ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「工場ニュース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「工場ニュース」に関する情報が集まったページです。

工場ニュース:
ベトナムで標準ポンプの製品組み立てを行うノックダウンセンターの稼働開始
荏原製作所は、ベトナムで標準ポンプの製品組み立てを行うノックダウンセンターの稼働を開始した。グローバル生産体制、サプライチェーンの強化により、海外市場での標準ポンプ事業の競争力を高める。(2021/1/19)

工場ニュース:
プライメタルズテクノロジーズ、製鉄所の近代化工事で生産量と製品品質を向上
Primetals Technologiesが手掛けていた、Arvediクレモナ製鉄所の近代化工事が完了し、再始動した。連続鋳造機の更新により質量流量を上げて生産能力を増強し、年間総生産能力300万tを目指す。(2021/1/15)

工場ニュース:
有機EL材料の中国での供給体制を強化、成都市で新工場を本格稼働
出光興産は、アジアで3カ所目の有機EL材料製造工場となる「出光電子材料(中国) 成都工場」の本格稼働を開始した。成都工場の年間生産能力は12tで、静岡や韓国の拠点を合わせた出光興産グループの年間生産能力は、合計22tとなる。(2020/12/23)

工場ニュース:
ガンプラ工場の新館が完成、国内外の需要拡大に向け生産能力を4割増
BANDAI SPIRITSは、2019年8月に建設を発表していたアニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル(以下、ガンプラ)などを生産する新工場「バンダイホビーセンター新館」(静岡市葵区)が2020年11月30日に完成し、同年12月1日から稼働を開始したと発表した。(2020/12/2)

工場ニュース:
三菱パワーが金属積層造形事業を本格始動、日立工場に拠点「AM-Zone」が完成
三菱パワーは、アディティブマニュファクチャリング(積層造形)事業の本格始動に向けて、特殊合金や金属粉末製造の大手であるフランスのオベール・デュバル(AD)と、金属積層造形用材料となる金属粉末の特定の組成・製造に関する技術ライセンス契約を締結したと発表した。(2020/11/30)

工場ニュース:
アイリスオーヤマが医療用マスクと除菌ウェットティッシュの国内生産を開始へ
アイリスオーヤマは2020年11月19日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の長期化に対応するために、医療機関で不足している「医療用N95マスク」と、品薄状態が続く「除菌ウェットティッシュ」を宮城県角田工場で生産することを決定した。(2020/11/20)

工場ニュース:
自動化とデジタル化のモデル工場新設、ドイツでマシニングセンタ生産開始
DMG森精機は、ドイツのフロンテン工場に新設した「monoBLOCK エクセレンスファクトリー」の稼働を開始した。自動化、デジタル化を取り入れ、5軸制御マシニングセンタ「monoBLOCK」シリーズの生産工程を革新した。(2020/11/6)

工場ニュース:
東芝が深谷事業所を閉鎖、テレビなど映像製品の中核拠点
東芝は2020年9月30日、同社深谷事業所を2021年9月末に閉鎖すると発表した。(2020/10/5)

工場ニュース:
パナソニックが業務用AV機器の中心拠点である岡山工場を閉鎖
パナソニック コネクティッドソリューションズ社は2020年10月1日、業務用AV機器事業の強化に向けた改革の一環として、岡山県岡山市の岡山工場を閉鎖すると発表した。(2020/10/5)

工場ニュース:
横浜ゴムがインドに新工場建設、オフハイウェイタイヤ需要の増加に対応
横浜ゴムは、農業機械用タイヤなどオフハイウェイタイヤの生産販売グループ会社ATGの生産能力を増強するため、インドのアチュタプラム工業団地に新工場を建設する。(2020/10/1)

工場ニュース:
ベトナムに第3の生産拠点を設立し、アルミワイヤハーネスの需要増に対応
古河ASは、ベトナムのヴィンロン省に第3の拠点となる新会社を設立した。同社の技術とコストの優位性からニーズが高まっているアルミワイヤハーネスの生産能力を増強し、需要増に対応する。(2020/9/28)

工場ニュース:
ベトナムに自動車用ホース製造会社を設立、競争力のある製品を供給
住友理工は、ベトナムの第3タンロン工業団地内に、自動車用ホース製造、販売の新会社「SumiRiko Vietnam」を2020年12月に設立する。ベトナムでは2つ目の拠点となる。(2020/9/17)

