ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「工場ニュース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「工場ニュース」に関する情報が集まったページです。

工場ニュース:
中国武漢市に生産能力年12万台のEV専用新工場を建設、2024年稼働開始予定
本田技研工業は、中国において四輪自動車の製造と販売を手掛ける東風本田汽車が、EV専用の新工場を建設すると発表した。完成車の高効率な一貫生産や、再生可能エネルギーの活用が可能なスマート工場となる。(2022/1/18)

工場ニュース:
新工場を建設してシート製品の加工工程を集約、生産能力増強へ
萩原工業は、岡山県笠岡市にシート製品の新たな生産拠点となる新工場を建設する。コーティングおよび裁断、溶着などの加工工程を新工場に集約し、現在の3拠点から2拠点体制へと移行する。これにより生産効率化と生産能力の増強を図る。(2022/1/12)

工場ニュース:
海外拠点初、フィリピン工場を再生可能エネルギー100%に転換
村田製作所は、生産子会社のPhilippine Manufacturingの全ての使用電力を2022年1月1日より再生可能エネルギーに転換する。CO2削減効果は約2947トンを見込んでいる。(2022/1/11)

工場ニュース:
日立市に半導体用スパッタリングターゲットと圧延銅箔の生産工場を新設
JX金属は、茨城県日立市に、半導体用スパッタリングターゲットと圧延銅箔の生産工場を新設する。今後見込まれる市場拡大と大幅な需要増加に対応するため、2020年度比でそれぞれ約80%と25%の生産能力増強を図る。(2022/1/6)

工場ニュース:
基幹部品の生産能力増強のため、精密加工工場を本社敷地内に新設
シチズンマシナリーは、工作機械を構成する基幹部品の生産能力を増強するため、軽井沢本社の敷地内に精密加工工場を新設する。これにより、基幹部品の生産能力を6割増強し、安定供給可能な体制を整える。(2022/1/5)

工場ニュース:
富士電機、システム事業拡大に向けてプラントシステム棟を新設
富士電機の東京工場に新設された「プラントシステム棟」が稼働を開始した。現地再現性を高めた検証システムを充実させており、プラントシステムの開発、生産体制を強化してシステム事業を拡大する。(2021/12/28)

工場ニュース:
中国子会社に積層セラミックコンデンサーの新工場を建設、2023年稼働予定
太陽誘電は、中国江蘇省の子会社、太陽誘電(常州)電子に、積層セラミックコンデンサーの新工場を建設する。将来の需要増への対応、省エネや創エネなどを通じた温室効果ガス低減に貢献する環境配慮型の最先端工場になる。(2021/12/16)

工場ニュース:
現場測定器の生産を強化、協力会社内に工場を開設
日置電機は、同社が現場測定器の生産工程を委託している西澤電機計器製作所内に坂城工場を開設し、現場測定器の生産を開始した。協力会社との連携強化により、現場測定器事業の継続と拡大を目指す。(2021/12/15)

工場ニュース:
ブラザー工業の英国工場がカーボンニュートラル工場に認定、CO2削減を推進
ブラザー工業のイギリス製造子会社Brother Industriesは、グループ初のカーボンニュートラル工場に認定された。省エネ活動の推進やハイブリッド車への切り替え、CO2フリー電力の購入などの取り組みが奏功した。(2021/12/9)

工場ニュース:
300mm半導体工場をテキサス州に建設、2022年に建設開始
Texas Instrumentsは、米国テキサス州シャーマンに、2022年より300mm半導体工場を建設する。シャーマンには最大4工場を建設する可能性があり、特に産業用と車載用市場で見込まれる半導体事業の継続的な成長に対応する。(2021/12/7)

工場ニュース:
中国の工作機械生産能力を月産300台体制へ増強、旺盛な需要に対応
スター精密は、工作機械事業の中国製造子会社、斯大精密の工場拡張と生産設備の増設を実施する。生産能力を月産300台体制へ増強し、工作機械の旺盛な受注に対応することで、中国市場でのさらなる売上拡大を図る。(2021/12/2)

工場ニュース:
積層セラミックコンデンサーの需要増加に対応するため、新生産棟を建設
村田製作所のタイ生産子会社であるMurata Electronicsが、2021年7月から新生産棟の建設を開始した。新生産棟の建設により、積層セラミックコンデンサーの中長期的な需要増加に対応できる体制を構築する。(2021/11/30)

工場ニュース:
世界的な需要増に対応すべく、CTA製人工腎臓の一貫生産工場を共同で新設
ニプロは、大館工場内にCTA製ダイアライザの一貫生産工場を東洋紡と共同で新設する。東洋紡が原料から製造した中空糸を、ニプロがダイアライザに加工して製品化する一貫生産体制とすることで、生産効率を飛躍的に向上させる。(2021/11/29)

