー論:
NHK大河「麒麟がくる」明智光秀の意外な“危機管理能力”と本能寺の変の真相――時代考証担当の研究者が迫る
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」主人公の明智光秀。裏切り者の印象が強いが「危機管理」など名リーダーの側面も。戦国時代史研究の第一人者が解説。(2020/3/15)

令和初の天皇誕生日、一般参賀は中止に
新型コロナウイルス感染拡大を危ぶみ。(2020/2/17)

【なんて読む?】今日の難読漢字「乙張り」
ヒント:め○○○(2020/2/8)

【なんて読む?】今日の難読漢字「齷齪」
ヒント:あ○○○(2020/2/6)

【なんて読む?】今日の難読漢字「齣」
学校、マンガなどで使う言葉。(2020/2/4)

【なんて読む?】今日の難読漢字「緑鳩」(「みどりばと」ではない読み方)
カラフルなハトの仲間、そういうのがいます。(2020/2/2)

【なんて読む?】今日の難読漢字「犇犇」(牛だらけ)
「森」の牛バージョンみたいな漢字。(2020/1/31)

【なんて読む?】今日の難読漢字「竕」(単位を表す漢字)
「メートル=米」のようにいろいろな単位が漢字1字で表せる(読めるとは言っていない)。(2020/1/29)

【なんて読む?】今日の難読漢字「颪」
下+風(2020/1/27)

住宅・ビル・施設 Week 2019:
付加価値を生む建物改修には何が必要か?丹青社の「ミライザ大阪城」から学ぶ
ディスプレイ業大手の丹青社は、「住宅・ビル・施設 Week 2019」の基調講演で、にぎわいや売れる空間づくりには何が必要かを「JR大阪三越伊勢丹」や「ミライザ大阪城」のリニューアル事例から紐(ひも)解いた。(2020/1/27)

【なんて読む?】今日の難読漢字「欧く」(「欧米」でおなじみの漢字)
ヨーロッパの当て字でよく見る。でも、意味は……?(2020/1/25)

ベゾス氏iPhoneへの不正アクセス事件、サウジ皇太子が関与か 国連特別報告者
2018年にサウジアラビアのムハンマド皇太子のWhatsAppアカウントからジェフ・ベゾス氏に送信された動画ファイルに、監視用のスパイウェアが仕込まれていた。(2020/1/23)

ベゾス氏のプライバシー流出、サウジ皇太子のWhatsAppが関与の可能性を国連が指摘
Washington Postオーナーのジェフ・ベゾス氏のプライバシー流出について調査していた国連人権理事会が、報告書を発表。サウジアラビアのムハンマド皇太子のWhatsAppアカウントから送られたマルウェアによってベゾス氏のiPhone内のデータが盗まれた可能性が高いとしている。(2020/1/23)

【なんて読む?】今日の難読漢字「飆飆」
犬だらけ(2020/1/23)

【なんて読む?】今日の難読漢字「白馬」(「はくば」ではない読み方)
色が違う。(2020/1/21)

征夷大将軍になり損ねた男たち【中編】:
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に登場 将軍よりも関白の権威を政治に利用した豊臣秀吉
織田信長、豊臣秀吉、明智光秀……。武家の最高位「征夷大将軍」の座を逃した歴史人物に学ぶ組織に生きる現代人に役立つ教訓をお届けする。第2回目は関白の権威を天下統一に利用した豊臣秀吉を取り上げる。(2020/1/18)

征夷大将軍になり損ねた男たち【前編】:
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に登場 古い権威を無視し、あえて将軍にならなかった織田信長のリーダー論
織田信長、豊臣秀吉、明智光秀……。武家の最高位「征夷大将軍」の座を逃した歴史人物に学ぶ組織に生きる現代人に役立つ教訓をお届けする。第1回目はあえて将軍の座に就かなかった織田信長を取り上げる。(2020/1/18)

コミケや天皇杯など年末年始のおでかけ注意 東京メトロ銀座線、12月28日から1月2日にかけて区間運休伴う大規模工事を実施
半年前から告知済みですが、年末年始に移動する人は注意が必要そうですー。(2019/12/27)

海外ネットユーザーから日本はどう見える? 2019年に米英豪で注目されたトピックは「令和」「京アニ」「台風19号」
Amobee Japanが米英豪のネットユーザーを対象に日本に対するトレンドを分析。2019年に注目を集めたトピックは?(2019/12/25)

トリップアドバイザー「日本人に人気の神社仏閣2019」 1位は4年連続で「伊勢神宮」
初詣の参考にしたい。(2019/12/18)

Airbnb初! マハラジャが住む王宮に一般旅行客も宿泊可能に
11月23日から予約スタート。年内は公開記念スペシャル料金です。(2019/11/18)

「祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀」、宮内庁楽部が「奉祝行進曲『令和』」を奏でる中スタート 天皇陛下と皇后さまが笑顔で手を振られる
「祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀」は国民に広く即位を披露し祝福を受けられるパレードです。(2019/11/10)

河童の天皇が来たら作って! 芸術的な“きゅうりの飾り切り”13種盛りの動画が人気
河童の天皇「この料理人に勲章を」(2019/11/7)

天皇即位祝賀パレード、沿道に観覧ブース 警視庁Twitterで混雑状況を発信
交通規制も実施。(2019/11/6)

京都在住の社会学者が斬る:
京都が観光客でパンクする!? 古都を襲う「オーバーツーリズム」の暴走
インバウンドを始め観光立国を標ぼうする日本。その代表格、京都では多すぎる観光客に不満が噴出している。この「オーバーツーリズム」問題に社会学者が迫る。(2019/10/31)

即位礼正殿の儀に参列したブルネイのマティーン王子がイケメンすぎると話題
公式インスタが眼福でしかない。(2019/10/23)

「ヤベェ本」2万RTで異例の重版、「有職装束大全」が絵師のハートをつかんだ理由
学術専門書籍の「有職装束大全」が好調な売れ行きを見せている。Twitterをきっかけに異例のスピードで重版が決まった本書。著者と出版社に何が起こったのか聞いた。(2019/10/21)

天皇即位祝賀パレード、延期決定 11月10日に
「即位礼正殿の儀」などは変更なし。(2019/10/18)

月刊乗り鉄話題(2019年10月版):
日本一貧乏な観光列車「ながまれ海峡号」の1回しか出ないメシで満腹になってやったぜ
はるばる来たヨ函館ェ〜 おいおいおいおい……! 1回だけれど「4時間食べ続ける」旨すぎる列車でした。【写真40枚】(2019/10/18)

天皇即位祝賀パレード延期の場合、祝日も延期になるの? → 内閣府に聞いてみた
祝日は10月22日のまま動かず。(2019/10/17)

JRAと「ガンダムSEED」がコラボ もはや当然のようにガンダムが馬に乗って走り回る
コラボ動画ではキラとアスランによる新録ナレーションが……これは熱いぜ!(2019/10/16)

世界を「数字」で回してみよう(61) 働き方改革(20) 最終回:
長時間労働=美徳の時代は終わる 〜「働き方改革」はパラダイムシフトとなり得るのか
20回にわたり続けてきた「働き方改革」シリーズも、今回で最終回を迎えました。連載中、私はずっと、「働き方改革」の方向性の妥当性は認めつつ、「この問題の解決はそれほど簡単なことではない」という反骨精神にも似た気持ちの下、それを証明すべく数字を回してきました。これは“政策に対する、たった1人の嫌がらせ”とも言えます。そして最終回でも、この精神を貫き、“たった1人の最後の嫌がらせ”をさせていただこうと思っています。(2019/8/29)

公衆電話の歴史を手のひらに 「NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション」発売 「金色の公衆電話機」「デュエットホン」も
タカラトミーアーツは、カプセル玩具「NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション」を11月中旬から順次発売する。1回300円(税込)。懐かしい「赤電話」や珍しい「デュエットホン」も。(2019/8/9)

深田恭子「ルパンの娘」4話で飛び出した「ルパン三世 カリオストロの城」の名台詞オマージュ! 視聴率急落でも安定の面白さ
勘違いした深田恭子、岸井ゆきの出現に大ショック。(2019/8/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
「表現の自由」を企業がどこまで守るか 8chan、愛知芸術祭に見るリスクと責任
愛知県・国際芸術祭の展示中止問題で「表現の自由」を巡る議論が盛り上がっている。米国でもネット掲示板「8chan」が一時停止に追い込まれた。企業の事業や自治体のイベントにも、表現の自由を巡るリスクが隠れている。どのように扱うべきだろうか。(2019/8/8)

公衆電話が手のひらサイズのフィギュアになったガチャコレクション タカラトミーから
タカラトミーは、11月中旬から「NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション」を発売。受話器のフックや返却口が動き、ボタンも押せるギミックを搭載する。ラインアップは「アナログ公衆電話機」や「デュエットホン」など。(2019/8/7)

公衆電話のカプセルトイが登場 NTT東が監修、赤電話やデュエットホンなど全6種類
受話器やダイヤルボタンを動かせる精巧なギミック付き。(2019/8/7)

俺たちのYOSHIKIが今度はチャールズ皇太子と面会 「お会いできて光栄です」
バッキンガム宮殿で面会したようです。(2019/8/6)

「表現の不自由展・その後」の中止をめぐり日本漫画家協会が声明文 表現の自由の大切さ強調
3日に「表現の不自由展・その後」の中止が発表されていました。(2019/8/6)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。