工場ニュース:
熱処理工程の移管で新工場を増設、災害リスク回避や大形軸受の生産を強化
日本精工は、NSK富山への熱処理工程の一部移管に伴い、高岡工場に新工場を増設した。災害時のリスク回避による事業継続体制の強化、好調な風力向けを中心とした大形軸受の生産を強化する。(2020/8/25)

工場ニュース:
生産能力は年間12万キロリットル、中国恵州の直営潤滑油製造工場が生産開始
出光興産は、中国の広東省恵州で、同国で2カ所目となる直営潤滑油製造工場が生産を開始したと発表した。新工場の生産能力は年間12万キロリットルで、同社グループの中国における潤滑油の供給能力は合計29万キロリットルとなる。(2020/8/24)

工場ニュース:
EUV露光用フォトマスクブランクスの供給体制を増強、2022年に生産開始
AGCは、グループ会社のAGCエレクトロニクスで、EUV露光用フォトマスクブランクスの供給体制を大幅に増強すると発表した。建屋拡張を含めた増強工事に2020年10月より着工し、生産開始は2022年を予定している。(2020/8/21)

工場ニュース:
ブラザー工業が工場で燃料電池システムを稼働開始、電気と熱を供給
ブラザー工業は、瑞穂工場の敷地に自社開発の燃料電池「BFC4-5000-DC380V」を設置し、稼働を開始した。コージェネレーションシステムとしての利用に向け、自社内で発電、発熱状況のデータを取得することを目的とする。(2020/8/4)

工場ニュース:
生産と在庫を一元管理できる物流拠点として福島工場に新倉庫を建設
アイカ工業は、化成品を製造する福島工場に危険物立体自動倉庫を新設した。新倉庫を、生産現場に在庫をまとめる「生産立地型拠点」とすることで、拠点間の輸送や複数倉庫への入出庫などをなくして合理化を図り、トータルコストを削減する。(2020/8/3)

工場ニュース:
グローバル生産体制の規模拡大に向け、中国生産子会社に新工場棟を建設
アズビルは、中国・遼寧省大連市にある生産子会社のアズビル機器(大連)に、新しい工場棟を建設する。中国に新工場を建設することで、グローバルでの生産体制をさらに拡大、強化するとともに、生産工程の高度化と自動化を推進していく。(2020/7/30)

工場ニュース:
中国の新工場で、複合機の量産を2020年7月から開始
リコーは、中国の新工場で2020年7月から複合機の量産を開始する。IoTや自動化設備の導入などによるデジタルマニュファクチュアリングの推進で、生産性向上を目指す。(2020/7/20)

工場ニュース:
臭素の生産能力を約30%増強、中国向けの供給不足に対応
東ソーは、山口県周南市の南陽事業所において、臭素の生産能力を増強する。老朽化した臭素製造設備の更新と増設により、生産能力を現在より約30%増強する。(2020/7/14)

工場ニュース:
北海道に牛乳工場を新設、老朽化した2工場を集約
明治は2020年7月2日、北海道において牛乳を生産する市乳新工場の建設を決定したと発表した。現在稼働している札幌工場と旭川工場の生産分を新工場に集約する。(2020/7/9)

工場ニュース:
需要が拡大する低燃費タイヤ用シリカの生産拠点を韓国に建設
東ソー・シリカは、低燃費タイヤ用シリカ事業において韓国の南海化学と合弁会社「東ソー南海シリカ株式会社」を設立した。需要の拡大が見込まれる低燃費タイヤ用シリカの生産能力を増強する。(2020/7/9)

工場ニュース:
1日使い捨てコンタクトレンズ製造工場を増床、最大15ラインの増設が可能に
メニコンは、1日使い捨てコンタクトレンズの製造工場である、メニコン各務原工場(岐阜県各務原市)の増床工事が完了したと発表した。今回の増床により、最大15ラインまでの増設に対応する。(2020/7/8)

工場ニュース:
放射音や振動を高精度測定、駆動系ユニット用NV評価試験設備を新設
小野測器は、宇都宮テクニカル&プロダクトセンターに駆動系ユニット用NV評価試験設備を新設した。対象物が発する音を小さなレベルから高精度に測定でき、放射音や振動の測定、伝達特性などの性能評価が可能になる。(2020/6/17)