工場ニュース:
半導体工場に4億ユーロ以上を投資し、半導体チップの需要急増に対応
Robert Boschは、半導体工場へ4億ユーロ以上を投資し、半導体チップの需要急増に対応する。ドイツのドレスデンとロイトリンゲンのウエハー製造工場の拡充、マレーシアのペナンで半導体テストセンターの建設を計画している。(2021/11/26)

工場ニュース:
RFモジュールの需要増加に向けて、長野県小諸市に新生産棟を建設
村田製作所の生産子会社である小諸村田製作所が、新生産棟の建設を2021年11月から開始する。新生産棟の建設により、電子機器の小型化、高機能化によるRFモジュールの中長期的な需要増加に対応できる体制を構築する。(2021/11/18)

工場ニュース:
足回りコンポーネント用シールリングの生産工場が完成、2021年11月に生産開始
コマツが氷見第二工場敷地内に建設中だった、新シールリング工場が完成した。投資額は約36億円で、2021年11月から生産を開始する。(2021/11/17)

工場ニュース:
京セラ鹿児島国分工場に新工場を建設し、ファインセラミック事業を拡大
京セラは、鹿児島国分工場に第7-1工場と第7-2工場を新たに建設する。新工場2棟の建設により、ファインセラミック事業のさらなる拡大、他事業の将来的な設備増設を見据えた生産スペースを確保する。(2021/11/12)

工場ニュース:
半導体製造プロセス向けガス精製装置の新棟を建設、生産能力1.6倍に強化
日本パイオニクスは、神奈川県の平塚工場内に、半導体製造プロセスで用いるガス精製装置の製作棟を建設する。新棟の建設により、生産能力は現行比1.6倍になる見込みで、大型ガス精製装置の需要増に対応する。(2021/11/10)

工場ニュース:
TSMCが半導体ファウンドリーを熊本県に設立、ソニーの半導体子会社が出資
世界的な半導体大手の台湾TSMCは2021年11月9日、半導体に対する世界的な需要の高まりへの対応を目的に、22/28nmプロセスを皮切りとした半導体の製造受託サービス子会社「Japan Advanced Semiconductor Manufacturing 株式会社(以下、JASM)」を熊本県に設立することを正式に発表した。また、ソニーグループの半導体関連子会社であるソニーセミコンダクタソリューションズがJASMに少数株主として参画する。(2021/11/10)

工場ニュース:
電動アシスト自転車の生産能力を3割増強、パナソニック サイクルテックが柏原で
パナソニック サイクルテックは、大阪府柏原市にある柏原工場の生産体制強化に伴う設備投資を実施し、併せて環境負荷低減型設備の稼働を開始した。国内市場での電動アシスト自転車の需要増に対応する。(2021/11/2)

工場ニュース:
旺盛な工作機械需要に対応するためにタイ工場の生産能力を1.5倍に
シチズンマシナリーは2021年10月18日、重要製造拠点の一つであるタイ工場を増床し生産能力を従来比5割増とすることを発表した。これにより生産能力は、月産350台体制とする他、ショールーム棟なども新設する。(2021/10/19)

工場ニュース:
高性能半導体向けパッケージの生産能力増強のため、設備投資を実施
新光電気工業は、高性能半導体向けフリップチップタイプパッケージとセラミック静電チャックの生産能力を増強するため、設備投資を決定した。今後、拡大が想定される半導体市場に向けて、設備投資を重点的に展開していく。(2021/10/19)

工場ニュース:
TSMCが日本への工場建設を発表、2022年着工で2024年に稼働予定
台湾のファウンドリ大手であるTSMCは2021年10月14日、2021年第3四半期決算発表の場で、日本に半導体工場を建設することを発表した。(2021/10/15)

工場ニュース:
生産性が43%向上、中型リヤダンプトラックボデー向け自動化ラインを刷新
極東開発工業は、横浜工場に中型リヤダンプトラックボデー向けの新たな自動化ラインを完成させた。自動溶接ロボットを増設するなど効率化を追求することで、従来のラインと比較して約43%生産性が向上した。(2021/10/11)

工場ニュース:
サクラクレパスが主力工場を拡張、国内外で拡大する筆記具需要への対応で
サクラクレパスは、グループ会社のサクラクレパス鹿児島工場を拡張し、筆記具組み立て工場一棟と事務厚生棟を建設する。これにより、国内外で需要が拡大している筆記具の生産力を向上する。(2021/10/7)

