ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「FIFA 11 ワールドクラスサッカー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FIFA 11 ワールドクラスサッカー」に関する情報が集まったページです。

よりリアルなプレイを追究した最新作が登場――に進化した「FIFA12」、日本語版が10月20日に発売決定
EAが独自に開発した新物理エンジンの採用で、プレイヤーの動きがよりリアルに表現されるほか、ディフェンスやドリブルにも新システムが搭載される。(2011/8/1)

EAが48時間限定でiPhone/iPod touchゲームのセールを開催中
エレクトロニック・アーツが、48時間限定でiPhone/iPod touch/iPad向けの一部のゲームを115円で販売している。Mirror's EdgeやNeed for Speed、MONOPOLYなどが値下げされているので要チェックだ。(2011/2/8)

iPodの生みの親に聞く:
iPod touchは携帯型ゲーム機の新たな地平を切り開けるか?
ちょうど10年前、iPodは音楽プレーヤーとして誕生した。そして今ではゲーム業界でも影響力を持つ携帯ゲーム機に生まれ変わり、さらに輝きを放っている。iPodの生みの親でもある、米AppleのStan Ng氏(スタン・イング)に話を聞いた。(2011/2/3)

EAの開発スタッフが実機をチェック!:
PR:三菱渾身のゲーミングディスプレイ――「VISEO MDT231WG」を徹底攻略する
常に先進的な高画質化技術を投入し続け、液晶ディスプレイの進化をリードしてきた三菱電機が、約1年ぶりにマルチメディアブランド「VISEO」の新機種「MDT231WG」を投入した。120Hz駆動のIPS方式液晶パネル、LEDバックライト制御、倍速補間技術を組み合わせた新しい動画ブレ抑制技術を筆頭に、さまざまなジャンルのゲームに適した設定・画質で楽しめるよう細部までこだわり抜いている。今回はその“ゲーム対応力”がどれほどのものなのか、老舗ゲームメーカーのエレクトロニック・アーツに実機を持ち込み、厳しい目を持つスタッフの方々にじっくり見てもらった。 ※2010年12月9日掲載(2010/12/9)

週間ソフト販売ランキング:
息フーフーの思い出
スーパーマリオ25周年記念の「スーパーマリオコレクション スペシャルパック」がトップです。(2010/10/28)

「FIFA11」でつながるサッカーライフ:
PR:世界中のサッカーファンが熱狂! FIFA唯一の公認サッカーゲーム「FIFA11」をキミはもう遊んだか!?
世界中の有名サッカークラブの監督や選手になりきって遊べる、サッカーゲームの最高峰「FIFA 11 ワールドクラスサッカー」をプレイしてみた。(2010/10/21)

「FIFA 11」欧米発売初週で260万本の販売を達成
EAによると、スポーツゲームでは史上最大の売上とのこと。10月21日に発売予定の日本版がどれぐらい売れるかも要注目です。(2010/10/13)

気になる新作タイトルが盛りだくさん!! EA Tokyo Showcase 2010で発表された数々のタイトルを一挙紹介
東京ゲームショウ2010を翌日に控えた9月15日、京王プラザホテルでエレクトロニック・アーツの新作カンファレンスが行われた。EA最高執行責任者のJohn Schappert氏も登場した今年のEA Tokyo Shoucase2010では、グラスホッパー・マニファクチュアが開発を行う「シャドウ オブ ザ ダムド」をはじめ、さまざまなタイトルがお披露目された。(2010/9/24)

「FIFA11 ワールドクラスサッカー」体験版の配信を開始
体験版配信開始と同時にFacebook内の無料ゲーム「EA SPORTS FIFA Superstars」とのコラボレーションキャンペーンも実施される。(2010/9/17)

マイクロソフトブース、出展タイトルを発表――「TGS2010」出展ブース情報
いよいよ今週の木曜日から千葉・幕張メッセでスタートする「東京ゲームショウ2010(TGS2010)」。13日には、Xbox 360を擁するマイクロソフトブースの出展タイトルが明らかになった。また、セガブースでは「ファンタシースターポータブル2 インフィニティ」×「カロリーメイト」コラボ企画についての追加情報が発表された。(2010/9/14)

11人対11人のオンライン対戦協力プレイを実現――「FIFA 11 ワールドクラスサッカー」
唯一のFIFA公認サッカーゲームシリーズ最新作となる「FIFA 11 ワールドクラスサッカー」の発売日が決定した。本作ではロシアリーグが追加されている。(2010/8/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。