工場ニュース:
三菱電機がシャープ福山事業所の一部を取得、パワー半導体の前工程拠点に
三菱電機は、パワーデバイス製作所のウエハープロセス工程の新たな製造拠点を広島県福山市に開設すると発表した。シャープから、同社の福山事業所(広島県福山市)の一部の土地と建屋などを取得して製造ラインを構築する。(2020/6/12)

工場ニュース:
車載コンデンサーの需要拡大に向けポリプロピレンフィルムの生産能力を増強
東レは、茨城県土浦市の東レ土浦工場に生産設備を増設し、二軸延伸ポリプロピレンフィルム「トレファン」の生産能力を増強する。電動化車両市場の拡大を背景に、車載コンデンサー用フィルムの需要拡大に対応する。(2020/6/11)

工場ニュース:
富士レビオが新型コロナ抗原検査キットの生産能力を半年で倍増、日立と東芝が協力
みらかホールディングス傘下の富士レビオは、新型コロナウイルスの抗原検査キット「エスプラインSARS-CoV-2」の新たな生産拠点として、北海道旭川市に旭川工場(仮称)を新設する。2020年12月までの稼働開始を目指しており、約半年間という短期間での工場立ち上げを日立グループと東芝グループが支援する。(2020/6/8)

工場ニュース:
分析機器メーカーが手指除菌用アルコールを自社生産、欧米拠点の社内利用向け
分析機器大手のアジレントは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって供給が不足している手指除菌用アルコールの生産を行っている。同社の工場やオフィス、物流センターなどでの社内利用分となる。(2020/6/5)

工場ニュース:
需要拡大が見込まれる触媒担体保持、シール材の新たな生産拠点を中国に設立
イビデンは、中国江蘇省に触媒担体保持、シール材の新たな生産拠点「IBIDEN Fine Ceramics (Suzhou)」を設立すると発表した。今後見込まれる需要拡大に対応するため、生産能力増強と顧客サポートを強化する。(2020/6/3)

工場ニュース:
乾式オフィス製紙機の技術を使ってマスク生産へ、5月末から開始
セイコーエプソンは2020年5月14日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、フェイスシールドやマスクを医療機関向けに無償提供する他、乾式オフィス製紙機の技術を活用したマスク製造を開始することを発表した。(2020/5/15)

工場ニュース:
京セラが医療機関向けフェイスシールドを生産、6万個を提供へ
京セラグループは2020年5月12日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、京セラドキュメントソリューションズで簡易フェイスシールドを生産し、医療機関への無償提供を開始したと発表した。(2020/5/13)

工場ニュース:
日立製作所がフェイスシールドの生産開始、6月には毎週1万個の生産能力に
日立グループは2020年5月11日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策のため、医療用フェイスシールドの生産を開始したと発表した。(2020/5/12)

工場ニュース:
日本製鉄は新型コロナで高炉稼働率が60%に低下、リーマンショック時も下回る
日本製鉄は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大による大幅な鉄鋼需要の急減に対応するため高炉の追加休止を実施する。今回の追加休止により6つの高炉でバンキングを実施することとなった。また2020年4〜6月期の高炉稼働率は60%程度を見込んでおり、これはリーマンショック時をも下回る数字だ。(2020/5/11)

工場ニュース:
ソニーが人工呼吸器の生産を受託、9月中に500台を生産へ
ソニーは2020年5月8日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の医療支援策として、医療用フェイスシールドの製造と、人工呼吸器の生産支援を行うことを発表した。(2020/5/11)

工場ニュース:
ダイベア、精密軸受専用工場を大阪府和泉市に建設
ダイベアは、ジェイテクトグループ初の精密軸受専用工場「ダイベア和泉分工場」を大阪府和泉市に建設し、2020年4月10日に開所式を開催した。同工場では、超高性能軸受「PRECILENCER」シリーズを生産する。(2020/5/12)

工場ニュース:
VWがグループの生産拠点のデータをクラウドに、2020年内に15カ所で
Volkswagen(VW)は2020年4月29日(現地時間)、2020年末までにVWグループの15カ所の生産拠点を同社の「インダストリアルクラウド」に統合すると発表した。インダストリアルクラウドの活用は、2025年までに工場の生産性を2016年比で30%改善する目標の達成に向けた重要な手段となる。(2020/5/8)

工場ニュース:
ブリヂストンが自社生産ウレタンマスクを工場周辺自治体に提供、合計30万枚
ブリヂストンは、国内グループ従業員向けに自社生産を開始したウレタン製の簡易マスクについて、国内生産拠点周辺の自治体に提供すると発表した。合計30万枚をゴールデンウイーク明けから順次提供する。(2020/5/7)