工場ニュース:
セルロースナノファイバー強化樹脂の実証生産設備を拡張し、用途開発を加速
日本製紙は、静岡県の富士工場内にあるCNF強化樹脂の実証生産設備を拡張した。CNF強化樹脂マスターバッチの品質管理を徹底し、同素材を安定して大量生産できる技術を確立する。(2021/10/6)

工場ニュース:
AGC、COVID-19ワクチン用途で注目されるmRNA原料の生産設備を新設
AGC Biologicsは、同社のハイデルベルグ工場に、mRNAの原料となるpDNAの生産ラインを増設する。新型コロナワクチン用途をはじめ、他の領域でも需要拡大が見込まれるmRNAの製造能力を増強し、mRNA製造受託サービスを展開する。(2021/10/1)

工場ニュース:
イビデンが岐阜県揖斐郡大野町の工場用地を取得、将来の国内事業拡大を見据え
イビデンは、将来の国内事業拡大に備えた、岐阜県揖斐郡大野町における工場用地取得について発表した。「大野神戸インターチェンジ周辺まちづくり整備事業」で整備される事業用地に関して、基本協定を締結した。(2021/9/30)

工場ニュース:
パナソニックがベトナムに換気扇新工場を稼働、2025年度に約300万台の生産目指す
パナソニック エコシステムズとパナソニック ライフソリューションズベトナムは2021年9月27日、ベトナムのビンズオン省に新工場を建設し、同年10月13日から天井扇と換気扇の生産および出荷を開始する。(2021/9/28)

工場ニュース:
半導体不足の遠因となった、旭化成の半導体工場火災で起こったこと
旭化成は2021年9月14日、2020年10月に起きた宮崎県延岡市の旭化成エレクトロニクス 半導体製造工場の火災について事故調査報告書をまとめたと発表した。建屋棟の損傷が激しく火災原因の特定には至らなかったが、発火場所の推定と、再発防止策などの調査結果を公開している。(2021/9/27)

工場ニュース:
旭化成がリチウムイオン電池用乾式セパレータの合弁会社を中国に設立
旭化成は2021年9月22日、中国におけるリチウムイオン二次電池用乾式セパレータの合弁会社の設立について各国当局より認可を得られたため事業を開始すると発表した。(2021/9/24)

工場ニュース:
インフィニオンが300mmパワー半導体新工場を稼働、熱や水素を循環させCO2削減
ドイツのインフィニオン テクノロジーズは2021年9月17日、オーストリア フィラッハの敷地内に薄型の300mmウエハーを使用したパワーエレクトロニクス向けチップの最先端工場を正式にオープンしたと発表した。投資額は16億ユーロ(約2057億円)。(2021/9/22)

工場ニュース:
中国に工作機械のショールームを備えたテクノロジーセンターを開設
ブラザー工業は、中国の浙江省寧波市において、工作機械のショールームを備えた「ブラザーテクノロジーセンター 寧波」を開設した。工作機械の展示や各種ソリューション提案、セミナーの開催などに活用する。(2021/9/8)

工場ニュース:
OKIが中国のプリンタ生産を終了、タイ工場に集約
OKIは2021年9月2日、中国におけるプリンタと複合機の生産を終了すると発表した。生産拠点である沖電気実業(深圳)におけるプリンタと複合機の生産を2021年10月に終了し、タイの工場に移管する。(2021/9/6)

工場ニュース:
米国に芝刈機搭載用ガソリンエンジンの生産工場を新設
川崎重工業は、米国の現地法人Kawasaki Motors Manufacturingに汎用ガソリンエンジンの生産工場を新設すると発表した。2022年5月に量産開始予定の同工場では、近年、需要が増加している芝刈機搭載用ガソリンエンジンを生産する。(2021/9/6)

工場ニュース:
住友化学が半導体向けフォトレジスト生産強化、大阪工場を増強し韓国に工場新設
住友化学は2021年8月31日、最先端プロセス向けフォトレジストの生産体制を強化することを発表した。大阪工場(大阪市此花区)で、液浸ArF(フッ化アルゴン)とEUV(極端紫外線)フォトレジストの製造ラインを増設する他、住友化学の100%子会社である東友ファインケムの益山工場(大韓民国全羅北道益山市)に、液浸ArFフォトレジストの製造プラントを新設する。(2021/9/3)

工場ニュース:
東レがマレーシアでABS樹脂の生産増強、グループで年産42万5000トンに
東レのマレーシア子会社Toray Plasticsは、「ABS樹脂トヨラック」透明グレードの生産能力を増強し、本格生産を開始した。既存の東レ千葉工場と合わせると、東レグループ全体の生産能力は年産49万7000トンまで拡大した。(2021/9/2)

