ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファミリートレーナー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ファミリートレーナー」に関する情報が集まったページです。

幻の「任天堂プレステ」競売に出品か ゲーム史上最高価格を期待する声も
レアすぎる「プレイステーション」が販売されるかも?(2019/10/13)

“ウェアラブル”の今:
Apple WatchとApple TVの連携から生まれる“非パーソナル”なアプリ
アプリが動く「Apple TV」の登場で、リビングルームにおけるApple Watchの活用の範囲が広がりそうだ。iPhoneやApple WatchとApple TVが連携するとどんな変化が生じるかを考えてみる。(2015/11/3)

UXClip(3):
自分の時間にテクノロジで遊ぼう!〜Make:Ogaki Meeting 2012レポート
「自分の時間にテクノロジを!」カテゴリを超えてテクノロジで遊ぶMakerたちの祭典、Make:Ogaki Meeting 2012の様子をレポートします(2012/9/18)

バンダイナムコゲームスの出展タイトルや各ブースのイベントスケジュールが明らかに――「TGS2010」出展ブース情報
来週半ばから始まるということで、「東京ゲームショウ2020(TGS2010)」の各ブース内イベントについてもその詳細が続々と明らかになってきている。(2010/9/10)

潜伏していますか?
あれから3年たちました。いまだに発売するのかすら分からないタイトルもありますが、ようやく“あの男”が戦場に戻ってくる!(2008/5/21)

カラダを動かすことが楽しいと再認識――「ファミリートレーナー」
バンダイナムコゲームスは、Wii向けに一新された「ファミリートレーナー」を5月29日に発売する。Wiiリモコンでの操作がプラスされ、まさに全身運動を実現している。(2008/5/12)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
「ファミリートレーナー」の舞台を走る
連載第56回は「ファミリートレーナー」(バンダイ)。わたしが昔ハマっていた「ジョギングレース」に出てきた場所を、実際に走ってみました。あと「アスレチックワールド」「エアロビスタジオ」もご紹介します。(2008/2/26)

「任天堂カンファレンス 2007.秋」:
「WiiFit」そして「スマブラX」初体験手記
触ってきましたよ、「WiiFit」。いや、さわったというよりも“踏んだ”“乗った”という方が正確な表現だろうか。そして世界初のプレイアブルとなった「大乱闘スマッシュブラザーズX」を含めていろいろなタイトルについてもご紹介しましょう。(2007/10/11)

東京ゲームショウ2007、終わっちゃいました
怒濤のような4日間だった「東京ゲームショウ2007」。終わってみればあっという間? でした。ということで、今週のトップ10もTGS一色です。(2007/9/27)

東京ゲームショウ2007:
あれ? 「ファミリートレーナー」が――意外な隠し球を持っていたバンダイナムコゲームス/バンプレストブース
東京ゲームショウ2007の出展社の中でも、プレイアブルタイトルの数が圧倒的に多い部類に入るバンダイナムコゲームス/バンプレストブース。1日中いてもすべてプレイできそうにない気がするのだが……。その上気づいたらそこに知らないタイトルが。(2007/9/22)

あの体感ゲームが22年ぶりに復活!? 「ファミリートレーナー アスレチックワールド」発売決定
専用マット上で走って飛んで、さらにWiiリモコンを使って腕を振ったり……。「ファミリートレーナー」がWiiで復活。2人で役割分担して進むアトラクションも!(2007/9/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。