工場ニュース:
トヨタが医療用フェイスシールドを月4万個生産、デンソーもマスク生産開始
トヨタ自動車が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で厳しい状況にある医療現場や医療用品への支援施策のうち、医療用フェイスシールドの生産状況について発表。2020年4月27日から月4万個の体制で生産を始めた。デンソーも従業員向けマスクの生産を開始している。(2020/4/30)

工場ニュース:
南アルプス市に洗口液の新工場棟を建設、2021年度内の稼働で需要増に対応
サンスターは、山梨工場の敷地内に洗口液などを生産する新工場棟を建設する。2021年度内の稼働を予定しており、国内外での需要の伸びに対応することで事業拡大を目指す。(2020/4/30)

工場ニュース:
三菱電機が社内向けにフェイスガードを生産開始、5月中旬から
三菱電機は2020年4月24日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として社内向けにフェイスガードの自社生産を行うと発表した。加えて、医療機関向けに約1億円の寄付とN95マスク(約10万枚)および消毒液の寄付を行う。(2020/4/28)

工場ニュース:
新型コロナ対策で迅速承認、日本光電が気管挿管型人工呼吸器の国内生産を開始
日本光電グループは2020年4月24日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、新たに気管挿管型人工呼吸器の国内生産を開始することを発表した。(2020/4/28)

工場ニュース:
ヤマ発が新型コロナで工場の操業停止を延長、住友ゴムもGW前後で生産調整
ヤマハ発動機が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に対応するため生産調整と臨時休業を追加で実施する。住友ゴム工業も、ゴールデンウイーク(GW)前後で国内工場の生産調整を実施する。(2020/4/27)

工場ニュース:
アイリスオーヤマがマスク国内生産をさらに増強、不織布も生産し月2.3億枚へ
アイリスオーヤマは2020年4月22日、6月に稼働予定の宮城県角田工場(宮城県角田市)のマスク生産能力を7月から月1億5000万枚規模に増強すると発表した。(2020/4/23)

工場ニュース:
新型コロナ対策に効果が期待の「アビガン」、原料の供給強化も進む
新型コロナウイルス感染症が広がる中、治療薬として期待されている富士フイルムグループの抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」(一般名ファビピラビル、以下アビガン)の原薬供給の強化も進んでいる。2020年4月2日には、デンカが原料となるマロン酸ジエチルの生産を再開することを発表した他、同年4月16日にはカネカが原薬供給を行うことを発表している。(2020/4/23)

工場ニュース:
パナソニックが岡山工場で社内向けにマスクを生産、医療資材も寄付へ
パナソニックは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてマスクの自社生産や医療物資の寄付などを行うと発表した。(2020/4/22)

工場ニュース:
ブリヂストンが国内11工場の操業を停止、エプソンは4月25日から全拠点休業へ
ブリヂストンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に対応して国内11工場の操業を停止する。セイコーエプソンは、休日の振替により2020年4月25日から国内全拠点の休業に踏み切る。(2020/4/21)

工場ニュース:
新型コロナ対策でナガイレーベンが医療用ガウンを生産開始、月産20万枚レベルに
医療用白衣メーカーのナガイレーベンは2020年4月16日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、2020年5月から医療用リユーザブルアイソレーションガウンの生産を開始すると発表した。(2020/4/20)

工場ニュース:
新型コロナ対策で日本光電が人工呼吸器増産、6カ月間で1000台供給
日本光電グループは2020年4月15日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として、人工呼吸器の増産を行うことを発表した。今後6カ月間で1000台の供給を目指すとしている。(2020/4/20)

工場ニュース:
ブリヂストンがウレタンマスクを生産開始、国内従業員向けに週10万枚
ブリヂストンと同社グループのブリヂストン化成品、ブリヂストンケミテックは、新型コロナウイルス感染症の影響による国内のマスク不足緩和に貢献することを目的に、ウレタンを用いた簡易マスクの生産を開始した。国内のブリヂストングループに勤務する従業員向けとなる。生産能力は週10万枚を予定。(2020/4/17)

工場ニュース:
新型コロナで不足する消毒用アルコール、サントリーが医療機関に供給
サントリーは同社グループ製造の高濃度アルコールを手指消毒用アルコールとして医療機関向けに提供開始する。厚生労働省が通達した特例を受けた取り組みだ。(2020/4/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。