工場ニュース:
ルネサス、滋賀工場の生産を停止し不動産会社に売却
ルネサス エレクトロニクスは2021年8月27日、100%子会社であるルネサス セミコンダクタマニュファクチュアリングの滋賀工場(滋賀県大津市)を、同年8月31日付で集約し土地をアーク不動産に売却すると発表した。(2021/8/31)

工場ニュース:
ポテトチップス作り体験施設を併設する、九州初の生産工場が稼働開始
湖池屋は、同社初となる九州の生産拠点「湖池屋 九州阿蘇工場」の稼働開始と、同工場に併設する「湖池屋GOGO!ファクトリー」について発表した。新工場の稼働により雇用を生み出し、地域の復興、活性化につなげていく。(2021/8/27)

工場ニュース:
福井村田製作所の武生事業所が操業停止、新型コロナの集団感染が89人に拡大
村田製作所は、100%子会社の福井村田製作所の主力拠点である武生事業所(福井県越前市)について、同事業所内で発生している新型コロナウイルス感染症の集団感染を防止するため操業を一時停止すると発表した。操業停止期間は同月25〜31日の1週間。(2021/8/26)

工場ニュース:
住友化学が半導体用高純度ケミカルを増産、愛媛工場で2倍、韓国益山工場で4倍に
住友化学は2021年8月24日、半導体用高純度ケミカルの製造ラインを増設し、生産能力を強化することを発表した。愛媛工場(愛媛県新居浜市)で高純度硫酸の生産能力を約2倍に引き上げる他、100%子会社である東友ファインケムの益山工場(大韓民国全羅北道益山市)では、高純度アンモニア水の生産能力を約4割増強する。(2021/8/26)

工場ニュース:
2030年までに廃棄ゴム半減へ、豊田合成が短時間のリサイクル工程を確立
豊田合成は2021年8月19日、ウェザーストリップのリサイクルを推進し、2030年までに廃棄物を2012年度比で50%削減すると発表した。約6000トンの削減を目指す。(2021/8/24)

工場ニュース:
電動車搭載のパワーモジュール向けアルミニウム製冷却器の生産能力を強化
昭和電工は、電動車用アルミニウム製冷却器の需要増加に対応するため、小山事業所の生産能力を倍増させる。長年培ってきたアルミニウム合金設計技術や加工技術などを生かし、ニーズに応える冷却器の開発、生産に取り組む。(2021/8/24)

工場ニュース:
生産性を30%向上させたカーボンニュートラル工場、コマツがスウェーデンで稼働
コマツは2021年8月18日、スウェーデンのウメオにカーボンニュートラルを実現した新工場を稼働させたと発表した。(2021/8/20)

工場ニュース:
新棟建設で需要拡大に対応、電子管光源の生産能力を約2倍の10億円に増強
浜松ホトニクスの生産子会社である光素が、電子管光源の生産能力増強のため、第2棟を建設する。生産能力を売上高換算で約2倍の約10億円まで増強することで、今後の需要拡大に対応していく。(2021/8/18)

工場ニュース:
定置用リチウムイオン蓄電池の生産能力向上に向け、設備投資を決定
キャプテックスは、定置用リチウムイオン蓄電池の生産能力向上に向けた設備投資を決定した。生産能力の向上により、定置用リチウムイオン蓄電池の国内シェアを拡大する。(2021/8/16)

工場ニュース:
ディスコの桑畑工場で精密加工ツール向け新棟完成、断水対策も整備
半導体製造装置メーカーのディスコは2021年8月6日、広島事業所の桑畑工場(広島県呉市)で建設していた免震構造の新棟(A棟Dゾーン)が完成したと発表した。(2021/8/13)

工場ニュース:
住友重機械が千葉に射出成形機の新工場を建設、生産能力を年間6000台に
住友重機械工業は2021年7月28日、千葉製造所(千葉県千葉市)内に射出成形機の新工場が完成したと発表した。(2021/7/29)

工場ニュース:
中国にフォークリフト向け油圧ギヤポンプとコントロールバルブの新工場建設
島津製作所の中国子会社である天津島津液圧が、フォークリフト向け油圧ギヤポンプとコントロールバルブの製造工場を建設した。2021年10月に全面稼働予定で、2022年度には油圧ギヤポンプの年間生産台数が30万台になる見込みだ。(2021/7/27)

工場ニュース:
食品機械事業の強化に向けて中国に新工場建設、電動射出成形機や製麺機を製造
ソディックは、連結子会社である沙迪克の厦門工場に新工場の建設を開始した。工場新設により、産業機械事業、食品機械事業の世界的な市場競争力をさらに強化する。(2021/7/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。