ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「花見」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「花見」に関する情報が集まったページです。

3万1000人を対象に調査:
関西の「住み続けたい街ランキング」発表 3位は天王寺区、2位は西宮市、1位は……
大東建託は「愛着のある街&住み続けたい街ランキング2020<関西版>」を発表した。約3万1000人を対象に調査した結果は?(2021/2/27)

コロナ禍で拡大した需要とは:
10〜12月は5割増 キリン「一番搾り」缶を急伸させた“ビールで糖質ゼロ”の潜在ニーズ
コロナ禍で業務用を中心にビール類の販売が落ち込む中、キリンビール「一番搾り」は家庭用の缶商品が好調。新商品「一番搾り 糖質ゼロ」のヒットが貢献している。ビールで初めて糖質ゼロを実現し、幅広い層の新たなニーズを獲得。存在感を強めている。(2021/2/17)

新型コロナ関連破綻、936件に達する 4分の1が東京の企業と突出
新型コロナウイルス関連の経営破綻(負債1000万円以上)が累計936件に達した。負債1000万未満の小規模倒産は累計46件と判明し、小規模倒産を含めた新型コロナ関連破綻は合計で982件に到達した。(2021/1/30)

食材卸事業者、8割超が売り上げ減 コロナ禍による飲食店休業が取引先にも影響
飲食店向けなど食材卸事業者の業績調査。2020年度10月までの決算が明らかになった約5000社のうち、8割超にあたる約4300社が前期比で減収となった。売り上げの減少幅は平均で前期比約2割に達していて、飲食店だけでなく卸業者も厳しい経営環境にある。(2021/1/30)

MONOist IoT Forum 2020 Digtal Live(後編):
生産性を2.2倍に高め、残業時間を3343時間削減したIoTによる生産革新の成果
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパンの、アイティメディアにおける産業向けメディアは2020年12月14〜15日、オンラインでセミナー「MONOist IoT Forum 2020 Digtal Live」を開催した。同セミナーは通算で14回目となるが、オンラインでの開催は初となる。後編では久野金属工業(愛知県常滑市)取締役副社長の久野功雄氏による特別講演「機械・人・仕事のDXによる生産性革命」の内容を含むDay2の内容を紹介する。(2021/1/28)

「花見で大活躍しそう」「欲しすぎる」 資材会社が本気で作った「一升瓶ホルダー」が極悪すぎると話題に
どうして本気を出した(誉め言葉)。(2021/1/23)

MONOist IoT Forum 2020 Digtal Live(前編):
世界的先進スマート工場への軌跡、日立製作所 大みか事業所の取り組み
MONOistなどは2020年12月14〜15日、オンラインでセミナー「MONOist IoT Forum 2020 Digtal Live」を開催した。本稿では、前編で日立製作所 制御プラットフォーム統括本部 大みか事業所 統括本部長の花見英樹氏による「世界の先進工場『Lighthouse』に選出された日立製作所 大みか事業所の取り組み」を含むDay1の内容をダイジェストで紹介する。(2021/1/8)

いらすとやと「ONE PIECE」のシュールかわいいコラボイラストが誕生! 「ドフラミンゴうっきうき」「ゲッコー・モリア目がキラキラ」
なにこれかわいい。(2021/1/4)

食の流行をたどる:
ロゼワインが「子どもっぽい」とされる理不尽 日本でのビジネスチャンスは?
日本において、ロゼワインは子どもっぽい飲み物とされる。フランスでは白ワインより消費量が多いのにこの扱いは理不尽である。ビジネスチャンスはないのか。(2020/10/10)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「クレー射撃」の思い出をレポートする
感想「……当たらんなあ」(2020/9/14)

戻らないインバウンド:
新型コロナで絶たれた「世界一への階段」  WAGYUMAFIA浜田代表が見いだしたECとライブコマースの可能性
新型コロナウイルスの影響によって多くの外食企業は厳しい状況に追い込まれている。そんな中、既存店売上高で前年同月比を伸ばしたのがWAGYUMAFIAだ。インバウンド客を失った中でどんな戦略を取ったのか。代表の浜田寿人に話を聞いた。(2020/9/11)

祭りといえば「ポッポ焼き」、職員室でなく「教務室」 他県民の知らない“新潟あるある”の世界
そしてアイスといえば「もも太郎」。(2020/7/1)

100日後に振り返る「100日後に死ぬワニ」 作者・きくちゆうきインタビュー
大ヒットと大炎上を振り返る。(2020/6/28)

