ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FOMAらくらくホンIII」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FOMAらくらくホンIII」に関する情報が集まったページです。

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
意外とあなどれないよ、このカメラ機能──「FOMAらくらくホンIII」
今回はちょっと趣向を変え、読者が“親など”に買ってあげるのに適する「FOMAらくらくホンIII」を試した。“カメラも重要”という年配ユーザーなども納得できる出来なのか、その使用シチュエーションを考えながらチェックしてみよう。(2006/9/27)

累計販売数が808万台に──ドコモの「らくらくホン」シリーズ
「誰にでも使いやすい端末」をコンセプトに開発されたらくらくホンシリーズは、最新モデルの「FOMAらくらくホンIII」で8機種目。シリーズの累計販売数は808万台に達した。(2006/9/12)

しんせつ・かんたん・あんしん「FOMAらくらくホンIII」発売──価格は2万円台半ば
携帯初心者や年配ユーザー向けのユニバーサルデザイン携帯「FOMAらくらくホンIII」が店頭に並んだ。新規価格は2万円半ば。(2006/9/1)

「FOMAらくらくホンIII」、9月1日から発売
拡大鏡モードやワンタッチアラームを備えたユニバーサル携帯「FOMAらくらくホンIII」が9月1日から店頭に並ぶ。(2006/8/24)

写真で解説する「FOMA らくらくホンIII」
「あんしん/かんたん/おまかせ」をコンセプトに進化する「FOMAらくらくホンIII」。新たにiチャネルやワンタッチアラームと連動した自動発信機能、声を聞き取りやすくする「はっきりボイス」、「自動ノイズキャンセル」機能などを備え、“だれでも使いやすいケータイ”を目指す。(2006/7/26)

iチャネルやワンタッチアラーム、拡大鏡モードなどを搭載した「FOMAらくらくホンIII」
携帯としての使いやすさを追求したユニバーサル端末「FOMAらくらくホンII」がモデルチェンジ。大きな文字で表示するiチャネルやワンタッチアラームなどを搭載し、新たに「FOMAらくらくホンIII」として登場した。(2006/7/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。