春服を着られずに過ぎ去っていく春…… 外出自粛中、1カ月ぶりにおめかしをして気付いた「自分をかわいくする理由」に共感が集まる
「かわいい」を作るのって、自分のためだけど結構大変。(2020/5/22)

弘前さくらを表現した立体切り絵が神業 「お花見これでいい」「すごくきれい」など感動の声
水面に浮かんだ桜もきれい。(2020/5/8)

シニア向け写真SNS「ZUISO」登場 5月11日まで「おうちでお花見」実施
ルクレは、エイジレスライフを支援するシニア向け写真SNS「ZUISO」をリリース。写真日記やコミュニティ、イベントを通して仲間と交流を深められ、5月11日までオンラインイベント「おうちでお花見」を実施している。(2020/5/1)

全国の酒蔵が集う「オンライン日本酒市」がMakuake上で開催へ 製品の購入で酒蔵・酒販店を支援
売上減少に悩む酒蔵・酒販店を支援するためのオンラインイベントです。(2020/4/26)

「どこまで花見って妥協できるかしよう」 今年の花見を妥協する漫画が思いのほか風流で心温まる
ゆるい会話からのステキな発想にほっこり。(2020/4/20)

「我ながらあっぱれZ!」 “気絶”を恐れぬ水木一郎アニキ、「あつ森」でタランチュラを大量ゲーーーット!!
「スゴい数のタランチュラ!」「捕まえ方の奥義を伝授していただきたいです」と反響。(2020/4/19)

白柴さんの“お鼻見”で気分がほっこり お鼻のアップで外出自粛を癒やしてくれる白柴さん
こっちのハナはかわいい(?)(2020/4/19)

サクッと読める!テレワークしぐさ:
オンライン飲み会は“楽しすぎて”危険? 終電を気にせずいつまでも続けてしまう
新型コロナウイルス感染症の感染リスクを抑えるため、記者の周りでは“オンライン飲み会”をする機会が増えてきた。しかし、オンライン飲み会は「楽しい人はいつまでも飲み続けてしまう」「苦手な人は長時間付き合わされてしまう」など、とても“危険な会”だった。(2020/4/10)

「どうぶつの森」で売られている服がどう見てもミルクボーイ ネットで「予想以上に似てますね」と話題に
ミルクボーイやないかい。(2020/4/7)

IT基礎英語:
「ソーシャルディスタンス」ってなに? 離れても寄り添うsocial distancingのススメ
social distancingは適切な訳語がない。人との「間合い」をどう取るべきか、国によって違う距離。(2020/4/6)

「卯月」の語源は卯の花が咲く頃だから? うと卯と兎と宇をめぐる旅〜後編〜
(2020/4/4)

桜の花と豆柴さん 春のお散歩風景がかわいくてほっこりする
桜が見れてよかったね。(2020/4/3)

PR:SSRの高級日本酒は引けるのか? うわさの「酒ガチャ」セットの中身を飲み比べてみた
酒飲みの夢が詰まったあの企画が帰ってきた。(2020/4/3)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
外出自粛の閉塞感を救う、味わい深い旅番組
受信料を払っててよかった。(2020/4/1)

桜が見られないなら描けばいい……? お花見気分が味わえる美しい“桜の絵”に驚きと感動の声
めちゃくちゃ美しい。(2020/3/30)

花見自粛で「ツイッターお花見2020」が盛り上がる 美しい写真の数々に「癒される」「ありがたい」の声
今年は自宅で。(2020/3/29)

上野公園や井の頭公園は一部通行止めに 花見客の感染予防で
東京都は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、飲食を伴わない散策などを含め、花見の利用全般を控えるよう都民に呼びかけた。上野恩賜公園、井の頭恩賜公園、代々木公園、辰巳の森緑道公園などは園内を一部通行止めに。(2020/3/27)

花見自粛でTwitterが「エア花見」を提唱 桜咲く特別なハッシュタグ絵文字を期間限定で
これがエア花見。(2020/3/27)

新宿御苑、3月27日から当面の間臨時閉園に
新型コロナウイルス感染拡大防止のため。(2020/3/27)

東京都、上野公園などを一部通行止めに 井の頭・代々木公園も対象
詳細については追って発表予定とのこと。(2020/3/27)

桜餅、花見団子、桜茶……。桜にまつわる食べ物のお話
(2020/3/27)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
早くも満開! iPhoneで桜をキレイに撮る方法(2020年版)
2020年は、桜が例年よりも早く開花した。そこで、iPhoneで桜を撮るコツを紹介したいが、意外と難しい。たいていの場合「あれ? もっと華やかだったはずなのに」とか「もっと明るく見えたのに」となるからだ。そこを一工夫しようという話だ。(2020/3/24)

ドミノ・ピザ、割引サービス「2枚目0円」をデリバリーでも利用可能に 「お家で花見」キャンペーン実施
YouTubeでお花見映像を公開しています。(2020/3/23)

あなたの今週の運勢は? ねとらぼ12星座占い【3月23日〜3月29日】
(2020/3/23)

漫画「100日後に死ぬワニ」 最高の仲間と舞い散る桜に囲まれて迎える最後のカウントダウン“100日目”
さよなら、ワニくん。(2020/3/22)

東京五輪中止なら4兆5151億円の経済的損失、延期なら6408億円 関西大学が試算
どうなるのか……。(2020/3/19)

スマートファクトリー最前線:
変種変量生産で効率50%向上、“世界的先進工場”は何を行っているのか
2020年1月にWEFによる「第4次産業革命を主導する世界的先進工場(ライトハウス)」に選ばれた日立製作所の大みか事業所。世界の中でも先進的な取り組みを進めるスマートファクトリーとして評価された工場となったわけだが、具体的にはどういう取り組みを行っているのだろうか。同工場の取り組みを紹介する。(2020/3/17)

今年のお花見はVRで 自宅で桜の名所をエア花見できる「お花見VR」、ウェザーニューズが公開
VRで桜の美しさにうっとり。(2020/3/16)

東京で最も早い開花、でも……:
新型コロナ“戒厳状態”でも約7割の人が「今年もお花見行く予定」 その本音は?
新型コロナの影響で自粛ムード。しかし去年お花見に行った人のうち約7割が「今年も行く予定」。その本音とは?。(2020/3/16)

スピン経済の歩き方:
10年で市場4倍! 飲兵衛こそ「ノンアル」に、注目すべき理由
ノンアルコールビール市場がこの10年で、4倍近く拡大している。お酒好きの人にとっては興味のない話かもしれないが、実はそういう人こそ注目しなければいけないニュースなのである。どういう意味かというと……。(2020/3/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
新型コロナが“あの”外食チェーンを直撃 一方で松屋、スシロー、鳥貴族が順調なワケ
新型コロナウイルスの感染が広がる。外食チェーンへの影響はどうなっているのか。各社の最新動向を探った。(2020/3/10)

4割は「検討中」:
今年のお花見、どうする? 「控える」「空いたところで」が半数 東京都は「宴会やめて」
東京都は、お花見の時期に都立公園などで飲食を伴う宴会を自粛するように呼び掛けた。エアトリによるアンケートでは、すでに「今年の花見は控える」と決めている人が約2割。今年は花見の規模が大幅に縮小することになりそうだ。(2020/3/5)

東京都、長時間の花見はやめるよう要請 「人混みを避け、咳エチケット心掛けて」
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため。(2020/3/4)

江端さんのDIY奮闘記 介護地獄に安らぎを与える“自力救済的IT”の作り方(4):
見せろ! ラズパイ 〜実家の親を数値で「見える化」せよ
介護にまつわる話題において、よく聞かれるのが「誰にも迷惑をかけたくない」という言葉です。この“迷惑”という観念に対する対処法を考える時に、外せないのが「尊厳死」と「安楽死」です。被介護人が、全く意思疎通ができない“ブラックボックス”のような状態になった時、あなたならどうするでしょうか。そして、自分がその立場ならばどうされたいでしょうか。後半では「ラズパイ」を使い、実家の親の日常を数値とグラフで「見える化する」方法をご紹介します。(2020/1/31)

「ファッションのビルです」「※時間は日本時間」 カラフルなテプラを駆使した「ラフォーレ原宿」の広告が親切すぎる
情報量すごい。【1月25日14時、18時 追記あり】(2020/1/23)

中国マーケティング最前線:
今年の「中国人が日本で行った場所・したい事」ランキング “マニア化”顕著に
今年の「中国人が日本で行った場所・したい事」をSNS投稿から分析、ランキング化した。最上位が定番化する一方でよりマニアックな「コト消費」傾向が顕著に。(2019/12/18)

京都在住の社会学者が斬る:
京都が観光客でパンクする!? 古都を襲う「オーバーツーリズム」の暴走
インバウンドを始め観光立国を標ぼうする日本。その代表格、京都では多すぎる観光客に不満が噴出している。この「オーバーツーリズム」問題に社会学者が迫る。(2019/10/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。